離島小説一覧

タグ 離島×
5
1
キャラ文芸 連載中 長編 R15
 いじめられ引きこもりになっていた高校生・安野徹治。誰かよくわからない教育カウンセラーの勧めで全寮制の高校に転校した。しかし、そこの生徒はみんなコスプレをしていた?  徹治は卒業まで一般生徒でいられるのか? それにしてもなんで普通のかっこうしないのだろう、みんな!
24hポイント 21pt
小説 12,856 位 / 65,970件 キャラ文芸 247 位 / 1,928件
文字数 12,141 最終更新日 2018.04.20 登録日 2017.12.05
ぼくはキア。父親は無職の浮浪者で、ずっとふらふら…自由気ままなと言えば聞こえもいいあてのない漂流生活を送っていた。 ぼくは母親が誰かも知らない。 お金も、国籍も、希望もない。 あるのは無一文、無国籍、甲斐性なしという目を覆いたくなるような現実。このまま父さんが年老いたら、介護をしながら必死に日銭を稼ぎつつ生きていくんだと思っていた。 たまたま父さんと乗った舟が日本の端にある、まるで世界から忘れ去られたような離島に辿り着きそこで君たちと出会うまでは---
24hポイント 7pt
小説 17,673 位 / 65,970件 ファンタジー 4,301 位 / 20,301件
文字数 102,686 最終更新日 2019.11.24 登録日 2019.11.23
小さな島の小さな村役場で働く明莉はおじいちゃんと二人暮らし。 何の変哲もない日常、きっといつか島の人と結婚して、子どもを産んで……。 そんなふうに暮らしていくんだと思っていた。 そんな明莉に変化が訪れた。 ある日、課長から明莉が所属する観光課が商工課に吸収されるという話をされたのだ。 この島が大好きで、ずっと観光の仕事がしたかった明莉はショックを受ける。 どうにかして残せないのかと言う明莉に課長は半年以内に観光客の数を増やすようにと言われ頭を抱える。 どうしたらいいのかと悩みながら明莉が自宅に帰ると、おじいちゃんが一人の男性を連れて帰ってきた。 彼は自分のことを何も覚えていないという。自分のことが何もわからない彼に明莉は「北斗」という名前をつける。 考えなければいけないことはたくさんあるはずなのに、北斗と過ごす日々は思ったよりも楽しくて、居心地が良い。 北斗と過ごす日々は変化のなかった明莉の生活を少しずつ変えていった。 けれど、北斗には明莉が知らない秘密があって――。 これは記憶を失った青年と変化のない小さな島に生きる明莉の、ピュアで切ないラブストーリー。 って、恋愛だけじゃなくてちゃんと観光のお仕事も頑張って――!? ~ 登場人物 ~ 七瀬明莉(ななせあかり) 年齢:24歳 島の小さな村役場で働く 猟師のおじいちゃんと二人暮らしだったのだが……。 北斗(ほくと) 年齢:27,8歳ぐらい 記憶喪失のため自分のことは何もわからない 砂浜に倒れていたところを明莉のおじいちゃんに拾われる 安藤司(あんどうつかさ) 年齢:26歳 役場で働く明莉の幼馴染 毎日6時50分と17時50分の二回更新です。
24hポイント 7pt
小説 17,673 位 / 65,970件 恋愛 6,641 位 / 16,984件
文字数 105,328 最終更新日 2020.02.19 登録日 2020.01.29
 琴音島の観光は琴音町観光協会にお任せください。海も緑も楽しめる琴音島。ここにしかない植物や個性豊かな動物たちが皆様をお待ちしています。琴音町を遊ぶ、食べる、楽しむ! 琴音島ならではのお勧めスポットをご紹介致します。  ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――  お気に入りに追加して頂けると嬉しいです、励みになります。  どうか末永くよろしくお願いします。 ※この物語はフィクションです。実在の人物・団体とは関係ありません。 (This is a work of fiction. The characters, incidents and locations portrayed and the names herein are fictitious and any similarity to or identification with the location, name, character or history of any person, product or entity is entirely coincidental and unintentional.) ※無断複写・転載を禁止します。 (Please do not reprint without my permission.)
24hポイント 0pt
小説 65,970 位 / 65,970件 ライト文芸 2,486 位 / 2,486件
文字数 105,264 最終更新日 2019.05.18 登録日 2019.04.20
高校生の平沢音葉は気が付くと、見知らぬ離島にいた。 自分の他にも7人の少女がいて、見知らぬ場所に困惑している音葉たちの目の前に謎の仮面の男が現れる。 仮面の男はここにいる全員がそれぞれ見た目と性格が少し違う同一人物なのだと説明される。 状況を理解できていない音葉たちに仮面の男はさらにあることを強要した。 それは同一人物同士、最後の一人になるまで殺し合いをすることだった。
24hポイント 0pt
小説 65,970 位 / 65,970件 ファンタジー 20,301 位 / 20,301件
文字数 32,718 最終更新日 2019.10.20 登録日 2019.07.24
5