沖縄小説(外部サイト)一覧

タグ 沖縄×
4
1
恋愛 完結 長編 R15
***小説「わたしの周りの人々」 略称「わたまわ」へようこそ!*** 沖縄県の県庁所在地であり国際レインボー都市でもある那覇市を舞台に、外国人やLGBTの人物が活躍するラブコメを書きたい一心で誕生したものがたりです。那覇の情景を織り交ぜつつ、LGBTに関する基本的な概念を紹介しながら進行していきます。 2020年4月、沖縄・那覇。学校は休校。ひとり親世帯の女子高生サーコには参考書を買うこともインターネットを見ることも難しい。医療従事者の母親は病院で寝泊まりするようになってサーコはひとりぼっち。友人にも会えず図書館にも行けない、お金さえあれば……。思い詰めたサーコは風俗のバイトを始めてしまいます。ストーカーと化した客の男からサーコを助けたのは、喫茶店「聴きまスポット」の店員である韓国人留学生・トモと中国人・リャオのカップルでした。。 車でサーコの家まで送る途中、リャオは自分が男性だとサーコに打ち明けます。中国人のリャオは母親の再婚に伴い沖縄へ来たのですが、母親が死去してから養父と折り合いが悪くなり、リャオが女装するようになると養父は彼女(?)を勘当。しかし彼女は養父の経営する会社の経理を請け負っているようです。 やがてサーコは韓国人留学生・トモと交際をスタート。緊急事態宣言解除後も3人は何かにつけてリャオの住む牧志の事務所で集まるようになります。サーコの家庭教師を自認するトモ、サーコに毎日弁当を持たせるリャオ。サーコは兄姉のように彼らを慕う一方、外国人を好奇の目で見る人々の目を慮ってサーコは母親や級友らには牧志の事務所と彼らの存在を伏せ続けます。 自身のジェンダーを女性と思い込むリャオはまずトモに告白。ですが、心理学専攻のトモはリャオが「女性」であることに常々疑問を持っていました。トモはサーコとつるんでリャオの心を根本から揺さぶる作戦に出ます。 一方、リャオは養父から見合いの話を持ちかけられ、サーコを彼女として養父へ紹介します。ところが、サーコに対するリャオの態度に嫉妬したトモはリャオへ宣戦布告! 2人は派手なサーコ争奪戦を展開しはじめます。 しかし韓国人男性のトモはやがて韓国軍に徴兵されることに。サーコは遠距離恋愛を決意するのですが、トモにもサーコにも特別な感情を持つリャオの心は複雑に揺れはじめて……。 果たして恋の二重三角関係、終幕はいかに?
24hポイント 0pt
小説 20,100 位 / 20,100件 恋愛 4,802 位 / 4,802件
登録日 2021.01.21
[琉球信仰×電脳伝奇] AR機能を有したヘッドフォンデバイスが普及した近未来。 大阪で暮らす女子大生・安里由果(あさと ゆか)はある日、男がフラフラと昏倒した所に居合わせ、彼女の持つ『力』からそれが『マブイオチ』と気付く。 『まぶい』とは琉球信仰における『魂』のことで、それが体から抜け落ちることを『マブイオチ』といい、体に戻すことを『マブイグミ』という。 男にその『マブイグミ』を施したのをきっかけに、由果は電脳と魂を巡る事件に関わってゆく。
24hポイント 0pt
小説 20,100 位 / 20,100件 キャラ文芸 255 位 / 255件
登録日 2020.12.04
1894年、明治時代―― 廃藩置県によって沖縄県となった東洋の島国・旧琉球王国。 のちの世で「空手」と呼ばれることになるこの沖縄固有の武術は、旧王国の繫栄と滅亡、さらに沖縄県の誕生という激動の時代を経験してきたこの地でティー(手)と呼ばれていた。 そして、ティーの修業者達にとって腕試しの場となるのが、沖縄随一の歓楽街で行なわれる自由組手形式の野試合、通称「カキダミシ(掛け試し)」。 沖縄の武人達は己の誇りを懸けて、遊廓・辻に集う。 拳を交えた先に彼らが見たものは栄光の未来か、あるいは新たなる試練か…… 時代の流れに翻弄されてもなお、琉球の地で戦うことをやめなかった誇り高き武人達が織りなす空手アクション歴史小説、ここに誕生! ・検索キーワード 空手道、琉球空手、沖縄空手、琉球古武道、剛柔流、上地流、小林流、少林寺流、少林流、松林流、和道流、松濤館流、糸東流、東恩流、劉衛流、極真カラテ(極真会館、大山道場)、芦原会館、正道会館、白蓮会館、国際FSA拳真館、大道塾空道
24hポイント 0pt
小説 20,100 位 / 20,100件 歴史・時代 442 位 / 442件
登録日 2020.02.12
4
BL 連載中 短編 R18
ここは桑田コーポレーションの専務である利根川は同居人であり恋人でもあった高瀬を探し出そうと躍起になっていた。 何処に行ったのか。 知ってるだろう人は口を固く閉じている。 黙っているばかりだ。 そんな時、GWに参加した「安藤島」の土産話を聞いた副社長が提案してきた。  「自分の持ち島である、沖縄よりの島へ」と。 この会社は、夏休みは9月になる。 その期間を利用して、副社長の島「福山島」へ強制参加する事になったのだ。 参加者は、重役だけ。 今回は秘書は行かない。
24hポイント 0pt
小説 20,100 位 / 20,100件 BL 941 位 / 941件
登録日 2017.09.14
4