沖縄小説(外部サイト)一覧

タグ 沖縄×
3
1
BL 連載中 短編 R18
ここは桑田コーポレーションの専務である利根川は同居人であり恋人でもあった高瀬を探し出そうと躍起になっていた。 何処に行ったのか。 知ってるだろう人は口を固く閉じている。 黙っているばかりだ。 そんな時、GWに参加した「安藤島」の土産話を聞いた副社長が提案してきた。  「自分の持ち島である、沖縄よりの島へ」と。 この会社は、夏休みは9月になる。 その期間を利用して、副社長の島「福山島」へ強制参加する事になったのだ。 参加者は、重役だけ。 今回は秘書は行かない。
24hポイント 0pt
小説 18,796 位 / 18,796件 BL 894 位 / 894件
登録日 2017.09.14
ゲーム好きの女子高生ユーハは、スポーツ万能の親友ネコに誘われて格闘技の同好会へ入った。最初はしぶしぶだったが、コーチの怪獣シーサー君や先輩キッカとの出会いを通じて、少しずつ楽しさを感じていった。 ところが新人戦で、ネコがある理由により大けがをする。ネコの対戦相手だったショーコは、ユーハとも浅くない因縁があった。親友のため、過去の自分に決着をつけるため、ユーハはシーサー君の故郷沖縄で特訓を始める。 これまでの日常は全部捨ててやる。一日だけ獰猛な獣になるために。
24hポイント 0pt
小説 18,796 位 / 18,796件 キャラ文芸 240 位 / 240件
登録日 2017.11.15
1894年、明治時代―― 廃藩置県によって沖縄県となった東洋の島国・旧琉球王国。 のちの世で「空手」と呼ばれることになるこの沖縄固有の武術は、旧王国の繫栄と滅亡、さらに沖縄県の誕生という激動の時代を経験してきたこの地でティー(手)と呼ばれていた。 そして、ティーの修業者達にとって腕試しの場となるのが、沖縄随一の歓楽街で行なわれる自由組手形式の野試合、通称「カキダミシ」。 沖縄の武人達は己の誇りを懸けて、遊廓・辻に集う。 拳を交えた先に彼らが見たものは栄光の未来か、あるいは新たなる試練か…… 時代の流れに翻弄されてもなお、琉球の地で戦うことをやめなかった誇り高き武人達が織りなす空手アクション歴史小説、ここに誕生! ・検索キーワード 空手道、琉球空手、沖縄空手、琉球古武道、剛柔流、上地流、小林流、少林寺流、少林流、松林流、和道流、松濤館流、糸東流、東恩流、劉衛流、極真カラテ(極真会館、大山道場)、芦原会館、正道会館、白蓮会館、国際FSA拳真館、大道塾空道
24hポイント 0pt
小説 18,796 位 / 18,796件 歴史・時代 408 位 / 408件
登録日 2020.02.12
3