学院小説一覧

タグ 学院×
7
1
恋愛 完結 長編
これはヘルトルーデがフィンセント王子と結ばれるまでの物語。 ヘルトと名乗る女の子が男の子のふりをして何とか生き残りつつ最後は王子様と結ばれる・・・・ え!僕が英雄?として ファンタジー部門で執筆していましたが、書きあがれば恋愛ものになってました。 なので恋愛カテゴリーで再掲載します。 前半は恋愛と全く関係なく進行し、後半部分は恋愛一直線になってます。 もし、恋愛だけがいいという場合、前半はすっ飛ばし、半ばに ワワラドナ王国国立魔道学院 と言う章が出てきます。 そこまで無視してもらっても良いのですが、それまでに色々とあるので、出来れば全部読んで頂きたいです。 ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●● 10歳の時、住んでいた国が戦争で敗れ、両親共々船で国を脱出。だが乗ってきた船が大破、奇跡的に陸に1人辿り着く。 しかし、たどり着いた先は言葉が通じない。 なんとか冒険者ギルドで登録?を済ませれたが、トラブルに巻き込まれ、別の街に向かう事に。 しかしながらそこでも追い出され、追い出された先にあった森をさまよい、何とか雨露をしのげる場所を確保。 森の周りには色々な素材があるが、強い魔物が居たり、冒険者がその魔物を討伐しようとしており、素材の採取以外にやる事が・・・・ そう、魔物に敗れた冒険者の装備を回収してしまう事。 そして、森の奥にあるダンジョン、この中にもやはり冒険者が一攫千金を狙って挑むが、途中で夢破れ、そこで落としていった装備も回収する日々。 ある日、ダンジョンで魔物から逃げている女性冒険者のパーティを助けた事で転機が訪れる。今まで街へ近づく事が出来なかったが、女性パーティに連れられ、街でたまった素材を売る事ができ、一気に大金持ちへ。 そして助けたパーティが、お礼をしたいようなので、言葉を教えてもらう事に。だけど・・・・悪い事に僕は対人ずっと独りでいたせいかいつの間にか恐怖症に。そんな中で言葉を覚えるのはなかなか大変。 そして、女の子が1人で生き残るのは厳しいので、常に男の子の振る舞いを、一人称も僕と名乗って数年。 そんなある日、魔法学院で学ぶ事に。そこで出会った王子様は、男の子のふりをしているのに、僕に求婚してくるんです。 これはヘルトと名乗る断男装の女の子が、国の王子様に見初められ、結ばれる物語です・・・・ 途中不幸もありますが、最終的にはハッピーエンドです。
24hポイント 2,385pt
小説 548 位 / 65,957件 恋愛 280 位 / 16,980件
文字数 140,883 最終更新日 2020.02.21 登録日 2020.02.02
2
BL 連載中 長編 R15
『桜田門学院高等学校』 日本中の超金持ちの子息子女が通うこの学校は東京都内に位置する野球ドーム五個分の土地が学院としてなる巨大学園だ しかし生徒数は300人程の少人数の学院だ そんな学院でモブとして役割を果たすはずだった青年の物語である
24hポイント 810pt
小説 1,337 位 / 65,957件 BL 182 位 / 5,740件
文字数 34,235 最終更新日 2020.02.23 登録日 2019.10.18
 沈みかける夕日に向かって、俺は力強く叫んだ。 「今に見てろよ、じいさん! 俺は絶対、最強の魔法使いになってやる!」 「ふぉっふぉ、今の魔術式の大きさじゃ、夢のまた夢じゃな」 「じいさん!? いつの間に……っていうか、折角意気込んでるのに茶化すなよ!」 「わしは本当のことを言ったまでじゃて」 「うぐぐ……。確かに俺の魔術式は小さいけれど、その分色々工夫してるんだ。魔術式が大きくなったら、じいさんにだって負けないからな!」 「この四年間でほとんど変わらなかったじゃろうに」 「俺の成長期はこれからくるんだよ。その時になったら覚悟しろ!」  俺は捨て台詞を残すと、俺とじいさんが住む小屋へと戻る。 「……さて、ユートもそろそろここを出るときかのう」  背後でじいさんが何か言ったようだけど、俺には聞こえなかった。 ※小説家になろう様の方にも掲載しております
24hポイント 49pt
小説 8,215 位 / 65,957件 ファンタジー 1,971 位 / 20,297件
文字数 250,739 最終更新日 2019.11.18 登録日 2019.06.24
4
ファンタジー 連載中 長編 R15
 ・訂正等の最中により、一章の最初の方がごちゃごちゃしています。ご迷惑をおかけしてすみません。  五千年もの昔、世界を変えた男がいた。  その名をリウ・ディルガノスと言う。  ディルガノスは戦争の元凶であった魔王を倒し、人間界、いわゆる下界と、天界、魔界、龍界の隔たりを消し、世界に平和をもたらした。  その後、彼はこの世界には自分はもう必要ないだろうと考え転生を決心すると、程なくして実行してしまう。    やがて五千年もの時が経ち、数ある世界の端の方の世界、かつてディルガノスが生活した世界では知る事すら出来ない異世界に転生したディルガノス。    その世界の星の一つ、地球に龍也と言う名前で生まれたディルガノスは記憶を失っていた。  地球で唯一の魔法使いの父のもとで魔法使いとして過ごすリュウヤ。  魔法をたくさん使い、すくすくと育った彼は、とある時に謎の能力に目覚めるのだった。  そんな風に長い年月を過ごしたが、未だに記憶の無いリュウヤは十七の誕生日を境に不思議な夢を見始め、ひょんな事から魔導書の精霊と出会い、そのまま異世界に転移してしまう。  そこはリュウヤもといディルガノスが生活していた世界だった。  そこで魔法を学ぶべく魔導学院に通う事に決めたリュウヤは、かつての知り合いや、多くの人との関わりによってすぐにかつての記憶を取り戻し、この時代における様々な問題を目にするのだった。  ーー貴族と平民?  ーー種族間の争い?  ーー帝王の支配?    今の自分には関係ないと思いながらも問題に呑まれていくディルガノス。  記憶が戻ると同時に自分の新たな能力の強さに気づくディルガノスはかつての自分を軽々と超えていく。  新たな能力と地球で得た知識をフル活用し、沢山の仲間たちと共に迫り来る困難と闘うのであった。  五千年の時を超えた男の物語が今始まる。 (なろうにて同時連載中)
24hポイント 42pt
小説 8,927 位 / 65,957件 ファンタジー 2,108 位 / 20,297件
文字数 233,745 最終更新日 2019.12.25 登録日 2019.01.01
5
ファンタジー 連載中 長編 R15
 ディエアド伝記シリーズ・英霊編  神発暦3520年。戦乱の世となっていたオーハジアン大陸西部で最大の国家であるクラノス帝国。その守護者としてのちの世に語られる一人の貴族の軌跡。
24hポイント 42pt
小説 8,927 位 / 65,957件 ファンタジー 2,108 位 / 20,297件
文字数 149,769 最終更新日 2020.02.11 登録日 2018.12.06
神託により人々の天職が決定される世界。 僻地に住む牛飼いの息子カイは、神託式で不思議な職名を告げられた。 家に戻りその職名を父親に告げると、少年は父親から家に代々伝わる古い本を託された。 そして少年は、未知の世界へと踏み出して行く。
24hポイント 21pt
小説 12,655 位 / 65,957件 ファンタジー 2,844 位 / 20,297件
文字数 30,460 最終更新日 2019.08.28 登録日 2019.08.24
前世の記憶を持つノエルは、学院の入学試験のときある少女に一目ぼれをした。 その瞬間、運命の歯車が動き出す。 互いに惹かれていき、遂に結ばれるが、その日々は儚く崩れ落ちていく 「ノエル君は私を守ってくれる?」約束も守れず、自分の手の中で死にゆく少女を見ることしかできない、己の無力を嘆く少年はその先になにを求めるのか?
24hポイント 0pt
小説 65,957 位 / 65,957件 ファンタジー 20,297 位 / 20,297件
文字数 28,862 最終更新日 2019.09.07 登録日 2019.09.06
7