こなもん小説一覧

タグ こなもん×
1
 昨日の深夜、お客に誘われて伊勢エビを食べた。でっかい尾頭付きのボイルしたやつ。  トゲトゲでやけに真っ赤な殻、飛び出した目玉、長い髭、、意味もなく分解してやった。  指先が生臭くなった。  「老成か栄達への執念か」の岐路に差し掛かった文化の行き着く先、あるいはその片隅で咲く人工花の意味が見えそうで見えない、その歯がゆさ。  唇に薔薇口紅さしたら、ドラァグでドライブしよう。Osaka発ドラァグドライブ、掛け違いの旅。
24hポイント 0pt
小説 58,713 位 / 58,713件 エッセイ・ノンフィクション 1,586 位 / 1,586件
文字数 318,292 最終更新日 2019.11.02 登録日 2018.09.30
1