不遇なのは最初だけ小説一覧

タグ 不遇なのは最初だけ×
1
旧題:無能な癒し手と村で蔑まれ続けましたが先代が超チート過ぎるだけだと判明しました。私も普通に聖女級ではあるようです。掌返しされても村は捨てます。 村でたった一人の治癒魔法使い『癒し手』であるリリアはその立場に似合わず村人から冷遇され続けていた。 理由は単純で村人たちのほぼ全員が二代目の癒し手である彼女を無能だと思っていたからだ。 孤児であるリリアを引き取って、母のように接してくれた先代は優秀な癒し手だった。 彼女なら数分で完了する骨折の治癒にリリアは数時間かけてしまう。 だから、出来損ないなのだ。 けれど村人もリリアも知らない。 骨折を即日で完治させる癒し手など国に数人もいないことを。 そしてその者たちは凄腕の術士として王都で尊敬され崇められていることも。 今はまだ、村の誰も知らないのだった。 そんな村にある日、一人の貴人が二人の美形騎士を伴って訪れる。 --- 【お知らせ】 「無能な癒し手と村で蔑まれ続けましたが先代が超チート過ぎるだけだと判明しました。私も普通に聖女級ではあるようです。掌返しされても村は捨てます。」ですが 実は有難く書籍化のお話を頂いておりました。 その為、規約に基づき第一部完結までの部分を5月30日付けで非公開とさせて頂きます。 書籍刊行については日が迫りましたら改めて又お知らせさせて頂きたいと思います。 宜しくお願い致します
24hポイント 3,386pt
小説 585 位 / 112,346件 ファンタジー 162 位 / 29,234件
文字数 188,841 最終更新日 2021.07.31 登録日 2020.05.31
1