寵愛・過保護小説一覧

タグ 寵愛・過保護×
5
1
恋愛 連載中 長編 R18
R18作品です。 18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。 治癒の力をもつ姫巫女イレーナは母国であるイフラー国の神殿で、祈りを捧げていた。 だがある日、大国ザフラが進攻してきて神殿を破り祈りをしていたイレーナを国王・オーランがさらっていく。 イレーナは敵国の元で力を使うよう命じられるのと同時に、オーランの慰みものとして囲われ昼夜問わず身体を求められる。 敵国の王に凌辱される日々が続いたが、あることがきっかけでオーランと心を引き寄せ合い?
24hポイント 106pt
小説 8,191 位 / 121,960件 恋愛 3,566 位 / 34,329件
文字数 23,035 最終更新日 2020.07.12 登録日 2019.05.13
2
BL 連載中 長編 R18
こんにちは西条ネアと申します。 pixivさんにて投稿している作品をもっと多くの人と楽しみたいと思い、投稿させていただきました!! 不束者ですが、よろしくお願いします! 今まではアルファポリスさんでは読む専門だったのですが、ついに! ついに手を出してしまいました!! 自分の大好きなBLをこれでもかと詰め込んだ所存です。 楽しんでいただけると幸いです。 ****** 小さい頃に天涯孤独となった海里怜。 施設の中でもいじめられ、愛情を、甘えることを知らないレイは他人の身勝手な自殺に巻き込まれて死んでしまう。 そんな中、BL好きの創造神アヴィがレイの前に現れて異世界に転移させられる! 「もう訳わかんない設定はお好きにどうぞ!!」 アヴィのBL好きについていけなくなったレイはアヴィに転移後のことを丸投げしてしまう。 男性率100% 大切に寵愛されて、過保護な騎士2人に愛される。 作者の大好物を詰め込んだ作品です! 王道なんて知ったこっちゃない!! リクなど受け付ければ順次対応していくつもりです。 よろしくお願いします!
24hポイント 71pt
小説 10,287 位 / 121,960件 BL 2,046 位 / 12,958件
文字数 63,607 最終更新日 2020.05.24 登録日 2018.10.28
世界No.1財閥の寵愛されしお姫様、暁 美心愛(アカツキ ミコア)が過ごす非日常。神や精霊、妖精も魅了していく愛し子。規格外な魔法や美貌でまた1人魅了されていく。ある日は聖女として、ある日は愛し子として歴史に名を残す行動を無自覚にしていく。美心愛に逆らったものは生きてはいけないのがこの世の暗黙の了解?!美心愛のファンクラブは信者が多い。世界の愛し子のチート生活をどうぞ! 美心愛の周りには規格外が集まりすぎる! 「ちょっと、みんな! 過保護すぎるよ!え、今度は何? 神様?天使?悪魔?魔王? 知りません、私は何も関係ありません! 私は平穏な華の高校生になりたいだけなのに。」 初めての作品です。 話の辻褄が合わないところが出てくるかもしれませんが優しく見守ってくだされば嬉しいです。 頑張って投稿していきたいと思います。 登場人物紹介は毎回更新していきます。 ところどころ間違ったところなどを編集します。 文章を修正するので少し変わってしまう部分が増えてしまうかもしれませんがご了承ください。 お願い致します。
24hポイント 14pt
小説 22,459 位 / 121,960件 ファンタジー 4,118 位 / 31,979件
文字数 37,058 最終更新日 2021.08.11 登録日 2020.12.21
4
恋愛 連載中 長編 R15
ガリアス共和国の男爵令嬢"リアーナ"には、結婚を誓った婚約者であり、幼馴染みの"勇者ルディウス"がいた。 「憎き魔王を倒したら結婚しよう」 ルディウスがそう言い残して早三年。 一向に魔王を倒す気配はなく、そればかりか一緒に魔王討伐に出た聖女と恋仲だと言う噂まで耳に入る始末。 真意を探るべく、ルディウスの元へ単身乗り込むリアーナ。そこで見たのは、ルディウスと聖女が、人目も憚らず抱きしめ合い口づけを交わしている光景だった。 裏切られたリアーナは、放心状態で魔国をさまよった挙げ句、盗賊に襲われてしまう。 そんな時、リアーナの前に突如現れ盗賊を一人で殲滅させてしまったのは、身分を隠した魔国の王子様ハロルドだった。 ハロルドに拾われ、寵愛を受けるリアーナ。 リアーナもハロルドに惹かれ恋心を抱くのだが―― 「俺も弟が欲しかったんだ! リアーナが来てくれて嬉しいよ」 リアーナは、男の子だと勘違いされていた……。 ※03~ぐらいからコメディー要素増えます。 ※なろうでも投稿中
24hポイント 0pt
小説 121,960 位 / 121,960件 恋愛 34,329 位 / 34,329件
文字数 41,102 最終更新日 2021.04.07 登録日 2021.03.24
5
恋愛 完結 短編 R15
佐伯真理子(さえき まりこ)は病を抱えていた。 現代医学では治療不可能の病だった。 進行を遅らせることはできるが完治は無い。 そんな彼女の日課は病院の木々の世話だった。 特に大きな桜の気がお気に入りだった。 ある日、その木から語り掛けられたような気がした。 何となく「はい」と返事をしてしまった。 するとつむじ風が起こり次の瞬間、見た事のない世界が広がっていた。  
24hポイント 0pt
小説 121,960 位 / 121,960件 恋愛 34,329 位 / 34,329件
文字数 16,467 最終更新日 2019.08.12 登録日 2019.08.10
5