無実の罪小説一覧

タグ 無実の罪×
4
 「お前は何の役にも立たないのだから、せめてサンドバッグとしてぐらい役立て」 「お父様、マカパイン男爵家としての仕事は全部私がやっているんですよ」  「そんなのはお前にやらせてやっているだけだ」 「え、じゃあ私はもうやらせてもらわなくていいわ」  私がいなくなればマカパイン男爵家としての仕事は貴方達馬鹿にはできないでしょうね。 でも産んでもらった恩は5億倍にして返しているので後はもうどうなろうと知ったことではありません。  「感謝もできないのかこのクズ!」  「なんて恩知らずなんでしょうか」  「お姉様のような無能はマカパイン男爵家に必要ないわ」 やれやれ、家族は逆ぎれして私を殺すつもりらしいです。 どれだけクズ共とはいえ私は家族を殺したくなかったのですが、 貴方達が殺すつもりなら仕方ありませんね。    「実の両親と妹を殺したお前なんかとは婚約破棄だユフィリア」  やれやれ、馬鹿婚約者は正当防衛というものを知らないようです。  「お前の妹のメルミリアを僕は愛していたんだ」  そうですか。  "チートスキル切断魔法lv9999"で婚約者を切断しました。 ざまぁ(笑)  とりあえず逃げ出そうとしたら隣国の色っぽいイケメン王太子が求愛してきました。  「お前が家族から解放され婚約破棄され自由になるのを待っていた」  私のように優秀な美少女をを欲しがるのは当然ですね。
24hポイント 134pt
小説 7,556 位 / 111,009件 ファンタジー 1,568 位 / 28,913件
文字数 2,738 最終更新日 2021.07.23 登録日 2021.02.11
2
恋愛 完結 長編 R15
――「これくらいさせてもらわなくては、夫の僕も気が済まない」。夫の手で罪人の烙印を焼きつけられたアディリルは、生存すら絶望的な異界へ落とされた―― 竜騎士アディリルは、魔法神官ルードと結婚し、竜と心を通わせ、忙しくも幸せな日々を送っていた。ところが、王弟と姦通し国王を暗殺したとして、魔物が跋扈するという異界へと追放される。が、落ちた先は幸運にも平和な場所。数年を山奥の村で過ごす内に、絶望も憎しみも少しずつ癒されるかのように思えたが、ある日突然、元の世界に“召還”されて…… ※中編。完結まで予約済です、2週間お付き合い下さい。※ヒロインは『聖女』ですが、清純でピュアで純潔で、という感じではないので、苦手な方は注意。※「召喚」は呼び出すこと、「召還」は呼び戻すこと。ここテストに出ます。※小説家になろうさん、カクヨムさんにも投稿。
24hポイント 21pt
小説 19,994 位 / 111,009件 恋愛 8,295 位 / 31,895件
文字数 39,534 最終更新日 2020.09.14 登録日 2020.09.01
「私、何もしてませんからぁ!」 「なら、何故逃げる!」 「なら、なんで追いかけるんですかぁ!」  婚約者である第一王子を殺害しようとした罪により実家を追い出され、追われる身となった伯爵令嬢のリエネッタ。  魔法の力を駆使してどうにか逃げ仰せたものの……身に覚えがまったくないリエネッタは、どうにかして自らの無実を証明しようとするも、実家の伯爵家に、王国軍に、賞金目当ての冒険者に、ひたすら追いかけられることになってしまう。  逃走を続けるリエネッタは、その道中で同じように無実の罪で追われる身となっている者達に出会い、いつしか共に自分達の無実を晴らそうと行動しはじめる。
24hポイント 7pt
小説 27,656 位 / 111,009件 ファンタジー 5,372 位 / 28,913件
文字数 4,369 最終更新日 2019.01.06 登録日 2019.01.06
4
恋愛 完結 短編 R15
 無実の罪で捕まった元公爵令嬢──エミリー・サンティレールは三日後に斬首刑を執行されることになった。  檻の中で自らの人生を振り返るエミリー。   「なんで私がこんな目に……」    絶望の淵に立たされたエミリーはただ泣く事しか出来ない。  その時……  「うるせぇな……静かにしろよ」    部屋の中で静かに響く声。  この男は何者か? 
24hポイント 0pt
小説 111,009 位 / 111,009件 恋愛 31,895 位 / 31,895件
文字数 16,170 最終更新日 2019.10.23 登録日 2019.10.13
4