魔女狩り小説一覧

タグ 魔女狩り×
8
 時代設定としては中世ヨーロッパなファンタジー、魔女狩りと傭兵団の略奪がある地獄です。  一人の少女から始まります。  作者としては、10年前にプロット出して放置していた物です、ボツ供養の類ですが、今更書いたら意外と繋がりました。  短い予定ですが、よろしかったらお付き合いください。
24hポイント 7pt
小説 23,224 位 / 91,319件 ファンタジー 4,909 位 / 25,567件
文字数 23,764 最終更新日 2020.06.05 登録日 2020.01.16
魔女狩り――忌まわしい響きの病魔は、確実に王国を侵していた。 カルヴィン伯爵領から始まったといわれる疫病や飢饉、その他自然災害。 それらには「魔女」が関係しているのだとどこからともなく声が上がり、王都の異端審問官たちも動き出し、それに乗っかるようにしてそこらの人間も手当たりしだいに「あやしい女」を狩るようになってしまった、そんな時代。 とはいえ、今の俺は、温泉地を転々としているだけの、しがない旅の剣士だ。魔女狩りという奔流に抗えるはずもなく、しかし幸運にもそんな現場には遭遇することもなく、このド田舎の温泉街に辿り着いた。……のだが、残念なことにここで「魔女狩り」に遭遇してしまう。それを成り行き上助ける事になった俺と、「魔女は引退した」と言い張るタナさん。俺たちは逃げるようにしてその街を後にするのだが、タナさんは「カルヴィン伯爵に会いに行く」とか言い出す始末。そいつは現代の魔女狩りの源泉だぞ、と。 しかし、タナさんは言い出したら聞かない性格だ。そして俺も、まぁ、いいかなんて思ってしまう性格だ。 残念なコンビである。 そんな旅の途上で、俺たちはハーフエルフの幼女や、竜族の末裔の娘たちと出会う。 そしてだんだんと見えてくる真の敵の姿。 ……は、いいのだけど、長旅は腰に来る。困ったものだ。 さて、そんな俺と、魔法を使ってくれない魔女の旅の行く末は?
24hポイント 0pt
小説 91,319 位 / 91,319件 ファンタジー 25,567 位 / 25,567件
文字数 198,229 最終更新日 2020.09.15 登録日 2020.08.31
辺境の村に住むレダは、五歳の女の子。 優しい両親と村人たちに囲まれて、何不自由なく暮らすレダには、ちょっとした秘密がありました。 実はレダは、魔女だったのです。 やがて魔女狩りがやってきて、レダは捕まってしまいました。 判決は火炙りの刑。 でも大丈夫。 本物の魔女が、火炙りごときで死ぬわけありませんから。
24hポイント 0pt
小説 91,319 位 / 91,319件 ファンタジー 25,567 位 / 25,567件
文字数 109,130 最終更新日 2020.09.29 登録日 2020.08.26
4
キャラ文芸 完結 ショートショート
Twitterフォロワーさん1400人記念の短編です。 狂った人間が魔女について語るお話。
24hポイント 0pt
小説 91,319 位 / 91,319件 キャラ文芸 2,722 位 / 2,722件
文字数 1,400 最終更新日 2020.01.10 登録日 2020.01.10
約三百年も森の奥深くの荒ら屋に引きこもる魔女・セレナ。彼女を探し、王宮へと招いた王女陛下に「夜空に月を取り戻して欲しい」と依頼される。
24hポイント 0pt
小説 91,319 位 / 91,319件 ファンタジー 25,567 位 / 25,567件
文字数 15,162 最終更新日 2021.01.16 登録日 2019.12.01
ここはまだ人間と魔女が存在していた世界 かつて人々と魔女は共生していた 魔女は人間に知恵を与えた そして人間はその恩恵を受け、様々な武器を作った 人々は感謝の意を示し、魔女に金品を送った だが、その生活は永遠に続くことはなかった 人間は気づいたのだ、魔女の血がとてつもない力を秘めていることに 次第に人間は欲望に駆られ、魔女を殺すようになる 魔女は失望した 人間を隔絶するかのように、彼の一族は「業魔の檻(ディズケージ)」という檻を作り、人間を世界の中心に閉じ込めたのだった
24hポイント 0pt
小説 91,319 位 / 91,319件 ファンタジー 25,567 位 / 25,567件
文字数 15,184 最終更新日 2019.05.23 登録日 2019.05.21
ひょんなことで出会った魔女と少年の話。
24hポイント 0pt
小説 91,319 位 / 91,319件 児童書・童話 1,799 位 / 1,799件
文字数 6,695 最終更新日 2019.04.27 登録日 2019.04.27
〈草食系吸血鬼×口の悪い女王様〉 吸血鬼でありながらそれを隠し牧師を生業とする異端の青年、ヴァーニスは、その正体を知る女性異端審問官、エメラルドによって半ば脅迫されるような形で巷を騒がす「吸血鬼狩り」に参加する羽目に。 だがそこには、彼を狙う大きな闇が待ち構えていた。     ※※※※※※※ 足元を見よ。 暗がりはすぐそこに有り。 あぁ、月を見よ。 光はあれほどまで遠く、闇は己のすぐそばに。 哀れなる神の狗どもよ。 日に焼け焦げて闇へ沈め。
24hポイント 0pt
小説 91,319 位 / 91,319件 ファンタジー 25,567 位 / 25,567件
文字数 98,507 最終更新日 2018.08.08 登録日 2018.08.01
8