活劇小説一覧

タグ 活劇×
1
気弱で人のよい座長の万屋市蔵、妖艶なる元陰間の女形の筧鬼灯、自称日の本一おもろい、元落語家で道外方林屋一十、長躯の力自慢だが臆病者の小代玄才、座長の息子で動物使い兼軽業師、泣き虫の虎は、全国をまわる旅芸人一座。 だが、この一座にはほかに二つの顔があった・・・。 一生懸命その日を生きる人々には、つかの間の愉しみと幸せを与え、すべての人々の相貌を笑顔にする。 その一方で、一生懸命に生きる人々を踏み躙り、奪う者がいる。 それに与えしは永久なる眠り、地獄への道標。そして、すべての悪人の相貌を死に顔にする。 さらにいま一つの顔とは・・・。 活劇、人情、お色気、なんでもありの一作。 旅芸人よろづや一座の大活劇、ここに開幕!
24hポイント 85pt
小説 5,855 位 / 53,611件 歴史・時代 62 位 / 735件
文字数 83,609 最終更新日 2019.08.18 登録日 2019.04.21
1