すれ違いと拗らせ小説一覧

タグ すれ違いと拗らせ×
16
1
恋愛 完結 長編 R15
◆◆現在『恋愛小説大賞』に参加中です。投票お願いします◆◆ 「お前、これから異性の体液を摂取し続けなければ死ぬぞ」 異世界に落とされた少女ニチカは『魔女』と名乗る男の言葉に絶望する。 体液。つまり涙、唾液、血液、もしくは――いや、キスでお願いします。 そんなこんなで元の世界に戻るため、彼と契約を結び手がかりを求め旅に出ることにする。だが、この師匠と言うのが俺様というか傲慢というかドSと言うか…今日も振り回されっぱなしです。 ツッコミ系女子高生と、ひねくれ師匠のじれじれラブファンタジー 基本ラブコメですが背後に注意だったりシリアスだったりします。ご注意ください イラスト:八色いんこ様
24hポイント 1,540pt
小説 797 位 / 65,959件 恋愛 410 位 / 16,979件
文字数 526,539 最終更新日 2020.02.21 登録日 2020.01.14
2
恋愛 完結 長編 R18
勇者パーティーのメンヘラ系ロリ魔法使いというハーレム要員ポジだったララ・ソルは自分がハーレムという存在に生理的嫌悪を持っている前世を思い出した。 それによってハーレムパーティーから離脱することを決意したのだが、ハーレム男である勇者がララを追いかけてきて……? ※ムーンライトノベルズでも投稿中
24hポイント 1,379pt
小説 862 位 / 65,959件 恋愛 445 位 / 16,979件
文字数 54,952 最終更新日 2019.07.26 登録日 2019.07.08
3
BL 連載中 長編 R15
 ある世界に獣人の住む国があった。そこでは数年前に、暴虐を尽くした獅子獣人の王を相手にしたクーデターが発生していた。その後任として玉座についたのはクーデターを指揮した黒狼の青年。青年には恋人がいたが、恋人は裏切り者のスパイだった――。  獣人の定義としては、人間にケモミミと尻尾がついた姿としています。それぞれ元になる獣の特徴を併せ持ち、(ファンタジーなので)男性妊娠あり。作者的に美味しいシチュエーションを盛り込んでみました。  懲りずに新作を投稿してみますが、例のごとく完結まで行けるかは未知数です。暇潰しにどうぞ。
24hポイント 349pt
小説 2,555 位 / 65,959件 BL 369 位 / 5,740件
文字数 33,088 最終更新日 2020.02.22 登録日 2020.01.18
4
恋愛 連載中 長編 R18
異世界ボタンを 購入した。ボタンを押せばそこは、異世界。スタートは、洞窟だった。魔力はあれど魔法適正なし。異世界の 食事事情は、塩こしょう。チートは家事全般。でもある出来事で、いつしか若返った。人族は私だけの世界。どうなる 異世界生活。
24hポイント 213pt
小説 3,888 位 / 65,959件 恋愛 1,761 位 / 16,979件
文字数 213,373 最終更新日 2020.02.14 登録日 2019.04.20
5
恋愛 完結 長編 R18
 仕事帰りに通りがかりの酔っ払いに絡まれていた唯を助けてくれた、日向司。優しい彼に一目惚れした彼女は猛アタックのすえ短期間で結婚を果たす。  新婚夫婦の日常生活、初夜だって楽しみだったのにまさかのスルーから始まりガッカリした唯。『大好きな夫にきちんと抱いてもらいたい!』と、暴走する夫婦のお話。  ○警察官×主婦  ○身長差・体格差・ちょっと年の差夫婦のお話。  【R18】作品ですのでご注意ください。 《お知らせ》  2020/02/15〜 ただ今作中の設定ミスや誤字脱字を修正中です。
24hポイント 120pt
小説 5,212 位 / 65,959件 恋愛 2,293 位 / 16,979件
文字数 144,666 最終更新日 2019.07.02 登録日 2019.06.12
6
恋愛 連載中 短編 R15
『シリル、貴方は私のモノよ!!』 澄んだ声を高らかに、舞踏会場に響き渡らせたのは――――。 勝気で傲岸不遜で有名なマンヴィル王国の第一王女ベルセフォーネ・シャンタル・メリリース・マンスフィールド。 そしてベルに『私のモノ』と呼ばれたのは爽やかイケメン騎士団長であり公爵家継嗣と言う思いっきり優良物件な社交界切っての貴公子、シリル・ランバート・アランデル。 そのシリルの幼馴染兼想い人であり、自身もまたシリルへ想いを寄せる伯爵令嬢のアイリーン・ジェシカ・マコーリー。 爽やかで仕事の出来るがややヘタレっぽい騎士団長様と何をやらかすかわからない天然悪役令嬢でもあるベル王女に想い切る事の出来ない可愛い系ヒロイン令嬢のアイリーン。 3人が織りなす私――――雪乃が初めて書きます。 これが私の悪役令嬢??? ただ今執筆中の『叩きつけた絶縁状!! 召喚された聖女は第二の妃へ転落する前に母子で逞しく生きていきます』の息抜きとして、予定ではっ、あくまでも予定です。 短編を目指しています。 何分主人公が悪役令嬢なのは初めてなのでちょっとそれるかもしれないですが、何卒そこは御愛嬌……として下さいませ。
24hポイント 49pt
小説 8,257 位 / 65,959件 恋愛 3,501 位 / 16,979件
文字数 36,678 最終更新日 2019.01.29 登録日 2018.11.16
7
恋愛 連載中 短編
「(告白だってしてないのに)あなたと無理矢理、結婚させられるなんてまっぴらごめんですわ」 「こっちこそ(君の想いを無視して強制的に婚姻関係を結ぶなんて)願い下げだね」  ――切っ掛けは言葉足らずな口論だった。  帝国騎士学院、その食堂へと向かう道すがら、南の王国からの留学生である王子アーサー様が何者かに狙撃される。 「やりました! 頭に一発必中、流石わたくし! これは婚約破棄も近いですわね」  その狙撃者こそ、帝国の公爵令嬢エリーゼ様であった。  隣国の王子を殺傷するなど、外交問題だ。  しかし、王子の頭からは血の一滴も流れてはいなかった。  これこそが両者が交わした取り決めだ。  ルールは三つ。 ・決して相手に大きな怪我を負わせたり、名誉を毀損してはならない。 ・いついかなる時に勝負を仕掛けても構わない。 ・どんな手段でも構わない。相手の胸元の徽章を奪えば勝ち。  その様な取り決めの元、二人は熾烈な争いを繰り広げている。  では、何故その様な争いを? (わたくしは婚約を破棄して、自分からアーサーに告白するのです) (僕は婚約を解消して、改めてこの想いを君に伝える)  そう、これはお互いを想いながら、かと言って成り行きで結婚するのは嫌だなあ、婚約破棄しちゃおっかなあと思い悩む、少しめんどくさいお二人による"戦争"の記録なのである。
24hポイント 35pt
小説 10,100 位 / 65,959件 恋愛 4,054 位 / 16,979件
文字数 3,023 最終更新日 2019.09.17 登録日 2019.09.17
8
恋愛 連載中 長編 R15
ここはとある異世界。 剣も魔法もあれば人族以外に竜族や精霊族、獣人に魔法使い……何者もまだ分かたれる事のない、ぶっちゃければ何でもいて何でもありなワンダーランド。 そのとある世界でも最強であり、最凶とも言われる古より最も賢く、そして最も強いエンシェントドラゴンの血を受け継ぎし人族が統べる大帝国ブラッドレイの皇帝の後宮へ新たに迎えられたのは何故か大精霊王の王の妹。 その後宮には帝国の属国より集められ美々しく着飾られ多くの美女で溢れ返り、未だ空位である皇妃の座を巡り女達はあの手この手で皇帝を籠絡し、また敵となる妾妃達を消そうと躍起になる。 当然の事ながら妖精族の姫も争いへ巻き込まれ、彼女の気持ちとは裏腹に皇帝の寵愛を受けると共に待っていたのは数多いる妾妃達の激しい嫉妬。 その嫉妬の所為で皇帝の留守を見計らい、精霊姫は後宮より拉致られ、彼女に魅せられてしまった男達によって謂れなき凌辱を受ける中絶命した――――。 気がつくと精霊姫は精霊界にいた。 あれは夢? いやいや夢でなく現実だったもの。 第一成長期による熱病で偶然見てしまった憐れな未来の末路。 それを正しく理解したと同時に精霊姫は固く決意する。 そう、決して皇帝の寵妃に等なって堪るものか!! 何が、そしてどのような手を遣ってでも私は自身の未来を穏やかで光溢れたものにする!! それが譬え呪いをその身へ宿したとしても……!!
24hポイント 35pt
小説 10,100 位 / 65,959件 恋愛 4,054 位 / 16,979件
文字数 1,849 最終更新日 2019.11.20 登録日 2019.10.10
9
恋愛 完結 短編 R18
「本当は、二番目に愛してます」では語られなかったジェフリーとブリギッドのお話です! 本編を読んでからお読みいただくことをおすすめします。
24hポイント 28pt
小説 11,051 位 / 65,959件 恋愛 4,416 位 / 16,979件
文字数 21,718 最終更新日 2019.03.08 登録日 2019.03.05
10
BL 完結 長編 R18
 砂漠にあるルアズ国に生まれた、ラティ・セイナフは、昔から異形のモノが視える目に悩まされていた。  いつか、自分は化け物に殺されると信じて疑わないラティは、国の誰もが羨む王家に代々仕える仕事をしていても毎日どこか無気力だった。  そんなある日ラティは深酒をしてしまい、奇人変人だけど美しい人ナセ・イスハと出会い、拾われ一夜の過ちを犯してしまった。  ナセは、ラティが何も言わなくてもなんでも見通しているかのようで、事あるごとにラティを振り回してくる。  そんなナセに関わっていくうちに、ラティはいつの間にかナセから目が離せなくなってしまい……。  遠視、透視、過去視など色々視える旅人(のちに神官になる)×異形のものが視える王都の学生(のちに王の側近になる)の話です。 アルファポリス先行でムーンライトノベルスにもあげる予定。  超能力とかホラー有、異世界だけど転生はないです。作中に本編で転生した人は出てきます。 前作『芸能事務所新人アイドルがアラビアンな踊り子転生』の派生です。 *この話だけでも読めます。 時系列ではこっちが先。
24hポイント 14pt
小説 14,950 位 / 65,959件 BL 2,371 位 / 5,740件
文字数 101,821 最終更新日 2019.11.17 登録日 2019.10.20
11
恋愛 連載中 長編 R18
温泉旅行の前日、進学の為に1人暮しをしているアパートから実家に戻って、何気なく広げたアルバム。 幼稚園の頃お気に入りだったリボンを髪の毛に結んで満面の笑みを浮かべて写真に映る私と、手を繋ぐ男の子。 好きは、自覚をしたら好き、ですか?意識をしたら?どこからが好き、ですか? 忘れていたことと、忘れようとしたこと。 過去の刷り込みに振り回される私の物語
24hポイント 7pt
小説 17,574 位 / 65,959件 恋愛 6,622 位 / 16,979件
文字数 15,616 最終更新日 2019.11.30 登録日 2019.11.07
12
恋愛 連載中 長編 R15
 薄雪奏(うすゆきかなで)は自身の姿にコンプレックスを持っていた。高い背に切れ長の瞳、中性的なそんな自分が嫌いだった。だからこそ、女の子らしい女の子、空澄(そらすみ)メイに強く憧れを抱いているのだ。  そんな彼女はある日、メイから。恋とは何なのか、そんな疑問を投げかけられる。恋をしたことがない奏はその言葉に対し上手く返せない。そして、メイがある先輩のことが好きなのだと気付いた。そのことは奏の心に説明のできない炎をつけるのだった。  メイの思い人である日嗣青春(ひつぎあおはる)は怪しい噂の絶えない人であり、奏が入学して間もないころ、ちょっかいを掛けられた先輩なのだった。  だから、彼女はメイと青春がくっつかないようにと、動き始めるのだった。 小説家になろう様の方で先行連載中です。
24hポイント 7pt
小説 17,574 位 / 65,959件 恋愛 6,622 位 / 16,979件
文字数 42,177 最終更新日 2020.01.09 登録日 2019.12.20
お互いに親友同士だったはずの、涼太と駿。 成長に従い、二人の心は次第にその形を変えていく。 当然、その繋がりも——。 年を経る間に起こるさまざまな出来事に、それぞれの思いで向き合う二人。 酸っぱい、苦い、青臭い——そんな未成熟な感情をむき出しに、ギシギシとぶつかり合いながら。 心も身体も、ほんの数年の間に大きく変わっていく。 そんな時代の彼らが、手探りで辿ってきた道と——まだ続いていく、これからのこと。 ※ほのかなBL風味です。濃厚な性描写はありません。 ※カクヨムでも公開しています。
24hポイント 0pt
小説 65,959 位 / 65,959件 ライト文芸 2,486 位 / 2,486件
文字数 11,220 最終更新日 2019.03.11 登録日 2019.03.11
共にいながらも、どこかすれ違う彼らが「真の相棒になる」物語。 怪盗&(アンド)は成人男性の姿でありながら、精神の幼いアンドロイドである。彼は世界平和のために、兵器の記憶(データ)を盗む。 相棒のフィクサーは人を信頼できない傲岸不遜な技術者だ。世界平和に興味のない彼は目的を語らない。 歪んだ孤独な技術者が幸せを願うまで。 無垢な怪盗アンドロイドが運命に抗うまで。 NYを舞台にした情報化社会のヒーローと相方の技術者の活躍劇(現代×SF×バディ)
24hポイント 0pt
小説 65,959 位 / 65,959件 キャラ文芸 1,928 位 / 1,928件
文字数 18,732 最終更新日 2019.05.31 登録日 2019.05.26
15
恋愛 完結 短編
人間を信用することが出来なくなり、晴れてクラス内でボッチとなった僕。そんな僕の隣の家に急に美少女が引っ越してきた。そして、同じ学校にも転校してきて…… その女の子はピアノの才能にも恵まれており、何故か僕と関わることになる。 ピアノの英才教育を受けて育った高飛車な女の子と拗らせ系ボッチの物語。 昔、書いてた短編の連載版です。
24hポイント 0pt
小説 65,959 位 / 65,959件 恋愛 16,979 位 / 16,979件
文字数 42,621 最終更新日 2019.12.08 登録日 2019.11.28
16
恋愛 連載中 長編
 朱鷺子と瑠璃子は一ノ宮財閥の姉妹として生まれた。幼い頃から、令嬢としての幅広い知識や教養、マナー、令嬢として望まれる人格に至るまでしっかりと教育されて来た。  大正五年。朱鷺子が十五歳、瑠璃子が十三歳の時には、才女でモダンな姉、美貌で淑やかな瑠璃子と噂されるほどになった。当然、縁組は長女の朱鷺子から、という順番になるものであるが……。朱鷺子は複雑な想いを抱えていた。地位と財産を求めて自分に来る縁談は降って湧いて来るのだが、美貌の瑠璃子と自分を見比べる眼差しにプライドはズタズタだった。結婚は親同士が決めるもの。けれども密かに柳原白蓮のように激しい恋に身を投じてみたいと思いつつも、美貌に恵まれなかった自分には無理だろうと諦めてはいた。  朱鷺子には秘かに憧れの人がいた。三つほど年上の二階堂薫である。しかし、当の薫は妹の瑠璃子が気になる様子だった。そしてまた瑠璃子も薫に想いを寄せているように見えた。結婚は親が決めるものだ。どの道、長女である自分は自由に結婚する事など出来る筈もない。諦めなければいけないと想いつつも夢見てしまう自分もいた。  ある日、ひょんなことから神宮司理仁という男に出会う。更には憧れの君である二階堂薫との婚約話、父親の右腕的存在の近衛廣政との縁談が立て続けにやって来た。朱鷺子の運命の恋が回り始める。果たして、朱鷺子の恋の行方は……? (※お話の語り部は、とある視点の者よりお送りします) (※作中では数え年で表記しております)
24hポイント 0pt
小説 65,959 位 / 65,959件 恋愛 16,979 位 / 16,979件
文字数 15,910 最終更新日 2020.02.14 登録日 2020.01.29
16