メイクアップアーティスト小説一覧

タグ メイクアップアーティスト×
3
1
BL 完結 長編 R18
航平は子供の時から性格も体つきも女の子っぽく、髪を長く伸ばして着ている服も中性的で女性の服もよく着ていた。彼の憧れは19世紀の男性の服。フリルがついてて首に大きなリボンを結んで、少年達はセーラーカラーを着ていた。 航平はイラストレーターだったが、あまりのギャラの安さにあきれ、画家になる決心をする。 イラストを描いていたファッション雑誌の編集長、橋田に女装バーに連れて行かれ、知らないうちにそこで働くことになる。実は橋田はママに深い愛を感じている。従業員はママとプロのメイクアップアーティストでもあるレナ。ママはココ・シャネル、レナはデートリッヒ風のスタイルが得意。 航平は次々と新しい体験をしていく。レナに毎夜違うメイクをしてもらう。初めてのドレス、つけまつ毛、ブラジャー。女性の服装をするといつものシャイな性格が変わり、客達とも普通に話しができる。純粋な航平の人柄に魅了された美大の教授、伊純(いずみ)、漫画家でレナの彼氏の、黒澤、ブティックの店長、陸渡(りくと)などと交友を深めていく。 航平には中学生の時出会った聖詩(きよし)という彼がいる。中学の卒業式に告白され付き合うことになるが、科学の天才である聖詩は高校へは行かず政府のシンクタンクに入れられ、古代の海ができた頃の深海の研究をしていて、今はNASAとも取引のあるような有能な地質学者となっている。 航平は聖詩の本の間から聖詩の書いた悪戯書きのような数式や図形を見付け、それらの持つビジュアル的な魅力に気付き、絵を描いてそれを張り付けるというアイディアに夢中になる。彼はゴミ箱の中などからメモを集める。聖詩には内緒で。 聖詩には統合失調症という病があり次第に航平に対する嫉妬に悩むようになる。今まで可愛がって自分が守ってきたシャイで泣き虫の航平が、急にしっかりして綺麗になって客からチヤホヤされ、自分から離れて行く。統合失調症の症状である「嫉妬妄想」に憑りつかれ、ある夜黒いドレス姿で帰って来た航平の首を絞めてしまう。彼は意識を失っただけだったが、ふたりは別居することになる。 航平は伊純教授に「君の絵に聖詩の数式はいらない。もう彼から独立してるんだから。」と言われ、航平は自分だけの絵を描き始める。そして聖詩に「俺が変わったなら聖詩も変わらないと。」と告げる。聖詩は「また一緒に暮らそう。もう俺は君を籠の中に閉じ込めたりしないから。」
24hポイント 7pt
小説 16,731 位 / 59,045件 BL 2,649 位 / 5,047件
文字数 60,053 最終更新日 2017.10.30 登録日 2017.10.30
2
BL 完結 短編
香り高い紅茶をテーマにした、3つの短編集 1、『ソーサーの中に紅茶をいっぱいこぼしちゃって』 2、『割れたティーカップとショットグラス』 3、『紅茶作って熱いから冷まそうと思ってフリーザーに入れたら凍っちゃった。』 『ソーサーの中に紅茶をいっぱいこぼしちゃって』 あらすじ/いつもバッチリ化粧をしてデパートのコスメ売り場で働く綾斗(あやと)。お客さんで憧れの拓真(たくま)とベッドを共にするが、次の朝、素顔を見られたくない綾斗は、色んな作戦を考える。前髪で目を覆って、ティーカップで顔を隠す。 『割れたティーカップとショットグラス』 あらすじ/霞(かすみ)と樹一(きいち)は男子校の同級生だった。マッチョな男のゲイバーで編み物をしながらグラン・マニエ入りの紅茶をたしなむ童貞の霞を心配する樹一。しかし、ただの友人だったふたりに突如進展が。 『紅茶作って熱いから冷まそうと思ってフリーザーに入れたら凍っちゃった。』 あらすじ/お腹の空いた広詩(ひろし)は、ケンカして出て行った義忠(よしただ)の家で食べ物を探すが、冷蔵庫も空っぽで、発見したのは本棚の奥にあった紅茶の箱だけだった。義忠は有名ファッションデザイナーで、ホームレスだった広詩をモデルとして育て上げたのだったが。
24hポイント 0pt
小説 59,045 位 / 59,045件 BL 5,047 位 / 5,047件
文字数 13,112 最終更新日 2019.03.06 登録日 2019.03.06
3
BL 完結 長編 R18
母のない祐樹は父の経営する四つ星ホテルで育った。小さい頃の遊び相手はホテルの従業員達。お気に入りは一緒にお絵描きをしてくれた光聖(こうせい)という若者だった。祐樹の絵には必ず太陽が二つあった。片親の彼の寂しさを埋めるために。祐樹の父は頭はいいが親のない光聖を大学に行かせる。卒業後に彼のビジネスを手伝うという約束で。 中二の祐樹はホテルの客だった有名な指揮者と初めて男性経験を持つ。祐樹は客と寝るという危険な遊びを始める。遂に捕まり、父にホテルから追放され狂気の中で精神科の病院に送られる。突然育った城を追い出されショックは大きく、男子高校でも祐樹は絶望感で多数の生徒と関係し、ある暴力的な生徒と付き合う。全身アザだらけで入院した彼を幼い頃別れた光聖が迎えに来る。彼は大学を終えて帰って来たのだ。父は二人を一緒に住まわせるが、そこでも祐樹は自殺未遂を起こす。 父は祐樹にホテルを継がせようとしていた。しかし彼にはメイクアップアーティストになる夢があった。高校卒業と同時に家出をしてデパートで働く。光聖は必死に彼を捜し出す。祐樹は首に彫った「光聖」という刺青を彼に見せ、二人は恋に落ちていく。 まだ珍しかった男性美容部員として人気の祐樹。光聖とキスをしている写真が週刊誌に載り、四つ星ホテルの御曹司であることや光聖の仕事などが暴かれる。二人は誰が記事を売っているのか不思議に思う。 祐樹は念願のメイクの学校に通い始め、みおという中性的な魅力のモデルに出会う。みおと祐樹には金持ちの息子であるという共通点があり、急速に仲良くなる。二人で協力し合いプロとしての道を歩き始める。 祐樹の父は光聖とその友人勇平を使って全国にラブホテルチェーンを作りあげようと計画していた。祐樹は事業に興味を持ち、アートの才能をいかしチェーンを二つの太陽に挟まれた「?スッキリサッパリ?」と名付け友人のみおを使ってユニークなCMを創る。 自分のホテルを五つ星にする夢を持つ父が、実はラブホテルを経営していることを何者かが週刊誌に売ってしまう。それは光聖に恨みを持つフロントで働く悠真。祐樹の父は最初、悠真を大学に送ろうとしていた。しかし気が変わって、より健康な光聖を大学に行かせた。精神に病を持つ悠真には耐えられないことであった。記事が出るのをギリギリで阻止した祐樹は再びホテルに出入りが許されるようになり、彼は家族を取り戻す。
24hポイント 0pt
小説 59,045 位 / 59,045件 BL 5,047 位 / 5,047件
文字数 55,681 最終更新日 2017.12.22 登録日 2017.12.22
3