苦悩と葛藤小説一覧

タグ 苦悩と葛藤×
3
1
青春 連載中 長編
──変わりたい。 心からそう願う人の夢にだけ現れる、不思議な空間『夢ノ中相談所』。 店主キブシの言葉によって、来訪者の心は僅かに…しかし確かに、彼らの望む方へと進み始める。
24hポイント 0pt
小説 84,859 位 / 84,859件 青春 3,685 位 / 3,685件
文字数 6,962 最終更新日 2020.08.03 登録日 2020.07.01
2
ライト文芸 完結 ショートショート R15
 都会の片隅のちょっと奥、華やかで薄暗い仕事に従事するエーコは同僚のサナから身の上話を聞かされる。  その語りは過去の思い出したくない記憶を刺激するもので……。  名を捨て昏い人生を進む女と、愛を理解できず壊れてしまった女の話……。  ※一、この物語はフィクションであり実在の人物・団体あるいは実際の事件とは一切関係ありません。人名、地名等が実在のものと符合した時、それは偶然の産物であることをご了承ください。  ※二、この物語はフィクションであり、作中の法制度は現実のものと齟齬がある可能性があります。  ※三、本作ではインモラルな表現が登場します。平気か否かは自身でよく考えてからお進みください。また、途中で気分を悪くした際は閲覧の中止を推奨します。
24hポイント 0pt
小説 84,859 位 / 84,859件 ライト文芸 3,740 位 / 3,740件
文字数 6,451 最終更新日 2020.06.14 登録日 2020.06.14
俺は『天才』を嫌悪する。 11歳の時、自分が「凡人である」と明確に理解した。 きっかけとなったのは、クラスに転校してきた白月蒼子という一人の少女。 彼女が持つ類まれなる才能を目の当たりにした俺は、生まれて初めて『天才』を実感した。 それと同時に、自分は決して『天才』にはなれない。一生凡人のままであるということを理解してしまった。 そんな『天才』を目の当たりにした俺にあったのは、感嘆でも驚愕でも羨望でもなく、 ——『嫌悪』だった。 そして、彼女はそんな『天才』に対して強い嫌悪感を抱くようになった俺に、わけもなく付き纏うようになった。 あれから6年。 高校2年生になった俺は未だに彼女に付き纏われていた。 「ねぇ——」 「うるせぇ。話かけんじゃねぇ。天才が感染る」 これは『天才』を嫌悪する凡人と、『凡人』に憧れる天才の物語。
24hポイント 0pt
小説 84,859 位 / 84,859件 ライト文芸 3,740 位 / 3,740件
文字数 246,158 最終更新日 2019.04.20 登録日 2018.11.20
3