両片想い小説(外部サイト)一覧

タグ 両片想い×
7
1
BL 連載中 長編 R18
某会社の営業部で働く大下は、仕事ができて面倒見のいい先輩である小柳に片想いをしていた。しかし立派な体格とは裏腹に肝がやや小さい彼は、自分の気持ちを必死に押し殺し、「単なる後輩」として小柳に接していた。そんなある日、酔い潰れた小柳を課長命令で自宅に連れ帰った大下だが、寝ていたと思っていた小柳に押し倒され……。
24hポイント 301pt
小説 100 位 / 19,126件 BL 5 位 / 910件
登録日 2020.04.19
2
BL 連載中 長編 R18
某大学の三年生である雨宮涼介は、生物学教授の槇拓斗に片想いをしていた。同性である彼に想いを告げることなどできなくて、切ない日々を送っている。ある日のこと、涼介は槇に教授控え室の掃除を頼まれた。以降、涼介は槇と親しくなるものの、かえって報われない片想いに苦しむことになってしまう。掃除要員として大事に扱われているのだと思い込む涼介に、槇は自室の掃除を頼んできた。掃除の後、涼介は槇宅の冷蔵庫に入っていた栄養ドリンクを飲むが、それはただの栄養ドリンクではなかった。ほてる体に困惑する涼介に、槇は「俺が責任を取るから」と言い、寝室へと連れ込み……。 第一章は涼介視点、第二章は槇視点です。
24hポイント 42pt
小説 524 位 / 19,126件 BL 27 位 / 910件
登録日 2020.06.17
3
BL 連載中 長編 R18
同じ職場の同僚である男性に片想いをしている上杉は、同性愛者であることや過去の経験、自分の容姿に自信がないことから、恋愛には消極的だった。こっそりと相手の笑顔を眺めているだけで満足していたある日、片想いしている瀬野尾から「相談に乗ってほしいことがある」と声を掛けられた。断り切れずに頷くと、なんと瀬野尾の部屋に招待される。自分の気持ちが露呈してしまうことに怯えていた上杉に対し、なぜか瀬野尾は笑顔で世話を焼いてくる。そんな瀬野尾の様子にドギマギしていた上杉は、強引に寝室へと連れ込まれ……。
24hポイント 29pt
小説 701 位 / 19,126件 BL 41 位 / 910件
登録日 2020.04.20
4
恋愛 連載中 長編 R15
 「進藤歩くん、私の彼氏になってくれませんか?」ある日、話題の美少女転校生、天宮六花に告白される俺。え、なんで? よくよく話を聞いてみると、本物の彼氏彼女ではなくて、フリをしてほしいとのこと。その理由は、何度も告白されて困っているから。なるほど、納得だ。俺が美少女転校生に告白されるわけがないからな。これも人助けの一環と思い、俺は恋人のフリを引き受けることにした。翌日から俺と天宮のニセ恋人生活が始まるのだけど……いつも一緒にいようとしたり、なんでも尽くそうとしたり、甘い誘惑をしてきたり、天宮の恋人のフリはやたら本気だ。なんで? ただのフリだよな……? これは、両片想いの二人が繰り広げる甘い甘いラブコメ。
24hポイント 15pt
小説 1,059 位 / 19,126件 恋愛 385 位 / 4,764件
登録日 2020.02.21
5
BL 連載中 長編 R18
本編全14話:5月4日より偶数日6時更新】とある会社で営業部に所属している後藤幸弥(受け)は、学生時代、野球部に青春を注いでいたこともあり、今もいい体格をしている。その顔付きは厳ついとまではいかなくても、明らかに男性的なものだ。幸弥は入社して以来、一年半もの間、不毛な片想いを続けていた。その相手というのは、同期の前田繁信(攻め)。『爽やか王子』と定評のある長身の男性だ。しかし自分の容姿に自信がない幸弥は苦しい片想いを続けることに疲れ、繁信への想いを忘れようと決意をする。そんな時、繁信が半ば強引に幸弥を部屋へと連れ込み……。★みやこBL&ML作品にしては珍しく、受け仔の体格が割といいです。ですがガチムチとまではいきませんので、ご了承ください。★男らしい容姿の自分を好きになってくれる男性はいないと思い込む受け仔と、そんな受け仔がとにかく可愛くて仕方がない攻め様のお話です。
24hポイント 8pt
小説 1,512 位 / 19,126件 BL 125 位 / 910件
登録日 2019.05.04
6
恋愛 完結 長編 R18
フラメ王国で毎年開催される音楽祭にゲストとして呼ばれることになった天才バイオリニストのアリア。演奏家としての名誉とともに、フラメ王国の第一王子とのデュオにも参加できることになる。憧れていた王子との共演、夢のようなひととき。叶わないはずの初恋が、アリアのメロディとともに響き始める――…
24hポイント 4pt
小説 2,191 位 / 19,126件 恋愛 905 位 / 4,764件
登録日 2015.01.05
7
恋愛 連載中 長編
上野芽衣は中1の時のたった一ヶ月間の同級生との初恋を引き摺りこじらせている高校2年生。  初恋の彼を忘れたい思いからなのか、彼とは真逆のタイプであるアイドル限定のイケメン好きに変貌。  現実にいる最強のイケメン小川拓人は、芽衣によくちょっかいを出してくるが、仲の良かった友達をこっ酷く振るようなゲスな同級生。不幸にも苗字は違えど名前が一緒だ。  リアルの恋愛なんてもう今はしたくないと、完全に諦めていた時だった。  夏祭りで暴漢に襲われ絶体絶命だった時、狐のお面をつけた男の子に助けられて……  顔も連絡先も分からないその男の子がいつの間にか頭から離れなくなっていた。  そのお面の男の子との再会は叶うのか?芽衣に現実の恋愛はできるのか……?  ※この作品は小説家になろうで投稿しています。
24hポイント 0pt
小説 19,126 位 / 19,126件 恋愛 4,764 位 / 4,764件
登録日 2020.08.03
7