時々残虐性が出てきます小説一覧

タグ 時々残虐性が出てきます×
2
1
ファンタジー 連載中 長編 R15
 俺は、どうやら死んでしまうようだ。  ”ようだ”と言ったのは、状況がよくわからないからだ、時間が止まっている?  会社のメンバーと、打ち上げをやった、その後、数名と俺が行きつけにしているバーに顔をだした。デスマ進行を知っているマスターは、何も言わないで、俺が好きな”ギムレット”を出してくれる。  2杯目は、”ハンター”にした、いつものメンバーできているので、話すこともなく、自分たちが飲みたい物をオーダした。  30分程度で店を出る。支払いは、デポジットで足りるというサインが出ている。少なくなってきているのだろう事を想定して、3枚ほど財布から取り出して、店を出る。雑踏を嫌って、裏路地を歩いて、一駅前の駅に向かった。  電車を待つ間、仲間と他愛もない話をする。  異世界に転生したら、どんなスキルをもらうか?そんな話をしながら、電車が来るのを待っていた。 ”ドン!”  この音を最後に、俺の生活は一変する。  異世界に転移した。転生でなかったのには理由があるが、もはやどうでもいい。  現在、途方にくれている。 ”神!見て笑っているのだろう?ここはどこだ!”  異世界の、草原に放り出されている。かろうじて服は着ているが、現地に合わせた服なのだろう。スキルも約束通りになっている。だが、それだけだ。世界の説明は簡単に受けた。  いきなりハードプレイか?いい度胸しているよな?  俺の異世界=レヴィラン生活がスタートした。 注意)  ハーレムにはなりません。  ハーレムを求める人はこの作品からは探せないと思います。
24hポイント 177pt
小説 6,085 位 / 124,645件 ファンタジー 1,482 位 / 31,987件
文字数 1,486,487 最終更新日 2021.09.11 登録日 2018.08.12
2
恋愛 完結 長編 R15
黒魔術や闇魔法。悪魔や幻獣の召喚。 様々な本を読んだ中で私が興味を持ったのはそういった物ばかり。 世間では十二病と言うらしい。 十二歳あたりの子供が発症する、物語病だ。お伽噺や英雄譚のお話に憧れ過ぎた若者特有の、アレだ。私は英雄譚よりも悪魔のお話に興味を持つちょっと残念な少女だった。 そんな私は悪魔を召喚する不思議な本を買った事で、まだ呼んでも居ないのに悪魔が勝手に召喚されてしまった。 召喚された悪魔は言った。 君は僕の番だと。
24hポイント 42pt
小説 13,178 位 / 124,645件 恋愛 5,760 位 / 37,165件
文字数 32,553 最終更新日 2020.02.26 登録日 2020.02.24
2