重い(いろんな意味で)小説一覧

タグ 重い(いろんな意味で)×
6
1
恋愛 完結 短編 R15
ヤンデレ聖女。 勇者を諦め切れず、こちらの世界にやってくる。
24hポイント 21pt
小説 17,281 位 / 101,468件 恋愛 7,174 位 / 27,856件
文字数 2,721 最終更新日 2021.02.21 登録日 2021.02.21
2
恋愛 完結 短編
低くも高くもない身長、でも私よりは高くて、ヒールを履いても抜かせないであろう高さ。すらっとした細めの身体は色白だけれど、不健康さを感じない。ビー玉みたいに綺麗な瞳にくっきりとした二重。鼻は高いのに尖ってなくて、唇も薄くはなく厚くもなくほんのり桜色。一度も染めたことが無さそうな綺麗な黒髪は癖もなく、剛毛でもなく、薄くもなく。芸能人かと思うくらいに小さい顔で整っていた。時間が止まったような感覚で、ついじっと見つめてしまう。――いかん、めちゃくちゃタイプ。
24hポイント 7pt
小説 24,035 位 / 101,468件 恋愛 9,992 位 / 27,856件
文字数 14,215 最終更新日 2021.03.13 登録日 2021.03.13
3
BL 連載中 長編 R18
『漢書』には「北方に佳人あり、絶世にして独り立つ。一顧すれば人の城を傾け、再顧すれば人の国を傾く。寧んぞ傾城と傾国とを知らざらんや。佳人再び得難し」とある。 その意味は 北の地方に絶世の美女がいる。一度振り向けば城を滅ぼし、再び振り向けば国を滅ぼす。城と国を滅ぼすことが重大なことだと知らないわけはないが、これほどの美女は二度と得られないだろうという内容なのだと言う。 一目見ただけで、君主がその美しさに迷って国政をないがしろにし、国を滅ぼしてしまう。それが傾国という言葉の意味することで、転じて日本では「遊女」の意味にも用いた。 誰が誰にとっての傾国になりうるのか、それは神のみぞ知る。つまりは誰にも分からないことなのだ。そして僕の話をこれからしようと思う。 僕の名前は片倉右京という。
24hポイント 7pt
小説 24,035 位 / 101,468件 BL 4,521 位 / 10,201件
文字数 387,434 最終更新日 2021.04.10 登録日 2020.10.25
4
BL 完結 長編
男にしては艶のある髪を顔の周りに纏わせ、憂いを帯びた表情と鋭い瞳で、私を睨めつけるのです。美しい男でした。
24hポイント 0pt
小説 101,468 位 / 101,468件 BL 10,201 位 / 10,201件
文字数 18,880 最終更新日 2020.05.15 登録日 2020.05.09
短編小説 ※内容にクセがございます。 閲覧後、 気分を害する可能性が御座います。 閲覧には、相応の耐性をお持ち下さい... では、お足元にお気を付けて...。
24hポイント 0pt
小説 101,468 位 / 101,468件 現代文学 5,279 位 / 5,279件
文字数 524 最終更新日 2020.04.05 登録日 2020.04.05
独りにしないって言ってくれたから
24hポイント 0pt
小説 101,468 位 / 101,468件 恋愛 27,856 位 / 27,856件
文字数 1,074 最終更新日 2018.12.01 登録日 2018.12.01
6