痣小説一覧

タグ ×
5
1
恋愛 連載中 短編 R15
生まれつき左胸の上に奇妙な形の痣があるラメルーシェ。その痣は年々大きくなり、どんな名医にかかっても原因は不明だった。 公爵令嬢であったラメルーシェには生まれた瞬間から婚約者がいたが、ラメルーシェは奇病にかかっているのだと医者から匙を投げられ時にここぞとばかりに婚約破棄されてしまう。 「そんな不気味な痣を持つ気持ち悪い女となど結婚出来ない」 婚約者であった第三王子はずっと前から浮気していて、その美しい恋人と新たに婚約をすると言い、すがり付くラメルーシェを殴ったのだった。 「王子の婚約者で無くなればもうお前に価値は無い」と父親からも見捨てられ……婚約破棄など不名誉だと、ラメルーシェは奇病で死んだ事にされ森の奥へと追放されてしまう。 残り少ないと思われる命が尽きるのをひっそりと待つ人生だったのだが……ラメルーシェが17歳になったその日に奇跡が起きたのだった。
24hポイント 85pt
小説 12,497 位 / 139,893件 恋愛 6,279 位 / 43,184件
文字数 24,191 最終更新日 2022.05.12 登録日 2021.12.02
2
恋愛 完結 短編
エルーナの顔には、生まれつき大きな痣がある。 その痣のせいで、彼女は醜い傷ありと蔑まれて生きてきた。父親や姉達から嫌われて、婚約者からは婚約破棄されて、彼女は、痣のせいで色々と辛い人生を送っていたのである。 ある時、彼女の痣に関してとある事実が判明した。 彼女の痣は、聖痕と呼ばれる選ばれし者の証だったのだ。 その事実が判明して、彼女の周囲の人々の態度は変わった。父親や姉達からは媚を売られて、元婚約者からは復縁を迫られて、今までの態度とは正反対の態度を取ってきたのだ。 流石に、エルーナもその態度は頭にきた。 今更、態度を改めても許せない。それが彼女の素直な気持ちだったのだ。 ※5話目の投稿で、間違って別の作品の5話を投稿してしまいました。申し訳ありませんでした。既に修正済みです。
24hポイント 78pt
小説 13,402 位 / 139,893件 恋愛 6,637 位 / 43,184件
文字数 22,130 最終更新日 2021.07.10 登録日 2021.06.29
3
恋愛 連載中 短編 R15
 ルフィナ・エーゼラ侯爵令嬢は、右頬に醜い痣があった。その為、顔の半分をベールに隠して過ごしていた。    初めて婚約者の第一王子アーガットに会って、一目ぼれをしたがアーガットに『気味が悪い。痣が移る』と邪険にされ、それ以降も蔑にされ続けた。  とうとう、16歳の夜会でルフィナはアーガットから婚約破棄を告げられ、王都近くの森に捨てられたのだ。  暴漢に襲われたルフィナは逃げる際、幌馬車に乗り込んでまた王都に帰ってきたのだが、侯爵家を追い出されたルフィナに行くところはない。  ルフィナは近くの食堂に下働きとして雇ってもらう事にした。
24hポイント 63pt
小説 14,850 位 / 139,893件 恋愛 7,407 位 / 43,184件
文字数 1,106 最終更新日 2021.12.27 登録日 2021.12.27
4
恋愛 完結 長編 R18
貴族の娘パトリシア・エレウィットには、顔に醜い痣があった。そのせいで家族からもひどい扱いを受け、年頃になっても結婚相手が見つからずに居た。  ある日、奇妙な紳士の噂を聞く。彼は『痣のある令嬢』を探していると言うのだ。その理由は『痣のある娘と結婚すれば、運が開けると占い師に言われたから』だった。
24hポイント 7pt
小説 34,319 位 / 139,893件 恋愛 15,866 位 / 43,184件
文字数 128,043 最終更新日 2020.01.11 登録日 2019.12.15
5
BL 連載中 長編 R15
生まれつき、体の至るところに大量の痣があるーーー異所性蒙古斑というものを患っていた黒木烏(くろきしょう)は、幼い頃からいろいろな人に嫌われていた。 そんな中、烏はある人に出会う。 その出会いが彼の人生を大きく変える事になった。 _________________________________ ハピエン目指してますが、いつの間にかバトエンに向かっていることがあります。 自衛してもらえると幸いです。 更新は、亀・カタツムリ以下だと思ってください。 感想は随時受け付けてます。(というか大歓迎) 少しでもあなたの性癖に引っかかれば嬉しいです。
24hポイント 0pt
小説 139,893 位 / 139,893件 BL 15,812 位 / 15,812件
文字数 34,467 最終更新日 2022.02.10 登録日 2021.11.04
5