小説 一覧

タグ 精霊使い ×
9
普通の女子高校生、朝野光莉沙(あさのありさ)は、ある日突然異世界召喚され、勇者として戦ってくれといわれる。 だが、同じく異世界召喚された他の二人との差別的な扱いに怒りを覚える。その上冤罪にされ、魔物に襲われた際にも誰も手を差し伸べてくれず、崖から転落してしまう。 その後、自分の異常な体質に気づき...!?
24hポイント 2,669pt
小説 331 位 / 30,721件 ファンタジー 185 位 / 11,115件
文字数 96,325 最終更新日 2018.07.05 登録日 2018.02.09
友達と異世界に行く方法を試したらほんとに来てしまった。が、友達と行こうとしたら、いなくなったので先に行った!!!
24hポイント 313pt
小説 1,684 位 / 30,721件 ファンタジー 761 位 / 11,115件
文字数 6,217 最終更新日 2018.07.15 登録日 2018.07.04
3
ファンタジー 連載中 長編 R18
目覚めたのはあれのまっ最中だった 男性に組み敷かれている自分に戸惑っていた (え?何?何やっ・・・) 「あんっ」 「ロゼッタ、私がそなたの元に来るのは今日が最初で最後だ」 (体が動かないなんて力、違うこれは精霊魔法) 「ロゼッタ!魔法は使えないんじゃなかったのか」 「使えますよ、うふっ全属性」 「なっ!それじゃ聖女じゃないか、結婚出来ない」 「それが嫌だから黙ってたの、だってルードヴィッヒ様の妻になって子供を作るのが夢ですもの」 「そんなことしたら魔法が使えなく・・・」 「使えてますわよ」 そう言うと裸の2人の周りに色とりどりの光が周り出した 「皆、おめでとうって言ってくれてる、一つ夢が叶ったねって」 結婚初夜に前世の記憶が戻り、混乱の中、皇太子を押さえつけて襲うという暴挙をした自己嫌悪真っ最中のロゼッタだった 最初拒否されて傷ついたロゼッタが再び王子と相思相愛になって行く 転生チート物語 拙い文章ですみません。
24hポイント 284pt
小説 1,831 位 / 30,721件 ファンタジー 826 位 / 11,115件
文字数 122,054 最終更新日 2018.05.01 登録日 2018.01.21
『正体(王弟)を隠して兵士になった少年が、更なる王国の危機を救う』  国境=王国の平和をかけ、いち兵士として戦う王弟アベル。親友のリマールのほか、さすらい戦士レイサーや精霊使いの少女ラキアとも再会し、別れた旅仲間が集結。謀略にかけられた捕虜たちの救出のため、仲間とともに脱出不可能の森へ・・・。  古風で王道、だけどライトな青少年文学。 ※ カクヨムでも掲載=完結しています。
24hポイント 235pt
小説 2,137 位 / 30,721件 ファンタジー 936 位 / 11,115件
文字数 131,095 最終更新日 2018.07.15 登録日 2018.03.17
「私を愛してると言って見せてくれた笑顔も、私を信じるって言った言葉も。 ―全部嘘だったんですね…。」 ミカエラは婚約者であるシュヴァルツ殿下から身に覚えのない罪を着せられ、婚約破棄を言い渡された。 「―お幸せに。」 彼女はシュヴァルツ殿下と、その隣に立ってこちらを見下しているアリエッタ嬢にそう答えた。 これは、婚約破棄を言い渡された彼女、ミカエラが深く傷ついた心を癒すために旅に出るお話。
24hポイント 120pt
小説 3,004 位 / 30,721件 ファンタジー 1,218 位 / 11,115件
文字数 23,252 最終更新日 2018.06.27 登録日 2018.03.17
6
ファンタジー 連載中 長編 R15
西暦2020年、世界に震撼を与える出来事が起きた。異形の存在が世界の各地に現れたのだ。各国の首脳たちは、その存在を神話でいう「魔物」と称した。 最初の方は核兵器などで善戦していたが、それも最初だけだ。よって、30年の間に世界人口が半分以下の約30億人まで減少した。 しかし、ただやられていただけではない。人類は神話にある「魔法」を研究し、実用化させたのだ。これによって人類は魔物に打ち勝つ力を手に入れたのだが欲に溺れた人間は、神話の「神」と契約する術を生んでしまった。 時は変わり西暦2143年現在、神従機関《イポターソ》が神を従えし者「神従士」を管理するようになった。世界各地に神従士を育成する学園ができた。 日本に存在する八百万学園に一人の少年が入学することにより、物語は始まる。 小説になろうで先行投稿してます。
24hポイント 85pt
小説 3,522 位 / 30,721件 ファンタジー 1,401 位 / 11,115件
文字数 98,293 最終更新日 2018.05.29 登録日 2018.04.06
「精霊使いの力、見せてやるっスよ!」 今から500年ほど前に世界各地に魔獣と呼ばれる異形な存在が出現し始め、その魔獣は人間を食い殺し、世界人口の約2分の1が魔獣によって殺された。 魔獣は銃や戦車による砲撃などの兵器を使用しても大したダメージを与えることができず、人類はなす術なく滅亡の危機に陥れられた。 しかし魔獣の出現と同時期に魔法という異能の力を持つ人々が現れ始めた。 魔法を扱える人間の数こそ少ないが、魔法による攻撃は魔獣にとって有効なものであるとわかり、各国で魔法を使えるもの達を集め、魔獣の討伐組織が結成された。 その組織の名は魔法省。 中でも最強と呼ばれる上位10人が冠位の10人(グランドマスター)とよばれており、今においてはヒーローのような存在だ。 そして現在、とある高校生入江康太もそんなヒーローに憧れ、魔法省への入団を夢見る男子ではあるのだが、残念なことに彼には魔法が扱えない。 世間の人から見れば魔法を使えない=一般人という方程式が成り立つのだが、彼にはそんな常識とはかけ離れた「力」を持っていた。
24hポイント 42pt
小説 4,771 位 / 30,721件 ファンタジー 1,800 位 / 11,115件
文字数 64,120 最終更新日 2018.07.09 登録日 2018.05.13
『一つの伝説とそれぞれの運命の物語。古典RPG風群像劇ファンタジー』 神と人間が共存していた大陸アルタクティス。それは、かつて大陸を救った救世主達をも意味する言葉。ところがこの時代、その生まれ変わりである者達はみな、精霊使いであるカイル以外は、まるでそれを自覚していない。それというのも、国を逃れてきたエミリオと、国を捨ててきたギルは共に、かつては英雄と讃えられていた大国の王子。レッドは大陸最強の資格を持つ伝説の傭兵。リューイは猛獣と共に樹海で育った格闘家・・・神秘の世界とは無縁の生活を送っていた彼ら。しかし・・・。  武勇に優れた若き王子、大陸最強の傭兵、ジャングル育ちの超人、そして精霊使い。 主人公達がそうでなければならない理由がラストにある。 精霊の石が紡ぐ一つの伝説と、それぞれの運命の物語が同時進行で進んでいく長編群像劇ファンタジーです。
24hポイント 28pt
小説 5,697 位 / 30,721件 ファンタジー 2,129 位 / 11,115件
文字数 1,664,593 最終更新日 2017.03.18 登録日 2016.05.21
『仲間とともに生きて王都へ・・・!』  神秘の山で育ち、風の声が聞けるという15歳の王弟アベル。親友の薬剤師と、そして屈強のさすらい戦士や精霊使いの少女と共に、兄と王国の危機を救うため苦難を乗り越え王都をめざす。古風で王道、だけどライトな青少年文学。  軽くファンタジー要素がありますが、小学高学年から幅広く対象にしている児童小説です。 ※ カクヨムでも掲載しています(改稿してますので、そちらが最新になります)。
24hポイント 21pt
小説 6,379 位 / 30,721件 ファンタジー 2,364 位 / 11,115件
文字数 177,423 最終更新日 2018.04.11 登録日 2017.11.03
9