赤い糸小説一覧

タグ 赤い糸×
7
1
恋愛 完結 短編
子爵令嬢のフランシスカには、10歳の時から婚約している大好きな婚約者のマーカスがいる。 マーカスは公爵家の令息で、子爵令嬢の自分とは何もかも釣り合っていなかったけれど、 とある理由により結ばれた婚約だった。 それでもマーカスは優しい人で婚約者として仲良く過ごして来た。 だけど、最近のフランシスカは不安を抱えていた。 その原因はマーカスが会長を務める生徒会に新たに加わった、元平民の男爵令嬢。 彼女の存在がフランシスカの胸をざわつかせていた。 そんなある日、酷いめまいを起こし倒れたフランシスカ。 目覚めた時、自分の前世とこの世界の事を思い出す。 ──ここは乙女ゲームの世界で、大好きな婚約者は攻略対象者だった…… そして、それとは別にフランシスカは何故かこの時から、ゲームの設定にもあった、 運命で結ばれる男女の中で繋がっているという“赤い糸”が見えるようになっていた。 しかし、フランシスカとマーカスの赤い糸は……
24hポイント 383pt
小説 3,652 位 / 148,339件 恋愛 1,808 位 / 46,746件
文字数 75,351 最終更新日 2021.09.07 登録日 2021.08.19
2
BL 連載中 長編 R18
俺は愛菜が幸せになってくれればそれでいいんだ。 ーーー 子持ちでありながら今年から大学生になる原崎澪は高校生の頃のトラウマや娘の愛菜を絶対に幸せにするという思いから家族以外には基本突き放すような態度を見せ印象が悪く見えるようにして生活している。 大学の入学式に行くはずだった澪だがうっかり日を間違えており登校初日に遅刻してしまう。。 作者の好みが詰め込まれた子持ちBLオメガバースです。お許しください。
24hポイント 14pt
小説 28,390 位 / 148,339件 BL 5,928 位 / 17,063件
文字数 19,149 最終更新日 2022.03.28 登録日 2022.01.17
3
恋愛 連載中 短編
26歳の誕生日に結婚式をすることにした主人公の小林 天(こばやし たかし)と佐藤 夏乃(さとう かの)。 最高の1日になる筈だったその日。夏乃は自らの命をたった。 泣き叫ぶ天は夏乃が着る筈だったウェディングドレスに触れた瞬間、結婚式1週間前にタイムリープする。 2人は最高の結婚式を迎えることができるのか?
24hポイント 7pt
小説 33,985 位 / 148,339件 恋愛 15,701 位 / 46,746件
文字数 797 最終更新日 2022.08.01 登録日 2022.08.01
4
BL 連載中 長編 R18
『赤い糸』にまつわる、二人の高校生の話。 赤い糸が見える高校生―稲葉陽希は、同じく赤い糸が見える青島俊也の告白現場を目撃してしまう。その時の、相手の女子生徒の赤い糸に向ける青島の眼が気になる陽希。 その日の放課後、陽希は教室で眠った青島を見つけた。声をかけようとして、彼の左手―途切れた赤い糸が揺れるそれに眼を奪われ、ふらりと手を伸ばした。 全三章構成。+で二人の初体験編を上げる予定です。 高校生同士の、ほのぼの青春物語。 青島×稲葉 受け視点です。
24hポイント 7pt
小説 33,985 位 / 148,339件 BL 7,337 位 / 17,063件
文字数 78,673 最終更新日 2021.09.15 登録日 2021.08.05
5
恋愛 完結 短編
「もうお前とはやっていけない!おしまいだ!」 「待って!お願い、信じて!」 アカリが恋人に振られた原因、それはアカリと赤い糸で繋がったある男性の存在であった。 赤い糸の力で何度もその男性と出会ってしまうため、恋人に浮気相手と疑われたのだ。 転生しても出会えるようにと遥か昔に結ばれた赤い糸に振り回され、嫌気が差していたアカリにある考えが浮かぶ。 「神様にまたお願いすれば、終わらせてくれるかも!」 「それは名案だ!最初にお祈りした大聖堂で赤い糸を断ち切って貰おう!」 同じく苦労していた運命の相手、ハヤテも賛同したため、大聖堂を目指すことになった。 紆余曲折ありながら大聖堂に辿り着くが、赤い糸の話を作り話だと思った司教にあしらわれてしまう。 「俺達が転生しているように、赤い糸を結ぶ時に見届けてくれた司教様も転生しているんじゃないか?」 話を信じてくれる司教を探して2人は駆けずり回り、ようやく生まれ変わった司教を見つけるが……。 赤い糸を断ち切るために模索する内に仲良くなっちゃう男女の物語です。 全6話、完結しました。
24hポイント 0pt
小説 148,339 位 / 148,339件 恋愛 46,746 位 / 46,746件
文字数 14,086 最終更新日 2022.01.26 登録日 2022.01.21
6
恋愛 完結 ショートショート
ある男の子が経験する不思議な話。 ある日首に赤い糸が巻きついていて… 地味ホラー、グロ注意の恋愛短編小説です。
24hポイント 0pt
小説 148,339 位 / 148,339件 恋愛 46,746 位 / 46,746件
文字数 517 最終更新日 2019.12.13 登録日 2019.12.13
 携帯しているスマートフォンに何件もの着信があったという事に山下宏典が気づいたのは、その最後から数えて大凡で小一時間は経過した後であった。愛機であるところのそのスマートフォンのディスプレイに表示されていた着信の数は十三件。そして、そのどれもこれもが同一人物からのものだという事を知った山下は、その人物からのものという事実に逡巡する。何故ならその人物とは、約半年前に別れてからこの日まで疎遠となっていた笹原由奈だったからだ。  逡巡が焦燥にクラスチェンジする中、山下は笹原にコールする。暫しして聞いた半年ぶりの声は、暗く沈んだ音色をしていた。イヤな予感がする。付き合っていた頃の事が蘇る。悪寒が走る。そしてそのとおり笹原が発した次の言葉は、自殺を仄めかすものだった。  結局のところ、笹原が命を落とすという事態にはならなかった。しかし、違う問題が提示された。笹原が自殺を図っていた際、何者かによる放火も同時進行していたのだ。全身に火傷を負った笹原は現在、病院で生活している。山下は足繁くお見舞いに通う。半年ぶりの再会と笹原が背負う現状に、山下の心は激しく揺れ動く。罪悪感。そして、背徳感。山下は笹原に溺れていった。  そんな中、笹原を担当する医師でもある芹澤が殺害される。犯人は放火も実行した人物だった。山下は複雑な心境を内包しつつ、笹原との今後を考える。  一方で笹原は、事態の経過に大満足していた。これは、恐ろしい企みと危ない賭けによって漸く手にした幸せだったからだ。  そう、全ては。  笹原の思惑どおりに進んでいた。  ………、  ………、  筈だったのだけれど。
24hポイント 0pt
小説 148,339 位 / 148,339件 大衆娯楽 4,856 位 / 4,856件
文字数 254,710 最終更新日 2019.10.13 登録日 2019.10.13
7