看板娘小説一覧

タグ 看板娘×
3
1
恋愛 完結 短編
パン屋の看板娘のホリーは、もさもさ頭の常連さんのことがとっても気になるお年頃。 ある日、魔術師の塔にいった時に話しかけてきたのは、イケメン魔術師団長だった。 「お客さん、うちのお店に来てくれたことあるんですか?」 「ん? 今朝も行ったけど」 「え、モサ男さん?!」 「モサオ? 俺はメイナードだけど」 なんと、イケメン魔術師団長はあのモサ男さんだった?! しかしメイナードは、イケメンなのに笑顔を見せてくれない男だったのである。 メイナードの笑顔を見てみたいホリーと、笑わない師団長の、恋のお話。 他サイトにも投稿しています。
24hポイント 14pt
小説 30,415 位 / 140,291件 恋愛 13,701 位 / 43,397件
文字数 12,959 最終更新日 2022.03.12 登録日 2022.03.12
勇者に唯一の恋人を奪われた騎士、エデル。 彼は恋人を奪われたその時から、何かに取り憑かれたかのように戦場の前線に立ち続けた。  何時でも氷点下まで冷めきった顔、しかしエデルは幾度も撤退時には殿を務め、撤退する仲間に迫る敵軍の魔の手を食い止めながらも、敵部隊を半壊させ、前線を維持するという偉業も何度も成し遂げる、軍人の鏡のような活躍をする。  表情は冷めきっていても、その手から救われた兵士、国民は数知れず、何時しかエデルは『救国の戦槍』と英雄と同様に称えられるようになった。   しかし、エデルはそれに喜びを示すことはなく、その日も戦場で殿を務め、且つ前線を維持する。 ──戦うことしか、自分にはない 恋人が、何時か振り向いてくれるのを願って、エデルは今日も戦場で斧槍(ハルバード)を振るい続ける──が、心身ともに限界が近づき、遂にそれまで感情を押し殺していたエデルはある日、敵兵士の死体が転がる血生臭い戦場の中心で、感情吐き出してしまう。 その時、唐突に現れた謎の少女に出会い、エデルの人生は変わっていく。
24hポイント 7pt
小説 35,345 位 / 140,291件 ファンタジー 6,286 位 / 34,290件
文字数 29,295 最終更新日 2019.01.05 登録日 2018.12.23
3
恋愛 完結 ショートショート
 島唯一のラーメン屋の看板娘の咲と主人公のショートショートラブストーリー
24hポイント 0pt
小説 140,291 位 / 140,291件 恋愛 43,397 位 / 43,397件
文字数 498 最終更新日 2020.11.22 登録日 2020.11.22
3