三毛猫小説一覧

タグ 三毛猫×
4
 『温もりが欲しい』  それが死ぬ間際に自然とこぼれ落ちた願いだった…。  そんな願いが通じたのか、彼は転生する。  意識が覚醒すると体中がポカポカと毛布のような物に包まれ…時々顔をザラザラとした物に撫でられる。  周りを確認しようと酷く重い目蓋を上げると、目の前には大きな猫がいた。  俺はどうやら猫に転生したみたいだ…。
24hポイント 35pt
小説 11,578 位 / 87,491件 ファンタジー 2,480 位 / 24,808件
文字数 60,290 最終更新日 2020.09.04 登録日 2020.06.15
ある『悩み』を抱える僕。 そんな僕は、ある日の学校からの帰り道、『三毛猫喫茶』に入る。 その『三毛猫喫茶』は、離れ離れになっていた初恋の幼馴染の店だった。 僕は、自分の『悩み』がもとで彼女を傷つける。 でも、僕がその『三毛猫喫茶』と出会ったのは、運命ともいえる天文学的な確率だったんだ。 天文学的な確率…いや、運命の出会いがもたらす心温まる青春恋愛ストーリー。 五章の本編で贈ります。
24hポイント 0pt
小説 87,491 位 / 87,491件 恋愛 23,743 位 / 23,743件
文字数 15,081 最終更新日 2020.05.16 登録日 2020.05.16
3
児童書・童話 完結 ショートショート
町で人気の黒い野良猫のクロ でも本当は、毎日独りぼっちで泣いていました
24hポイント 0pt
小説 87,491 位 / 87,491件 児童書・童話 1,670 位 / 1,670件
文字数 4,850 最終更新日 2019.11.21 登録日 2019.11.21
 動物アレルギーである、〝僕〟。  しかし、なぜか犬猫(ワンニャン)に好かれてしまう男。  そんな男のところへ三毛猫がやってくる。  しかも。  その猫は、オス。  オスは幸運のシンボルとされていることもあって、男は幸運の鍵のように猫を大切に扱うようになっていく。  でも毎日はからわず、散々で。  アルバイトしていた会社が倒産したり、  恋人の家族トラブルに巻き込まれたり、  恋人にフラれる寸前だったり。  目先の苦悩とさらに先の幸運を天秤にかけ、幸運のほうへと気持ちが傾いた男の、アレルギーと闘う命がけの日々がはじまる。
24hポイント 0pt
小説 87,491 位 / 87,491件 現代文学 3,924 位 / 3,924件
文字数 34,234 最終更新日 2019.02.16 登録日 2018.12.25
4