よろず屋小説一覧

タグ よろず屋×
2
 若くして将来に悲観した主人公……和樹(カズキ)。富士の樹海で自ら命を断とうとしたところ……三途の川でひと騒動起こし、偶然蘇生してみたら幾つもの霊能力が身に付いていた。  重いペナルティを受けるが、仏様に授けられた使命を全うしてその危機を回避する為……手にした霊能力で仕事をする事を決意!  テレビ番組……学校の七不思議……警察の捜査協力……等々、依頼は様々だ。生者・死者・妖怪を問わず、困っている者達を救うべく彼は奔走する。  偶に助けてくれるお地蔵様、座敷童子を始めとした奇怪な同居人も増えていき……彼が望んだ平穏な日常は、段々奇々怪界な物へと変わっていくのだった。 ※この作品はフィクションです。 実在する個人・団体名・用語等々は関係ありません。諸説や解釈もあまりツッコまず、緩く流してお読み下さい。
24hポイント 21pt
小説 11,542 位 / 51,112件 キャラ文芸 203 位 / 1,280件
文字数 187,698 最終更新日 2018.01.23 登録日 2017.11.15
「いらっしゃい。此処は扱っていない品物はない、アメミヤのよろず屋だ」 アメミヤのよろず屋を経営する若き店主、シルカ・アベルフォーン。彼の仕事は店に訪れる冒険者たちに冒険の役に立つ品物を売ったり、彼らから持ち込まれる品物を買ったりすることである。 しかし彼の店に訪れる冒険者たちは、買い物をせずにこぞって彼を遺跡やダンジョンへと連れて行きたがるのだった。理由は単純、皆彼が持つ錬金術の力が欲しいからだ。 今日もシルカの元には、彼を口説こうとする冒険者たちが集う。シルカが平穏な暮らしを送れるようになるのは一体いつになるのやら…… これは、平穏な暮らしを夢見るよろず屋の店主が店を経営しながら世界各地のダンジョンを駆け回る、忙しない日常の物語である。
24hポイント 0pt
小説 51,112 位 / 51,112件 ファンタジー 16,728 位 / 16,728件
文字数 278,574 最終更新日 2018.01.06 登録日 2017.10.27
2