情報屋小説一覧

タグ 情報屋×
10
1
BL 完結 長編 R18
情報屋のユキは重度のヤンデレです。シノン好き過ぎて壊れてます。
24hポイント 28pt
小説 14,408 位 / 100,321件 BL 2,514 位 / 9,950件
文字数 5,114 最終更新日 2019.03.16 登録日 2018.09.21
2
BL 完結 短編 R18
<あらすじ>  エレンザードの正統な王位継承者である王子、ジュリアンは、城の情報屋であるリアムと秘密の恋人関係にあった。城内でしか逢瀬できないジュリアンは、最近顔を見せないリアムを寂しく思っていた。  そんなある日、幼馴染であり、執事のエリックからリアムが治安の悪いザード地区の居酒屋で働いているらしいと聞き、いても立ってもいられず、夜中城を抜け出してリアムに会いに行くが……  俺様意地悪ちょいS情報屋攻め×可愛い健気流され王子受け
24hポイント 21pt
小説 16,532 位 / 100,321件 BL 2,863 位 / 9,950件
文字数 30,686 最終更新日 2020.10.31 登録日 2020.10.26
王国には噂があった。 それは、治療困難と言われた病気を治したと言われる医師がいる…、わずか一月で一流の薬剤師と同じ腕前になった薬剤師がいる…、潰れかけた店を立て直した料理人がいる…、騎士団長ほどの実力がありながら、騎士団に所属せず、頼まれたときにのみ手を貸す傭兵がいる…、どんな依頼でも必ず成功させる凄腕の冒険者がいる…、そしてどんな情報でも必ず手に入れる情報屋がいると…。 しかし、これらの噂の人物たちはどこで産まれ育ち、どこに住んでいるのか、またどうしたら会えるのかは誰も知らないと…。 ただどうしても会いたいときにはその人物が導いてくれるという噂があった。
24hポイント 14pt
小説 19,402 位 / 100,321件 ファンタジー 3,827 位 / 26,946件
文字数 32,326 最終更新日 2018.08.04 登録日 2017.08.13
乙女ゲームの世界に転生した者(複数)が、不遇な扱いを受けた少女エメラルダを救うために、専門分野を駆使してサポートする話です。(※重複投稿作品)
24hポイント 7pt
小説 23,065 位 / 100,321件 ファンタジー 4,797 位 / 26,946件
文字数 4,324 最終更新日 2021.01.05 登録日 2020.12.29
青春の青空が広がっていた8歳の頃 着物を着た綺麗な女性と出逢った 華やかなお祭りの中に佇む異様な光景 すべては、鉄臭い朱色に一変する。 数年後、情報屋として彼女を探しながら、色々な出逢いを重ね、色々な物語に触れていく。描く未来は何色か。 ミステリー短編小説、第一弾!
24hポイント 0pt
小説 100,321 位 / 100,321件 ミステリー 2,430 位 / 2,430件
文字数 13,287 最終更新日 2020.12.28 登録日 2020.10.19
 情報屋だった主人公。彼は裏社会等で有名だった。有能な者として。  秀れた情報収集力をもっており、彼の前では隠す事なんて一切出来ず、どんな事さえも丸裸にさせられた。  そのため、恨まれることも憎まれることも多々あり、彼はそれを一蹴できる人脈と彼自身の力をもっていた。  彼は、彼の人生はそれなりに幸せだった。そう、幸せだったのだ。 “彼は1番信頼できる人に裏切られるまでは” 彼は死に、別世界の平民として転生した。  目が覚めたのは8歳の時、そして転機が起こったのは10歳の頃。彼のステータス登録をした時からだった。 今度は彼は世界に裏切られることになる。  転生した先はスキルで大幅の人生が決まっている世界だった。この世界でスキルは5つ。常スキル3つに特スキル2つだ。  常スキルレベルは1-50/50あり、50/50に到達したのはあの勇者だけである。 *特スキルレベル表示なし(主人公、勇者を除く)*  そして1番肝心なところが、常スキルは必ず1つは持っていて、生まれたばかりの赤子でもレベル2はあるとこのこと。  主人公は、常スキルを一つも持っていないどころか、特スキルのレベルは1/1だった。 レベル1はもう赤子と同等、いや、赤子以下であった。  役立たずと蔑まれ、家を追い出された主人公は冒険者になることを決意する。 ここでもまた主人公に不運が襲い掛かった。  なんやかんやで冒険者登録はさせてもらえず、荷物持ちとして、活動することになった主人公。  そこそこうまくやれてたと思っていた。だが、それは彼の想像だった。彼は再び裏切られる。  常スキルさえあればと何度も思った。 彼は優しさを捨てきれなかった。前世でも、今世でも。だから、何度も裏切られた。  魔物に襲われる直前、彼は初めてスキルを使った。使えないと思っていたスキルは使わなかっただけだった。彼は魔物を驕った。  前世の記憶がなければ、彼は一生気づけないままだったかもしれない。だが、彼は前世持ちだった。  彼は一つのことに思い当たる。 「あれ…このスキルレベル…分数だよな?」 50/50=1/1=MAX 特スキルに至っては、かの勇者よりも上なことに気づく。常スキルは必要なかった。 「この国は、この世界は腐ってやがる。」 「…俺はもう誰も信じない。俺が信じるのは俺と俺が集めた情報だけ。」 「わかっていたことじゃないか。この世界でも情報が命だ。情報が全てだ。」 ギルドにあのパーティに戻る気さえ起きなかった。 「俺がこの国を、世界を、情報のみで支配してやる。」 *1週間に一度、更新がんばります。 *捗ったら頻度上がる…かと。下がるかもしれないので期待はしないでくださいぃぃ… *暫くは前世編です。転生チート、ざまぁまで暫くお待ちください。
24hポイント 0pt
小説 100,321 位 / 100,321件 ファンタジー 26,946 位 / 26,946件
文字数 10,317 最終更新日 2020.12.12 登録日 2020.11.21
寒冷地帯ばかりが広がり、獣人が覇権を握る世界。北方のルージア連邦中部、アニシン領領都、ヤノフスキー市。 政府公認であらゆる仕事をこなす「エージェント」と、エージェントに仕事の情報を提供する「情報屋」が多く集まるこの町には、「ヤノフスキーの夜鷹」と呼ばれる凄腕の情報屋がいることで知られていた。 集める情報には万に一つの嘘もなく、どんな小さな情報でも裏では大きな案件に繋がり、市内の隅々にまで目が届くと噂される情報屋は、決まってヤノフスキー市内の酒場を仕事場にしている。 その情報屋であり、表向きは酒や酒場についての紹介記事を書くエッセイストであるルスラーン・ナザロフは、毎夜市内を渡り歩きながら、静かに酒を飲み、自分の隣に座ったエージェントと情報のやり取りをしていた。 時には賑やかに、時には粛々と。時にはエッセイストの顔で、時には情報屋の顔で。朝の市場で、夜の酒場で。 これは、混沌と腐敗が蔓延る世界で、その腐敗を断罪するエージェントを裏から支える、一人の男の話である。 ※カクヨム様、ノベルアップ+様、エブリスタ様、ノベリズム様にも投稿しております。 https://kakuyomu.jp/works/1177354054894684067 https://novelup.plus/story/554582217 https://estar.jp/novels/25627816 https://novelism.jp/novel/RSH9NineTpyY_LIzp4bU0g/
24hポイント 0pt
小説 100,321 位 / 100,321件 ファンタジー 26,946 位 / 26,946件
文字数 108,098 最終更新日 2021.04.03 登録日 2020.04.13
ある程度裏世界では名の通っていた情報屋がおくる病弱王子(最強)の物語。 情報屋は第1皇子であり公の場に全く姿を見せない病弱王子から依頼を受けることになる。その依頼内容は子守りとも呼べるものだった。 感想た意見などくれると小説を書く励みとなり嬉しいです! ※情報屋が主人公 前に挙げてたものを加筆したものです。
24hポイント 0pt
小説 100,321 位 / 100,321件 ファンタジー 26,946 位 / 26,946件
文字数 22,440 最終更新日 2020.05.19 登録日 2020.05.04
 ある日突然怪しげな婆さんに出会い幽霊が見えるようになってしまった女と、【本物】を探し求める極道の男が出会う。  生きている人間と、死んだ人間の区別がつかない女が生活するために選んだ職業は占い師だった。  ヤクザの幽霊に能力を買われて軽い気持ちで情報屋としての仕事を引き受けたのだが……。愛憎の渦に巻き込まれていく──。生と死の間で生きる女の話。  霊力を隠して生きる女と、ヤクザである事を隠している男……本名すらも知らない二人──思い合う気持ちは本物なのにどうしてこんなにも上手くいかないのだろう……。 ※ 一章のみ完結しました。二章執筆準備中でしたが、仕事の都合上まだまだ先になりそうなので一旦完結にします。申し訳ありません。執筆できたらまた投稿します。
24hポイント 0pt
小説 100,321 位 / 100,321件 ライト文芸 4,361 位 / 4,361件
文字数 230,477 最終更新日 2019.11.08 登録日 2019.08.06
10
キャラ文芸 連載中 長編 R15
夜の蝶が羽ばたく新宿二丁目にひっそりとあるBAR「タンホイザー」――オペラを愛し、魅せられた三人の裏家業は『抹消屋』である。オーナーのワーグナー、居候のヴェルディ、見た目だけが子供のアマデウスは偉大なるオペラ作曲家の魂を持って生まれた者。三人の異能力者は、今夜も鮮やかで狂った『オペラ』を上演する。
24hポイント 0pt
小説 100,321 位 / 100,321件 キャラ文芸 2,630 位 / 2,630件
文字数 21,010 最終更新日 2018.07.09 登録日 2018.07.05
10