ちょっと不思議小説一覧

タグ ちょっと不思議×
35
1
キャラ文芸 連載中 長編 R15
家なし、職なし、貯金なし。 如月紗和子に残されたのは、家政婦のスキルと不思議なものを見る目。 途方に暮れる紗和子に追い打ちをかけるように、父が勝手に決めた婚約者と揉めている紗和子と愛犬の春ノ助を救い、手を差し伸べてくれたのは、亡き姉夫婦の娘を引き取り育てるシングルファザーの小花衣千春だった。 千春には、どうしてもすぐに結婚しなければならない事情があり、紗和子も親の決めた結婚を回避するため二人は契約結婚をする。 そこで紗和子は、家政婦のスキルを活かして千春親子の生活を整える日々を送るはずだったのだが、小花衣家に筍(たけのこ)を抱えた来客が――⁉ 紗和子さんの美味しいご飯を通して繋がる絆の物語。 毎日19時更新予定です! *この物語はフィクションです。 *流血、暴力、暴言、ストーカーなどの表現があります。 *無断転載は固く禁じます。
24hポイント 149pt
小説 7,828 位 / 148,347件 キャラ文芸 71 位 / 3,439件
文字数 100,553 最終更新日 2022.04.11 登録日 2022.03.26
三月六日。その日、僕は事故にあった――らしい。 そして三十六日間の記憶をなくしてしまった。 なくしてしまった記憶に、でも日常の記憶なんて少しくらい失っても何もないと思っていた。 記憶を失ったまま幼なじみの美優に告白され、僕は彼女に「はい」と答えた。 楽しい恋人関係が始まったそのとき。 僕は失った記憶の中で出会った少女のことを思いだす―― そして僕はその子に恋をしていたと…… 友希が出会った少女は今どこにいるのか。どうして友希は事故にあったのか。そもそも起きた事故とは何だったのか。 この作品は少しだけ不思議な一人の少年の切ない恋の物語です。 イラストはいもねこ様よりいただきました。ありがとうございます!
24hポイント 56pt
小説 14,218 位 / 148,347件 ライト文芸 204 位 / 6,151件
文字数 132,291 最終更新日 2022.05.23 登録日 2022.04.28
3
ホラー 完結 ショートショート
山道を歩いているとき、こんな出来事ありませんか?
24hポイント 42pt
小説 16,625 位 / 148,347件 ホラー 149 位 / 5,098件
文字数 173 最終更新日 2022.07.23 登録日 2022.07.23
東京郊外のこじんまりとした喫茶店。そこが俺、仁科 廉佳(にしな れんげ)の勤め先だった。 ほとんど人の来ない寂れた喫茶店で、今日も俺は暇を持て余す。店内にいるのは、俺とマスターと、そして。 しがない喫茶店の店員、廉佳(れんげ)とおかしな常連、夾竹桃――通称キョウさんとのありふれていて、だけど少しおかしな日常。 今日もキョウさんはおかしな話ばかりしている。だけど、どうしてか。俺はつい、いつもその話の中に引き込まれてしまって。俺はここにいて、その話の中に登場していないはずなのに。
24hポイント 42pt
小説 16,625 位 / 148,347件 キャラ文芸 142 位 / 3,439件
文字数 47,240 最終更新日 2022.01.30 登録日 2021.12.30
『ヤマビコさん』と呼ばれる者たちがいる。 ヤマビコさんの役目は、人の想いを手紙や文字などの形に起こしてもらい、それを歌詞として曲をつけること。そうして、歌詞を書いた人とヤマビコさんとで歌うことにより、本来であれば伝えられなかった言葉や、伝えきれなかった想いを距離や時間を超えて伝えることができる。 これはその中でも、とある「悲しい歌」を歌うヤマビコさんのお話である。
24hポイント 0pt
小説 148,347 位 / 148,347件 ライト文芸 6,151 位 / 6,151件
文字数 16,693 最終更新日 2022.04.30 登録日 2022.04.30
猫の言葉がわかるなんて、猫好きにはたまらない。 でも話せたら話したで、実は可愛さ半減してしまうかも? これは、たった数日間のちょっとした不思議体験物語り。 ※完全オリジナルで ※主人公語り ※短編、5話で終わりです。 ※第五回ライト文芸大賞ノミネート ※番外編更新中! よろしくお願いします!
24hポイント 0pt
小説 148,347 位 / 148,347件 ライト文芸 6,151 位 / 6,151件
文字数 5,704 最終更新日 2022.05.01 登録日 2022.04.09
AP
ドアを開けて覗いた。 外は静かで、もう皆学校に行ってて、誰もいなくて。 私は外をちょっと覗いて、あっちの方もこっちの方も見て。 遠くの廊下の先では太陽の白い光が床に差し込んでるのが見えた。 私は。 私は・・・。 少しの間、静かな廊下の周りを見ていて。 それから、やっぱり、頭を引っ込めて。 部屋の扉をゆっくり閉めた。 《『あの子』と少女は少しずつ、少しずつ、変わって・・・いく?》 《取り巻く世界も変わって・・・いく?》
24hポイント 0pt
小説 148,347 位 / 148,347件 キャラ文芸 3,439 位 / 3,439件
文字数 493,984 最終更新日 2022.01.30 登録日 2021.12.30
8
児童書・童話 完結 ショートショート
昔、世界には「色」ってものがあったらしい。
24hポイント 0pt
小説 148,347 位 / 148,347件 児童書・童話 2,556 位 / 2,556件
文字数 1,207 最終更新日 2021.03.12 登録日 2021.03.12
子供の頃から夢の中で行きつけの本屋がある。高校に入学してから、その店に一人の男の子が現れるようになった。現実でも見覚えのない同年代の男の子だが、二年に進級した日に夢とそっくりの同級生、七森が現れた。夢では人懐っこい笑顔を見せてくれるのに、現実では無口で無表情な彼が次第に気になって、ひっそり観察してしまう女の子の話。
24hポイント 0pt
小説 148,347 位 / 148,347件 恋愛 46,756 位 / 46,756件
文字数 5,977 最終更新日 2020.11.22 登録日 2020.11.22
時代考証がふわっとしています。しかし、今では差別的に見られる表現もあります。そういう時代だと思ってほしいです。 昔の日本、大学生の洋吉は死んだ叔父のものを整理していた。そんなとき、古本屋朝霧の店主、三津堂(みつどう)と出会う。そうして、黒い影が二人を襲う。 三津堂が見せる世界に、次第に洋吉は魅了されていくのだった。 嘘か、誠か、夢か、それを決めるのは読者であると、勝手に思っている次第。
24hポイント 0pt
小説 148,347 位 / 148,347件 ファンタジー 35,351 位 / 35,351件
文字数 129,662 最終更新日 2020.11.25 登録日 2020.07.29
「ツイッターやめました。これはある意味自殺である」 ○ムヤミに大仰な出だしでおおくりする、つれづれなるままにその日ぐらしで、貴重な時間を無駄に消費する世捨て人が主人公の、厭世的でエッセイ風のちょっとヘンな短編ものがたり。 ●ツイッターをやめ、無意味な日常をおくっていた女のもとに、突然あらわれた男の子。しだいにその子供は女にとってかけがえのない存在になっていく。
24hポイント 0pt
小説 148,347 位 / 148,347件 ライト文芸 6,151 位 / 6,151件
文字数 13,651 最終更新日 2020.07.08 登録日 2020.07.08
12
ホラー 連載中 ショートショート
 彼女が二人いる愛すべき莫迦と、恋人達(腹黒美女とオタク)が親友同士な円満な三角関係がホラーな体験をする短編集。ほのぼのな不思議系をまとめていきます。
24hポイント 0pt
小説 148,347 位 / 148,347件 ホラー 5,098 位 / 5,098件
文字数 1,320 最終更新日 2020.03.26 登録日 2020.03.25
彼には盗癖があったが、運命的に出会った彼女との平凡な幸せを夢見て、まじめに暮らそうと努力する。ある日、彼女は祖母の形見だというペンダントを彼にみせる。涙型をしたそれは不思議な色に輝き、見るものを魅了する。彼は彼女の宝物を絶対に盗むまいと心に決める。にも関わらず、ペンダントはどこかに消えてしまう。彼女は彼を責めることはなかったが、そこから破滅ははじまっていく、、。
24hポイント 0pt
小説 148,347 位 / 148,347件 現代文学 6,582 位 / 6,582件
文字数 3,993 最終更新日 2019.08.03 登録日 2019.08.03
「昨日、寝ていたら枕元に神様がきてね、私を天使にしてくれるって。そう言ったの」さゆりちゃんは言った。私はさゆりちゃんがうらやましくて、さゆりちゃんのお弟子さんにしてもらうことにした。女の子なら誰もがあこがれる天使の存在。少し天然な主人公の勘違いな魔法をめぐって、奇妙な物語に巻き込まれていく。幼少期、思春期、成熟期と少女の成長を追っての3部構成。
24hポイント 0pt
小説 148,347 位 / 148,347件 現代文学 6,582 位 / 6,582件
文字数 8,751 最終更新日 2019.07.24 登録日 2019.07.22
ランドセルの中には色々なものが詰まっていた。けれど、どの中身も僕の興味を引かない。ランドセルには毎日、与えられたものが詰め込まれていく。やがて、ランドセルはいらないもので溢れかえってパンパンに腫れ上がる。僕はある日、山の上のクリーニング店を訪ねる。クリーニング店はランドセルを新品のようにきれいに洗い上げてくれた。しかし、その先には思いも寄らない展開が待っていた。
24hポイント 0pt
小説 148,347 位 / 148,347件 現代文学 6,582 位 / 6,582件
文字数 5,678 最終更新日 2019.07.21 登録日 2019.07.21
僕はドーナッツが大好きだ。僕は家族から追いやられ施設に入れられる。でも、家族はつながっている。ドーナッツのように。ドーナッツの上を歩いていれば、いつかは元に戻ることができる。
24hポイント 0pt
小説 148,347 位 / 148,347件 現代文学 6,582 位 / 6,582件
文字数 2,326 最終更新日 2019.07.14 登録日 2019.07.14
子供の頃、6本指の男の子がいて、私はその子に憧れていた。何か自分だけの特別なもの。私だけの大切なもの。私はずっとそれが欲しかった。ある日、健康診断で見つかった小さな肝のう胞。それは私を幸せにしてくれた。
24hポイント 0pt
小説 148,347 位 / 148,347件 現代文学 6,582 位 / 6,582件
文字数 4,346 最終更新日 2019.07.09 登録日 2019.07.09
きりんは僕の通う店にいた。「首が長いからきりん。そう覚えてね」彼女は言った。彼女の願いは叶えられた。けれど、願いが叶い過ぎた彼女は不安を抱えている。彼女は心配のあまり深刻な不眠症だった。僕は間もなく死を迎えようとしている。築き上げた莫大な財産に意味がなくなるのだ。最後に僕らが望んだのは、ささやかなもの。
24hポイント 0pt
小説 148,347 位 / 148,347件 現代文学 6,582 位 / 6,582件
文字数 7,375 最終更新日 2019.07.09 登録日 2019.07.09
いじめられっ子の彼。どこに行っても彼は虐げられる。みじめな生活を送っている。いつしか自殺は彼のステータスとなっていく。リストカットは彼の生きる活力を生み出す行為なのだ。ある日、いつもように通りかかった不良グループにいじめられていた彼だったが、死んだのは彼に暴力を振るっていたグループのリーダー格のトモダチの方だった。
24hポイント 0pt
小説 148,347 位 / 148,347件 現代文学 6,582 位 / 6,582件
文字数 3,345 最終更新日 2019.07.03 登録日 2019.07.03
僕はカレー専門店の店長だ。僕の作るカレーは暗黒のように真っ黒い。僕はそのカレーを17年煮込み続けている。その間に僕は恋人を殺し、大学のサークル仲間を殺し、新しい恋人まで殺してしまった。黒いカレーにはそんな彼らの亡骸と残された思いが溶け込んでいるのだ。そのカレーを求めて、連日、僕の店にはたくさんの客が訪れる。
24hポイント 0pt
小説 148,347 位 / 148,347件 現代文学 6,582 位 / 6,582件
文字数 6,850 最終更新日 2019.07.03 登録日 2019.07.03

僕はある日、森の中で兄の死体を見つけた。それから兄の死体が腐敗し朽ちていく様を見るのが僕の日課となった。兄の遺体に様々な生き物たちが集っていた。僕と兄は森の中で二人だけの親密な時間を過ごした。
24hポイント 0pt
小説 148,347 位 / 148,347件 現代文学 6,582 位 / 6,582件
文字数 3,987 最終更新日 2019.07.03 登録日 2019.07.03
22
現代文学 完結 短編 R15

「鳥に鳴き方を教わったんだ」 そう言って彼は器用に鳥の鳴き声を真似た。 彼は僕の恋人だった。
24hポイント 0pt
小説 148,347 位 / 148,347件 現代文学 6,582 位 / 6,582件
文字数 1,710 最終更新日 2019.07.03 登録日 2019.07.03
ジャンケンをすれば負けることもあるよ。でも、私は負けたくないのよ。男女のジャンケンはある種の駆け引き。どちらが主導権を握るか、彼らは互いを牽制し合う。
24hポイント 0pt
小説 148,347 位 / 148,347件 現代文学 6,582 位 / 6,582件
文字数 2,172 最終更新日 2019.07.03 登録日 2019.07.03

僕は鳥なのだ。僕は羽ばたこうとするが、長い足がそれを妨げる。僕は長い足とともに旅に出る。僕の夢は大空を羽ばたくことだ。
24hポイント 0pt
小説 148,347 位 / 148,347件 現代文学 6,582 位 / 6,582件
文字数 1,426 最終更新日 2019.07.03 登録日 2019.07.03
ママは死者が乗る列車をホームで待ち続けていた。ホームは果てしなく長く、その果ては闇の中に消えていた。ホームには一台の電話が設置されている。それは下界の自殺志願者と繋がる電話。電話が鳴った。ママは自殺志願者に、死を選択させることも、生きることを説得することもできるのだった。
24hポイント 0pt
小説 148,347 位 / 148,347件 現代文学 6,582 位 / 6,582件
文字数 8,632 最終更新日 2019.07.03 登録日 2019.07.03
「たまには本当の空で泳いでみれば?」って、私はソラ男に言った。ある晴れた日に仲良しグループたちとバーベキュー。私が「ソラ男よ。彼は風船なの」って紹介すると、みんなは拍手喝采、大歓迎。まさか本当に、彼が風船だって信じている、一人の男を除いては。
24hポイント 0pt
小説 148,347 位 / 148,347件 現代文学 6,582 位 / 6,582件
文字数 5,014 最終更新日 2019.07.03 登録日 2019.07.03
スペースボール、スペースボール、飛ーんだ。子供たちの歌遊びが示唆しているのは、宇宙探査機サトシとサトルの行く末、、。いや、地球の行く末。宇宙空間で起こった小さな爆発。大きな破滅。
24hポイント 0pt
小説 148,347 位 / 148,347件 現代文学 6,582 位 / 6,582件
文字数 4,045 最終更新日 2019.07.03 登録日 2019.07.03
お金持ちたちが住む高層マンション群。ふとしたきっかけで僕はそこの住人になることができた。しかし、その世界は、僕が慣れ親しんだ世界とはちょっと違っていた。僕は彼女を部屋に招いてプロポーズをした。でも、フラれた。僕は一人ぼっちになり、辺りは猫に埋めつくされていた。
24hポイント 0pt
小説 148,347 位 / 148,347件 現代文学 6,582 位 / 6,582件
文字数 12,635 最終更新日 2019.07.03 登録日 2019.07.03
29
現代文学 完結 短編 R15
店にはシーラさんがいた。 シーラカンスのシーラさん。 風俗店で働く私が出会った整形をしすぎて顔がつぎはぎだらけの不思議なシーラさんとの物語。 シーラさんの声に耳を傾けると、私は遠く航海に出たような気持ちになる、、。
24hポイント 0pt
小説 148,347 位 / 148,347件 現代文学 6,582 位 / 6,582件
文字数 7,487 最終更新日 2019.07.01 登録日 2019.07.01
30
大衆娯楽 完結 ショートショート
あるクニの貧しい村で少女が育てたキャベツ。ある日収穫しようとすると。。
24hポイント 0pt
小説 148,347 位 / 148,347件 大衆娯楽 4,858 位 / 4,858件
文字数 1,086 最終更新日 2019.03.17 登録日 2019.03.17
「本の修理に、参りました」そう言った僕に、彼らはいつも驚くのだ。 皆さんが昔読んだことがあるであろう、物語たち。 もしも、ある日、その本の内容が、変わっていたら。 もしも、その物語の住人達が、困っているとしたら。 物語の、終わりがくるはずなのに、終わりがこない。 そんな、困った、を解決するのが、 郊外にひっそりと佇む、一軒の潰れそうで潰れない古本屋。 修復屋リコルヌ。 またの名を、修復屋 一角獣。 彼らは、人知れず、不思議な本を修復する、世界でたった一つの、本の修復屋なのです。
24hポイント 0pt
小説 148,347 位 / 148,347件 キャラ文芸 3,439 位 / 3,439件
文字数 22,932 最終更新日 2020.04.27 登録日 2019.09.26
石川県金沢市。雨がよく降るこの街で、ある噂が流れていた。雨の日にだけ現れる不思議な茶房があり、そこで雨宿りをすれば、会いたい人に会えるという。噂を耳にした男子高校生・陽元晴哉は、半信半疑で雨の茶屋街を歩き、その店――『あまやどり茶房』にたどり着く。店を営むのは、年齢不詳の美しい青年・アマヤと、幼い双子。晴哉が彼らに「離れ離れになった幼馴染み」に会わせて欲しいと頼むと、なんと、居所も知らないその少女が本当に現れて――。
24hポイント 0pt
小説 148,347 位 / 148,347件 キャラ文芸 3,439 位 / 3,439件
文字数 107,227 最終更新日 2020.07.22 登録日 2018.11.16
GMJ
ある日天使とであった。
24hポイント 0pt
小説 148,347 位 / 148,347件 現代文学 6,582 位 / 6,582件
文字数 8,864 最終更新日 2019.01.21 登録日 2019.01.21
特別な事は一つも無いけれど。 現実とリンクする非現実的な世界で ちょっぴり不思議な生物達が織り成す ありふれた日常のお話。 この作品に出て来る人物等は総て 『pixiv』での「神凪つらら」、『はてな』での「神凪愛雛」 『暁』での「柏木美月」、『アルファポリス』での私 ……が考えた、オリジナルです。 サイト毎に作者名を変えてはいますが 中の人は私個人であり、私は一人であり 決して二次創作ではありません。念のため。 この作品は、ただいまの現実世界の状勢を鑑みまして、当面の間、開店休業とさせていただく事となりました。 再開は未定です。
24hポイント 0pt
小説 148,347 位 / 148,347件 ファンタジー 35,351 位 / 35,351件
文字数 2,568 最終更新日 2019.04.03 登録日 2019.04.03

ある雨の日のはなし。 ※小説家になろう、ストリエでも同名(別名義)の作品を公開しております。
24hポイント 0pt
小説 148,347 位 / 148,347件 ライト文芸 6,151 位 / 6,151件
文字数 3,761 最終更新日 2017.09.24 登録日 2017.09.24
35