女子高生主人公小説一覧

タグ 女子高生主人公×
17
1
ファンタジー 連載中 長編 R15
 異世界に憧れていた水奈(みずな)。  世界が変わったのは、高校生の時だ。  ゲームのようなステータス画面と、もふもふやぷにぷにした魔物に溢れた世界となったのだ。  特技(スキル)を獲得しながら、自由気ままに新世界を堪能しようとした。  最強の魔物であるヴァンパイアに、襲われてしまう。  そしてなんと種族変更!?  水奈は、自由気ままに新世界を堪能できるのか!? 【この物語はフィクションです。実在の人物や街、学校などとは関係ありません。楽しんでください!】  異世界が転移する話なので、ジャンルはどこにすればいいの???
24hポイント 220pt
小説 3,505 位 / 58,966件 ファンタジー 1,073 位 / 19,064件
文字数 28,279 最終更新日 2019.10.27 登録日 2019.10.23
2
SF 連載中 長編
新選組好きが高じて、マニアを自称する会津出身の高校生「高宮伊織」が、とある事故をきっかけに幕末の京へタイムスリップ。  幕末に生きる人々との出会い、現代では経験し得ない日常を通して戸惑いながらも少しずつ成長していく――。 ※新選組を中心とする他、会津藩や京都見廻組なども交えてストーリーは展開していきます。シリアスとギャグの要素が五分五分な感じで好き勝手書いてます。メイン長編のほか、番外作品も多数掲載していきます。 ※悲恋(?)要素はSideStory1試金石(完結済)でどうぞー。 歴史上の人物・団体がモデルになっていますが、実在の人物・団体とは一切関係ありません。
24hポイント 63pt
小説 7,011 位 / 58,966件 SF 115 位 / 1,975件
文字数 414,207 最終更新日 2018.12.10 登録日 2018.01.09
 聖セントグロリオサ教会には幸せの天使がいる。  天使は花嫁の前にしか姿を見せないが、夫婦となるふたりを祝福し、目に見えない形で幸福を与えると信じられている。  ……その正体が女子高生(あたし)だということは意外と知られていない。  なぜなら神父さまが隠しているから。  神聖なことの俗っぽい裏側を知りながら、今日もあたしは天使を演じつづけていた。  ちっとも疑問に思うことなく、彼と出逢うまで。
24hポイント 7pt
小説 17,393 位 / 58,966件 ファンタジー 4,673 位 / 19,064件
文字数 9,625 最終更新日 2019.10.14 登録日 2019.10.07
齢17の"引きこもりJK"、 小林紗(こばやしさや)が拾ったのは 「さいとー」と名乗る謎の生物。
24hポイント 0pt
小説 58,966 位 / 58,966件 ライト文芸 2,393 位 / 2,393件
文字数 1,967 最終更新日 2019.01.29 登録日 2017.11.14
ワケあって高校を休学中の香月は、遠縁の親戚にあたるエンジュというオカマ(本名:遠藤寿)に預けられることになった。 その目的は、魔女修行。 山奥のロッジで「魔法屋オカマジョ」を営むエンジュのもとで手伝いをしながら、香月は人間の温かさや優しさに触れていく。 けれど、香月が欲する魔法は、そんな温かさや優しさからはかけ離れたものだった… オカマの魔女と、おバカヤンキーと、アライグマとナス牛の使い魔と、傷心女子高生の、心温まる小さな魔法の物語。
24hポイント 0pt
小説 58,966 位 / 58,966件 キャラ文芸 1,397 位 / 1,397件
文字数 99,291 最終更新日 2017.12.22 登録日 2017.10.31
至って普通の女子高生だった新崎 紫苑。そして、その親友の石蕗 薺。 高校生活一日目の今日。 二人とも遅刻しそうになる。 しかし、学校につくと黒板に座席表が書いてあるだけで誰もいなかった。 安堵した紫苑。 しかし、自分の机の上に小さな箱が置いてあった。 薺にそれを気づかれ、二人でこれは何だろうと悩んでいた。 中に何が入っているか気になった薺がその箱を開けてしまう。 すると眩しい光に包まれて……
24hポイント 0pt
小説 58,966 位 / 58,966件 ファンタジー 19,064 位 / 19,064件
文字数 2,310 最終更新日 2018.04.18 登録日 2018.01.27
毎日をひたすら無気力に生きていた、17歳の東海林 香織(しょうじ かおり)。そんなある日、バーチャル世界でのバトルゲーム、「架空都市戦争(エアリアルシティ・ウォー)」の存在を知る。 胡散臭いと思いつつも、その面白さゆえにどんどんとゲームにはまっていく香織だったが、ゲームのとある秘密を知ってしまい、バーチャル世界も現実世界も何かに少しずつ侵食されていく…。 〈あいさつ〉 今作が処女作となります、ととと申します。至らない点は多々あると思いますが、楽しんで読んでいただけると幸いです。 なお、あらすじが思わせぶりですが、本格的なバトル描写はほぼ無いと思いますのでご注意ください(笑) (基本的にブラックなファンタジー?気味のお話になるかなと思います。) それでは、書き切れるように頑張りますのでよろしくお願いします!
24hポイント 0pt
小説 58,966 位 / 58,966件 ファンタジー 19,064 位 / 19,064件
文字数 1,283 最終更新日 2018.02.06 登録日 2018.02.06
 人間とエルフのハーフ。それ故にネコ耳を生やしている女子高生──ウーラ=アイヨロス。彼女の担任として赴任したのは、学園でもずば抜けてイケメンな魔術教師だった。  クラスの女子が喜ぶなか、先生と名の付く職業の人間が大嫌いなウーラはやや沈み気味。 「どうせコイツも下らない」  そう思ったウーラは、イケメン教師を無視することにする。──しかしこの先生、ことあるごとにウーラを気にかけちゃう心配性な人だった!  果たしてウーラは先生に心を開けるのか。  そして先生の努力は報われるのか。  これは生徒思いな先生の、ちょっと暴走気味な過保護の物語。 ※アルファ初投稿です ※カテゴリーの至適化ありがとうございます<(_ _)>
24hポイント 0pt
小説 58,966 位 / 58,966件 キャラ文芸 1,397 位 / 1,397件
文字数 17,011 最終更新日 2018.03.31 登録日 2018.03.31
カルト宗教団体、神泉教の信者たちが次々移住してくる街で、学校一美人の女子高生が突然姿を消した。彼女の失踪に宗教団体が絡んでいるのか? 槇村愛美は行方不明になったクラスメートを探そうと調査を始めたが、調査を進めるうちに次々と奇怪な事実が浮かび上がってくる。気ままな友人たちや憧れの男子生徒への片思いの恋に悩みながらも、失踪したクラスメートを必死で探す可愛い女子高生探偵の活躍を描く長編小説(の予定)です。
24hポイント 0pt
小説 58,966 位 / 58,966件 ミステリー 1,524 位 / 1,524件
文字数 116,097 最終更新日 2018.06.11 登録日 2018.01.28
【SFノスタルジック・ドラマ】をベースに、味付けした【青春ヴァーチャルミステリー】を加え、【日常ラブコメディ】と【近未来シリアス】、さらには【ドンデン返し】を少しずつコトコト煮込んだストーリーです。【『映画風味』のソース】、そして微かに香る【スパイス】と【感動】を隠し味に添えております。  ブラッシュアップを重ね、自信を持ってお届けいたします。お口に合えぱ幸いです。  1話が平均3000文字、約7~8分で読了できる長さとなっております。全14話です。  2018年度7月に開催されます、webコンテンツ・第9回『ドリーム小説大賞』参加作品となっております。何卒よろしくお願いいたします。 【以下本編のあらすじ】 (ネタバレが嫌な方は跳ばしてください)  好きな男の子にも告白できず【 平凡 】な日常を送っている女子高生【 奥田麗美 】は恋愛や自分の物語が何も始まらないことが少し不満だった。そんなある日、突然現れた【 カミジョウ 】と名乗る男によって麗美は衝撃の事実を知ることになる。君の住むこの世界は【 仮想世界 】であり、バグによって【 物語が始まらない 】のだと──  そして自分は150年後の未来、映画にとって変わる媒体【 REM 】のバグ修理担当、及び、物語進行役【 ストーリー・ライター 】であるのだと。 【 偽物 】であるこの世界を抜け出すためには【 物語を作り出し 】、自力で【 ラストシーンまで 】持っていかねばならず、自分はその道先案内人をするために来たと男は告げる。  自分の存在は150年後の世界で【 本体 】が見ているVR映画のアバターでしかないことを悟った麗美は、さらに【 自分自身の本当の姿 】を知ることになるのだが……  ごゆっくりお楽しみください──
24hポイント 0pt
小説 58,966 位 / 58,966件 大衆娯楽 1,762 位 / 1,762件
文字数 55,776 最終更新日 2018.06.20 登録日 2017.11.22
11
恋愛 連載中 短編
人に裏切られること… 人を信じられなくなること… 人が嫌いになること… そういった経験は後に、自分を確立する上で重要な役割を果たしてくれる。だが、それに立ち向かうにはいつだって、誰かの助けが必要なのだ。これは、そういった人生における最大の闇を乗り越え、その過程で初恋を知る女子高校生の儚い、それでいて残酷な青春の1ページを綴った物語である。
24hポイント 0pt
小説 58,966 位 / 58,966件 恋愛 14,217 位 / 14,217件
文字数 10,274 最終更新日 2018.08.16 登録日 2018.08.04
あらすじ 部活を何をやっても駄目な主人公、大無田裕子(おおむだゆうこ)が新しい部活、パレット部を作り、十九人の部員達と一人の顧問に助け合いながら本当の彩りを知る物語。
24hポイント 0pt
小説 58,966 位 / 58,966件 キャラ文芸 1,397 位 / 1,397件
文字数 236,689 最終更新日 2019.03.15 登録日 2019.01.28
とある小さな街の高校に通うサキは、繰り返し訪れる退屈な日常に辟易し、強い刺激を求めていた。 そんな彼女はある日、夜な夜な街に現れては若い女性の眼球を抉り取って行くという『眼球男』の話を思いつき、それを意図的に街に流し始めた。 最初は、自分の創り上げた全くのホラ話に怯える友人や他校の生徒を見て優越感に浸っていたサキだったが、ある日、街で若い女性が何者かに襲われ、左眼を抜き取られるという事件が起こる。 それはサキが考え、流した噂話と恐ろしいほどに酷似していた。 ……一体、どういうことなのか。この街で、何が起こっているのか。 女子高生の妄想が現実となる、ホラーミステリー! ——『眼球男』は、だぁれ?
24hポイント 0pt
小説 58,966 位 / 58,966件 ホラー 2,194 位 / 2,194件
文字数 25,510 最終更新日 2019.05.31 登録日 2019.05.31
14
キャラ文芸 完結 ショートショート
風間未咲《かざまみさき》はある日突然母を亡くすことになった。ひとりきりのお葬式を終えた中で、視えないなにかに命を狙われることに。危機一髪の未咲を救ったのは忍者装束を身にまとった美しい男性。彼は遠い昔に亡くなった未咲の父の弟だった。  その後叔父である風間小太郎《かざまこたろう》と同居することになった未咲。小太郎が『スピリチュアルダイバー』と呼ばれる特殊な力を持っている風魔一族の現当主風魔小太郎《ふうまこたろう》だということも知らされる。 未咲が通う私立聖海高校で次々と起こるスピリチュアル事件。 それは彼女の今後の人生を大きく変えていくことになり――
24hポイント 0pt
小説 58,966 位 / 58,966件 ファンタジー 19,064 位 / 19,064件
文字数 63,643 最終更新日 2019.09.23 登録日 2019.08.21
 イケメン教師の正体は、女神を選ぶ騎士でした。  広大な北の大地の片隅に、土地神が存在しない集落がある。  その、神の加護を持たない地――北海道椎斎市は、神がいなくなって以来、現代まで密かに呪術組織“コトワリヤブリ”によって神殺しをした鬼姫“星音(せのん)”を封じ、悪しきモノを遠ざけてきていた。  古代アイヌの神謡(ユーカラ)を自在に操る“夜”の宇賀神(うがじん)。  神ではなく土地に使える逆さまの斎となった“月”の逆井(さかさい)。  戦国時代に西欧より渡ってきた魔術師一族“星”の鎮目(しずめ)。  “コトワリヤブリ”には“星月夜”それぞれに“斎”と呼ばれる少女がいた。  なかでも“夜”の斎は土地神に代わり天空の至高神と通じ、ちからを受け取ることができることから“女神”、と呼ばれることもある。  しかし今、椎斎に“夜”の女神は存在しない。  そのためこの街では結界が揺らぎ、悪しきモノたちによる不審死や瘴気による自殺、病が増えてしまった。  そんななか、何も知らない少女、朝庭由為は入学式の朝、駅のホームで人身事故現場に遭遇。誰もが自殺だと口にするその場で、彼女は見てしまったのである。  ――黒服の少女がホームへ突き落す姿を。  その人外の悪しきモノを視てしまった彼女を、“夜”の騎士(←高校生物教師、由為の担任)は見逃さなかった。 「あたしが、秘められた神さまの末裔……?」  空位にある“夜”の斎と神殺しの鬼姫“星音”をめぐる“コトワリヤブリ”たちに巻き込まれた由為。  鬼姫“星音”を身体に封じ、眠りの呪いと戦いながら生きる“星”の斎、鎮目せのん。  先代の斎女神に心酔していた実力派の“月”の斎、逆井理破。  それぞれの事情を抱えた三人の少女たちが“星の音”に導かれ、選んだ未来は……?  北海道の架空の街が舞台の、現代ラブファンタジー。  星の音色に導かれ、少女は騎士に跪かれながら女神となる!?
24hポイント 0pt
小説 58,966 位 / 58,966件 ファンタジー 19,064 位 / 19,064件
文字数 131,791 最終更新日 2019.09.30 登録日 2019.08.16
17
ライト文芸 連載中 ショートショート
私はある交通事故によって意識不明になった。それにより数ヶ月入院することになった。高校に入学してから一年が経とうとしていたところである。家族も相当心配していて、先生達も家族のように心配してくれているようだ。それが私には分かる。私はいつも誰かのそばにいるから。 意識不明になってから三日目、私は心だけで外を出歩けるようになった。学校に通う生徒の隣を歩いたり、自分の席で授業を受けたり、誰にも見えないけど、私は歩けていた。私は足を怪我していたらしく、右足の色は少し薄いように感じる。それでも、誰にも見えなくても、私は道具を持って学校で授業を受けていた。
24hポイント 0pt
小説 58,966 位 / 58,966件 ライト文芸 2,393 位 / 2,393件
文字数 660 最終更新日 2019.11.17 登録日 2019.11.17
17