仇討ち小説一覧

タグ 仇討ち×
10
朝稽古に励む中、唐突に知らされる凶報、 意に反する仇討ちの旅路は、やがて大きく渦巻く陰謀へと帰結する。 中堅藩士の次男坊である三津谷伊織は家を継げぬ身だ。いずれ他家の婿に入るか立身せねば厄介叔父としての将来が待つのみ。藩内に渦巻く陰謀に巻き込まれる伊織の奮闘を描きます。 ※本作の舞台、登場人物は一部実在の人物や地名が登場しますが、本作の内容はすべてフィクションであり、実際の歴史や事項に何ら関係するものではありません。 ※表紙イラストは「cocoanco」さんのフリーイラストを使わせてもらっています
24hポイント 200pt
小説 6,430 位 / 127,486件 歴史・時代 28 位 / 1,446件
文字数 2,402 最終更新日 2022.01.16 登録日 2021.10.21
仇討ちに燃える浪人と、百鬼夜行において行かれた妖怪「袖引き」が共に長屋で暮らす時代物、疑似家族小説です。 連載小説ですが、春夏秋冬、その季節ごとにアップし、正月~暮れの一年間を描きました。 完結済み。 なろうでも同じ小説をアップしています。
24hポイント 21pt
小説 20,814 位 / 127,486件 歴史・時代 141 位 / 1,446件
文字数 56,644 最終更新日 2019.04.13 登録日 2019.04.13
3
BL 完結 ショートショート R18
姉が婚約破棄された。 僕は、姉の仇討ちのつもりで姉の元婚約者に会いに行ったのに……… ☆全4話 20分ごとに更新し、本日中に完結しました。 2021/10/30 姉アリーの話を恋愛ジャンルに投稿中のため、連動しておまけ(前・中・後)を加え、再び完結表示とさせて頂きました。
24hポイント 14pt
小説 24,395 位 / 127,486件 BL 4,844 位 / 14,074件
文字数 8,327 最終更新日 2021.10.30 登録日 2021.10.27
4
恋愛 完結 短編
残虐で勇猛と恐れられている山賊ガイツの唯一の欠点は「女が苦手」 そんなガイツが出会った乙女のリリカは天使のように可愛くて、一目でガイツを魅了したが生来の口べたでうまく口説く事も出来ず悶々とする。 親の仇討ちを探す旅の途中のリリカと、山賊一家を率いるガイツの恋物語。
24hポイント 7pt
小説 28,969 位 / 127,486件 恋愛 12,659 位 / 37,674件
文字数 43,507 最終更新日 2021.12.02 登録日 2021.11.26
5
現代文学 完結 長編 R18
妻を最後まで信じようとした夫。夫を最後まで信じさせようとした妻の物語  僕は、望月五郎。四十一才。製薬会社の経理課長。今年入社した、後に妻となる柏木友梨佳に一目ぼれ。猛烈アタックでゴールイン。  妻も僕もあちらは、淡白だったが、結婚して二年間は、ラブラブだった(と思う)  最近、妻が、あれの時、濃い目を要求をしてくるようになった。 仕事柄、帰ってこない事もあり、ストレスが溜まっているのかと思い、彼女の希望に沿いながら特に干渉しなかったが、最近不自然さを感じる。  望月友梨佳は夫のあれでは、仕事のストレスは解消できず、大学時代の男と再度関係を持ってしまう。また仕事面では、夫の立場も揺るがしかねない事もあるだけに、夫に気付かれずに事が収まるまでは、このままやり過ごそうと考える。  妻の仕事の特異性故に彼女の行動の自由を妨げないようにし、最後まで妻を信じようとした夫と  新薬開発(創薬)という中で企業競争に巻き込まれ、してはいけない事に手を出しながら、最後まで夫に信用して貰おうとした妻。 新薬の開発(創薬)をめぐる争いとそれに関わる男女の絡みを描いた作品です。
24hポイント 7pt
小説 28,969 位 / 127,486件 現代文学 311 位 / 5,397件
文字数 42,868 最終更新日 2021.10.09 登録日 2021.09.25
俺にとって妹の存在は大きいものだった。何よりも大切な妹が奪われた俺は、仇を討つ事にした。後味の悪いエンド(※重複投稿作品)下敷作品:愛する妹が断罪され、追放され、全てを奪われたので。この兄が妹をはめた悪女に報いを受けさせる。三号称号:大
24hポイント 7pt
小説 28,969 位 / 127,486件 恋愛 12,659 位 / 37,674件
文字数 1,865 最終更新日 2021.08.07 登録日 2021.08.02
特に盛り上がりもオチもない話。ただの日常。カラーイメージ作品。(※重複投稿作品)
24hポイント 0pt
小説 127,486 位 / 127,486件 ファンタジー 32,608 位 / 32,608件
文字数 1,317 最終更新日 2021.10.25 登録日 2021.10.25
「それは、茅鼠というそうだ」 その男は巌のように大きく。 わたしは、いかにも小さき物に思えた。 それでもわたしは。 その男を、斬らねばならぬ。 仇討ちに挑む男と、挑まれる男の切ない交錯の一幕。
24hポイント 0pt
小説 127,486 位 / 127,486件 歴史・時代 1,446 位 / 1,446件
文字数 10,193 最終更新日 2021.05.31 登録日 2021.05.31
彦根藩井伊家の藩士五名に、一年前父の首を落とされ斬殺された鷹木豪介は、報復を誓っていた。 まず江戸井伊家藩邸下屋敷詰め大槻主水の後をつけ、死闘の末に斬り首を落とした。あと四名である。 全て首を落とすまでやめない。すでに姓名も居場所も全て調べ上げている。四人は井伊家江戸上屋敷、中屋敷、下屋敷かのいずれかにいる。必ず四人の首を挙げて父の恨みを晴らす。 五人に共通しているのは、北辰一刀流伝馬道場の高弟であることだった。いずれ凄まじい反撃が始まる。 それでも一人づつ斃して行くのだ。同じ井伊家の連れがいたらそれもやる。。それが豪介のやり方だった。 結果十人以上斬ることになるだろう。それは彦根藩三十五万石と一戦交えることを意味している。 信州上田藩の江戸屋敷勘定方を、高齢で退き余生を上田で過ごそうとしていた矢先であった。 豪介は父の後を継がず、浪人となった。父の仇を討つためである。 豪介には人に言えない秘密があった。知っているのは、恋人八重だけである。 そちらが彼の本業である。料理を一口、口にするだけでその料理の素材が全て分かる他人には真似のできない稀有な才能を持っていた。依頼は八重が持ってきた。それだけで生活して行くのに不自由ない金を得た。 まずい料理も簡単に極上の料理にする、それが豪介の生きがいでもあった。 今にも潰れそうな不味い料理をだす店を、客が行列を作る店にすることができる。これ以上のことはない! すでに、そうした店が江戸市中に五十店以上もある。 八重にとってはそれが自慢の種だった。 彼女は井伊家と豪介のいきさつを全く知らない。いずれ彼と所帯を持つのが夢だった。 江戸の今にも潰れそうな店にとって、豪介はまさに救いの菩薩、味菩薩だった。 一年後には豪介は刀を捨て、故郷上田へ戻って町人になるつもりだつた。八重も大賛成だった。 だが、大藩井伊家の名にかけて、強力な豪介包囲網の網がジリジリと彼を押し包んで行く。
24hポイント 0pt
小説 127,486 位 / 127,486件 歴史・時代 1,446 位 / 1,446件
文字数 3,955 最終更新日 2020.05.21 登録日 2020.05.21
春川藩主の妾腹の子として生まれた慎之介は、春川藩元剣術指南役杉山平兵衛に密かに育てられていた。しかし、藩主夫人が慎之介の存在に気付き、刺客を送り慎之介を亡き者にしようと画策する。杉山平兵衛は刺客を撃退したものの、やむなく国許の平沢村へと身を移し、手習い所を開く傍ら、子供たちへ剣術を教え始めた。慎之介は村の子供たちの、権太や庄吉、そして慎之介に思いを寄せるお里と共に成長する。  慎之介は、少しずつ天賦の才を開花させてゆく。何事もなく日々が過ぎ去ってゆくが、安穏の暮らしは続かなかった。江戸の奥方がまたも刺客を送り込んできた。刺客共は、子供を拐かし慎之介を討ちとろうとする。慎之介は子供を助け、刺客を死闘の末に倒した。  ある年、村は旱魃に見舞われた。平兵衛も高齢の為、寝たきりとなってしまった。病床の平兵衛は云う。 「剣の神は百年に一度天才を地上へ遣わすという。それが慎之介じゃ」と。  慎之介は旱魃の村を救う為、一計を案じ、雨乞いを行って雨を降らせ村人を仰天させる。丁度その時、杉山平兵衛が生涯を閉じた。  慎之介は降りしきる天を仰ぎ、師匠へ語りかけた。 「この雨はお師匠様が降らせてくれたのですね」と。  生き返った村は収穫の秋を迎えるが、名主、奥村治右衛門宅へ盗賊が押し入った。丁度名主宅に居たお里は、慎之介に知らせようとして盗賊に殺される。盗賊が江戸に居るようだと知った慎之介は決意する。刺客、盗賊、総ての元凶は江戸にある。  慎之介は江戸へと旅立つ。江戸へ着いた慎之介は、かつて杉山平兵衛の弟子であった北町奉行所定町廻り同心と共に、刺客の首魁へと辿り着き一掃する。そして盗賊を見つけ出し大店へ忍び込む一味を一網打尽にし、お里を殺した男と対峙した……。
24hポイント 0pt
小説 127,486 位 / 127,486件 歴史・時代 1,446 位 / 1,446件
文字数 152,086 最終更新日 2020.09.22 登録日 2019.03.24
10