乙女ゲーム的な逆ハーレム小説一覧

タグ 乙女ゲーム的な逆ハーレム×
1
20XX年平和な日本に生まれた咲耶《さくや》は、世界のほとんどの人間がそうであると同様に、人であると言うことを疑うことなく必死に生きていた。 日常の変化は突然に訪れる。 「オマエは、実は精霊なんだ!  この世界にいては、いずれ世界から異端として処分されてしまう。  そうなる前に、本来のあるべき場所へ行こう!!」 連れてこられた先は、精霊のために作られた世界。 世界の全ては魔力により構成され、魔力を生み出す精霊がいなければ、世界が成り立たない世界。しかし、世界を満たす魔力、魔力を生み出す精霊は減少し、世界は魔力を食らうしかできない人が増え続けていた。 滅びゆく世界で、魔力の安定を目指し、精霊と人との共存を目指す国がある。そんな、砂漠の大国アズワルド皇国で、咲耶は皇帝陛下であるドラゴンの孫娘として迎えられたのだった。 この作品の過去として 『滅びに向かう異世界で幼女になった私は溺愛されるが(ry』があります。 そちらは、コチラとは違い、異世界に来たばかりの咲耶視点の一人称でストーリーが進行しています。
24hポイント 433pt
小説 1,869 位 / 57,305件 ファンタジー 589 位 / 18,795件
文字数 160,364 最終更新日 2019.08.06 登録日 2018.10.01
1