花衣シリーズ小説一覧

タグ 花衣シリーズ×
2
 その昔、人と大神は同じ世に共存していた。  ある雨の日、川辺の見回りをしていたカミコが見つけたのは、雨に濡れて倒れる巫女の少女であった。  これは、大神の祖である大御神と、その大御神に仕えた記憶を失った巫女の話。  花衣ー皇国の皇姫ーに繋がる物語、大御神とは何者なのか、そして、登場人物たちに隠された秘密が明らかになる。
24hポイント 0pt
小説 111,524 位 / 111,524件 ファンタジー 28,989 位 / 28,989件
文字数 39,414 最終更新日 2021.02.05 登録日 2020.05.11
 時代を跨いで紡ぐ絆  時は戦乱、国は分かれて争う戦国時代。  辺境の村に生まれた少女瑞穂は、その身に宿す強大な呪力に悩まされ、人との接触を断って暮らしていた。天涯孤独、そう思っていた彼女の前に現れたのは、同じ境遇の少年御剣だった。二人は戦乱を終結させ、世に平和をもたらすことを誓い、主従関係を結ぶ。  時は過ぎ、村長となった瑞穂は、御剣を従者として村を豊かにさせ、災厄から村を守っていた。そんな平和な村にも、戦乱の風が容赦なく吹き付ける。  領主からの重税により、村民たちの反発が強まる中、瑞穂の育て親でもある前村長の墨染が殺害される。怒りを解放した瑞穂は僅かな手勢を率いて領主を襲撃、そして指導者を倒し、遂には国を打ち崩し新たな国である皇国を建国する。  平和を望む彼女に何らかの作為が働いているのかの如く、彼女や皇国に次々と戦の火の粉が降りかかる。  豊葦原瑞穂皇国初代皇帝、瑞穂之命、通称『瑞穂帝』と、彼女に忠義を貫いた従者、御剣の物語。 ー注意ー ※イラスト全般に関しては製作者様に権利がございます。無断転載、無断利用はご遠慮ください。 ※過度な性的描写・暴力表現は余談編として投稿し、該当する話数には(※)を付与しております。閲覧にはご注意ください。 イラスト作成の絵師様 Naoko様(表紙・立ち絵) 猫ペンギン様(宣伝イラスト等) 琴水さやは様(挿絵・立ち絵) 黒杞よるの様(作成中の宣伝イラスト) 私(各章の扉絵)
24hポイント 0pt
小説 111,524 位 / 111,524件 ファンタジー 28,989 位 / 28,989件
文字数 479,819 最終更新日 2021.06.24 登録日 2019.02.22
2