第2回ライト文芸大賞エントリー小説一覧

タグ 第2回ライト文芸大賞エントリー×
2
 とある街中にある一軒のカフェ。  入り口には  “水面<みなも>カフェへようこそ。のんびりとした空間と、時間をお楽しみ下さい”    と、店長の手書きであろう、若干丸目を帯びていたが、どこか温かい雰囲気を持つ文字で書いてあった。  その文字を見て、「フフフ」と笑う、優しい笑顔の女性。その後ろには無言で俯く少女が1人、スカートを握りしめて立っていた。  「そんなに緊張しないで。大丈夫、あなたなら大丈夫だから」  そう言って女性は少女の肩を優しく撫でた。少女は無言のまま、頭をコクコクと下げ、握りめていた手を開く。  女性はその様子を笑顔で見ていた。  ドアをそっと開ける。  “チリンチリン”  ドアベルが鳴る。  女性と少女は手を繋ぎながら、中へと入って行った。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー  失声症の少女と、その少女を保護した精神科医。その教え子であるカフェの店長、周りの人達を巻き込んで繰り広げられるサクセスストーリー。
24hポイント 56pt
小説 11,926 位 / 105,500件 ライト文芸 201 位 / 4,774件
文字数 143,654 最終更新日 2020.02.20 登録日 2019.03.23
誰かを好きになるのは当たり前じゃない。 今の日本はどこに行っても恋愛話ばかりで嫌気がさす。 どうして誰かを愛さなきゃいけないのか? 人を好きになれない人間には人権などないと言うのか? 誰も愛することが出来ないことを薄々自覚し始めた高校生の浅尾蓮は、なんとなく人との関わりを避けて生きるようになった。それでも中学からの友達三人衆、船井と田中、星川とは変わらずに平和な日々を過ごす。 しかし友人の一人、星川美麗とは過去に秘密の出来事があったーーー。
24hポイント 0pt
小説 105,500 位 / 105,500件 ライト文芸 4,774 位 / 4,774件
文字数 81,009 最終更新日 2019.06.26 登録日 2019.03.14
2