スパダリ?小説一覧

タグ スパダリ?×
8
1
恋愛 連載中 長編 R18
王都に住むクラリス・ファーレンハイトは 生まれてから常に美しい姉のマチルダと 比較されて空気のようにして生きてきた。 ある日、変わり者として知られる辺境伯ジーン・グーテンベルグが 戦果の褒賞として王から『ファーレンハイト子爵家の宝石』を 与えられることになり、長女を溺愛している両親は マチルダではなくクラリスを差し出すことを決めてしまう。 不幸な生い立ちなクラリスが、不器用でちょっと残念な辺境伯に 溺愛されるわ、周りの人にも愛されまくる、とにかく幸せになる話を書きたい!!! ※設定ゆるゆるです ※ゆるゆる更新します ※あまり深い設定はありません ※最初は設定上シリアスです ※らぶえっちにトライします←毎回言ってる ※小説家になろうさんにも投稿します ✴︎私が勝手に決めてるイメージソングは 【Ocean Eyes】 by Billie Eilish
24hポイント 2,193pt
小説 752 位 / 86,859件 恋愛 374 位 / 22,918件
文字数 164,441 最終更新日 2020.06.06 登録日 2020.04.10
2
BL 完結 長編 R18
L/Z
王道学園に王道じゃない総攻め主人公が来る話。 特に落ちはないです。 情事甘めを目指してます。 スパダリになる予定。 一部体毛表現有り ※エブリスタでも投稿している作品です。※ 4/21 各話タイトル変更しました。
24hポイント 220pt
小説 4,702 位 / 86,859件 BL 827 位 / 8,474件
文字数 51,662 最終更新日 2020.03.20 登録日 2019.04.13
3
BL 完結 長編 R18
アーリウムの大賢者ヒューとラーン王国見習い騎士のメルトはダンジョンの転移罠にかかり、違うダンジョンからそれぞれ同じ場所に飛ばされてしまう。そこで出会った二人は協力してダンジョンを脱出しようと探索を始める。チートな魔術師のヒューはメルトに一目ぼれ、脳筋で天然なメルトは料理の上手いヒューを自国に持ち帰りたいと思う。互いに惹かれ合う二人の恋の行方は?※R18表現がある話のタイトルのあとに※を入れてます。ご参考にしてください。この話では妊娠はありませんが世界観のため、タグをつけています。女性はいない世界です。他サイトで先行公開しています。10/22ダンジョン編完結10/26ラーン王国編開始11/29完結 第7回BL小説大賞エントリーしました。応援ありがとうございました。
24hポイント 205pt
小説 4,944 位 / 86,859件 BL 862 位 / 8,474件
文字数 204,543 最終更新日 2019.11.29 登録日 2019.09.29
4
恋愛 完結 短編
番外編はR15要素ありとなりますのでお気を付け下さい! ✼••┈┈••✼••┈┈••✼••┈┈••✼••┈┈••✼ それは幼い日の記憶ーーー・・・。 我がハンメルン家が子爵位ながら中央貴族界の一員として、贅の限りを尽くしていた頃のお話。 我が家の向かいに住んでいた、幼なじみの公爵家嫡男のエドマンド・ハイネスは、異性ながら気の合う奴だった。 ただ彼はその見た目から・・・〝豚公爵〟と貴族界では蔑まれていた。 でも私は気にしなかった。 彼の見た目では無く、中身が好きで一緒に居ただけだし・・・何より自分自身が人の事を言えた様な美人でも無かったからだ。 程なくしてーーー 外交を任されていたハイネス公爵一家は隣国へと王命により行ってしてしまった。 そして、それから1年後ーーー 勘違いをしたお父様は事業に立て続けに失敗し続け、我がハンメルン家は没落した。 そしてーーー月日は流れ、 16歳を迎えた私にエドマンドから知らせが届く。 没落した我が家を気遣い、昔の交で私を高位貴族のみが入学できる王立学園に、メイドとして一緒に入れてくれるとの事だった。 お金も学も欲しかった私は、このお話を快諾。 でも、再会した彼はーーー見る影もない程に痩せていた。 それ所か・・・ 超絶イケメンになっていて?! オマケに学園での成績も主席で?! お友達は王族の方々で?! 学園中のご令嬢から黄色い声援を浴びていて?! スーパーダーリンへと変貌した元・豚公爵様と没落庶民派令嬢の勘違いラブコメです。
24hポイント 177pt
小説 5,362 位 / 86,859件 恋愛 2,363 位 / 22,918件
文字数 105,174 最終更新日 2020.08.27 登録日 2020.07.14
5
BL 連載中 長編
 俺はその日最高に落ち込んでいた。このまま死んで異世界に転生。チート能力を手に入れて最高にリア充な人生を……なんてことが現実に起こる筈もなく。奇しくもその日は俺の二十歳の誕生日だった。初めて飲む酒はヤケ酒で。簡単に酒に呑まれちまった俺はフラフラと渋谷の繁華街を彷徨い歩いた。ふと気づいたら、全く知らない路地(?)に立っていたんだ。そうだな、辺りの建物や雰囲気でいったら……ビクトリア調時代風? て、まさかなぁ。俺、さっきいつもの道を歩いていた筈だよな? どこだよ、ここ。酔いつぶれて寝ちまったのか? 「君、どうかしたのかい?」  その時、背後にフルートみたいに澄んだ柔らかい声が響いた。突然、そう話しかけてくる声に振り向いた。そこにいたのは……。  黄金の髪、真珠の肌、ピンクサファイアの唇、そして光の加減によって深紅からロイヤルブルーに変化する瞳を持った、まるで全身が宝石で出来ているような超絶美形男子だった。えーと、確か電気の光と太陽光で色が変わって見える宝石、あったような……。後で聞いたら、そんな風に光によって赤から青に変化する宝石は『ベキリーブルーガーネット』と言うらしい。何でも、翠から赤に変化するアレキサンドライトよりも非常に希少な代物だそうだ。  彼は|Radius《ラディウス》~ラテン語で「光源」の意味を持つ、|Eternal《エターナル》王家の次男らしい。何だか分からない内に彼に気に入られた俺は、エターナル王家第二王子の専属侍従として仕える事になっちまったんだ! しかもゆくゆくは執事になって欲しいんだとか。  だけど彼は第二王子。専属についている秘書を始め護衛役や美容師、マッサージ師などなど。数多く王子と密に接する男たちは沢山いる。そんな訳で、まずは見習いから、と彼らの指導のもと、仕事を覚えていく訳だけど……。皆、王子の寵愛を独占しようと日々蹴落としあって熾烈な争いは日常茶飯事だった。そんな中、得体の知れない俺が王子直々で専属侍従にする、なんていうもんだから、そいつらから様々な嫌がらせを受けたりするようになっちまって。それは日増しにエスカレートしていく。  大丈夫か? こんな「ムササビの五能」な俺……果たしてこのまま皇子の寵愛を受け続ける事が出来るんだろうか?  更には、第一王子も登場。まるで第二王子に対抗するかのように俺を引き抜こうとしてみたり、波乱の予感しかしない。どうなる? 俺?!
24hポイント 92pt
小説 7,605 位 / 86,859件 BL 1,380 位 / 8,474件
文字数 363,546 最終更新日 2020.06.13 登録日 2019.10.28
6
BL 連載中 短編 R18
満月の夜。 人気のない路地裏で見知らぬ銀髪の男にいきなり背後から抱き付かれ、首筋に鋭い牙のような歯を突き立てられた。 驚き、男の華奢な体を突き飛ばしたものの、その場に座り込んだまま動けないでいる俺に向かい、彼は不満げかつ情けない表情を浮かべ、涙目で言ったんだ。 『....臭い、そして不味い。  お前、ちゃんとしたご飯、毎日食べとるか?  ...あとカップラーメンの過剰摂取は、体に毒やで。』 前半は軽めのコメディ風味ですが、後半は安定の大人仕様です。
24hポイント 28pt
小説 13,607 位 / 86,859件 BL 2,502 位 / 8,474件
文字数 39,130 最終更新日 2020.11.08 登録日 2020.01.13
7
恋愛 連載中 長編 R18
業界最大手メーカーが満を持して発売したVRMMOゲーム“アトラス・ワールド” 主人公の 田中 燈 (たなか あかり)は炊き出しクエストで出会ったNPCの幼女に一目惚れ!構い倒して餌付けして、ムフフな毎日を明後日の方向に楽しんでいたのだが…?
24hポイント 14pt
小説 18,062 位 / 86,859件 恋愛 7,370 位 / 22,918件
文字数 217,164 最終更新日 2020.09.25 登録日 2019.11.23
8
恋愛 連載中 長編
スパダリ騎士のセス・ガランは憂鬱だった。 皆んな、どうして分かってくれないのだろうか、と。 別に隠しているわけでもないし、履歴書だって正しい表記で出している。 なのに、どんなに言葉を重ねても、誰も信じてくれない。 セスが女だという事を。 そんな中、人員配置の調整で一時的に王太子殿下の護衛騎士に配属されたセス。 そこで待ち受けていたのは、セスのことをライバル視するうざい奴と王宮の陰謀だった・・・・・・かもしれない。
24hポイント 0pt
小説 86,859 位 / 86,859件 恋愛 22,918 位 / 22,918件
文字数 558 最終更新日 2020.01.31 登録日 2020.01.31
8