四郎兵衛会所小説一覧

タグ 四郎兵衛会所×
1
 湯飲みの中に茶柱が立つとき,男は肩を落として深く溜息をつく ――  吉原大門を左右から見張る顔番所と四郎兵衛会所。番所詰めの町方同心・富澤一之進と会所の青年・鬼黒。二人の男の運命が妓楼萬屋の花魁・綾松を中心に交差する。  男たちは女の肌に秘められた秘密を守ることができるのか。
24hポイント 0pt
小説 68,925 位 / 68,925件 歴史・時代 791 位 / 791件
文字数 97,708 最終更新日 2019.03.22 登録日 2019.03.22
1