IBM小説一覧

タグ IBM×
1
成宮家は、旧華族の末裔で成宮時達は、成宮家の家訓通り、小さい時 から英才教育で育てられた。小さい頃から、数学が好きになり、 東京帝大工学部で電子工学、電波の研究をした。その頃、戦時色が強く なり、成宮時達は教授のすすめで陸軍・登戸研究所の研究主任となり、 部下の育成と秘密兵器開発を命じられたが、時間切れで終戦を迎えた。 成宮時達は自分の一人っ子の成宮豪気は小さい頃から特徴のない子で アメリカ音楽ばかり聞いて、努力しない、現代っ子でアメリカ音楽 ばかり聞いて、努力しない、現代っ子に育った。その後東京都立大学を 卒業して、埼玉銀行に入社した。仕方なく、次は孫に期待をかけた。 孫が2人出来て、隔世遺伝のためか2人とも優秀で長女は上智大学卒業し UCSDに留学後、アメリカのIBMに就職し、その後ソニーアメリカに 転職した。もう1人の成宮賢は、「目から鼻に抜ける」という感じで優秀 で、期待通り国立高校から東大工学部へ入り、ソニーに入社した。 その後、成宮賢は、ソニーアメリカで仕事を与えられ、ジョブズと運命的 な出会いをした。その後、成宮賢は新製品開発に没頭し、アメリカに来ると ジョブズと食事したり仲良くしていた。成宮賢はジョブズの才能を見抜き、 無名のアップル株を祖父に金を借りて大量に購入した。その後、エンジニア として活躍して、プレイステイション開発にも携わり任天堂との戦いを経て 成功と挫折、立ち直りの経験を積んでいき、ジョブズ亡き後、彼の作った アイフォンがスマートフォンの世界を席巻していった。ジョブズの死後、 仕事に手がつかなくなった成宮賢はどうなっていくか・・・ それは、読んでのお楽しみです。
24hポイント 0pt
小説 53,499 位 / 53,499件 経済・企業 142 位 / 142件
文字数 54,118 最終更新日 2019.04.29 登録日 2019.04.19
1