遣唐使小説一覧

タグ 遣唐使×
2
白村江の戦の記憶もまだ新しい頃、唐王朝の宮廷を日本から派遣された遣唐使が訪れた。 その中に、他の日本人と違う風体の者が混じっていた。 なお、本文中の新唐書の訳文は、菊池勇夫編「蝦夷島と北方世界」のものを引用しています。
24hポイント 0pt
小説 120,655 位 / 120,655件 歴史・時代 1,396 位 / 1,396件
文字数 2,037 最終更新日 2021.04.01 登録日 2021.04.01
──大海原の先で出会った赤鬼は、私と同じ遣唐使でした。 唐の官僚達に才能を嫉妬され、曰く付きの高楼の中に閉じ込められてしまった遣唐使・吉備真備。 為す術もなくやるせない気持ちに駆られる真備であったが、そんな彼の前に現れたのは同じ遣唐使・阿倍仲麻呂を名乗る一人の赤鬼であった。 『江談抄』そして『吉備大臣入唐絵巻』に描かれる、二人の遣唐使のちょっと不思議な友情物語をアレンジしました。 日本史・中国史に出てくるあの方々もチラホラと.....? 異国の風に吹かれながら、奇想天外な攻防戦をお楽しみください。 ※リメイク版です。
24hポイント 0pt
小説 120,655 位 / 120,655件 歴史・時代 1,396 位 / 1,396件
文字数 164,826 最終更新日 2021.08.08 登録日 2019.03.29
2