博打小説一覧

タグ 博打×
4
いわゆる財閥の一つ、神田部家の娘・静流の婚約者候補を決める、八名参加のトーナメントが開催されることになった。戦いはギャンブル。神田部家はその歴史において、重要な場面では博打で勝利を収めて、大きくなり、発展を遂げてきた背景がある。故に次期当主とも言える静流の結婚相手は、ギャンブルに強くなければならないというのだ。
24hポイント 85pt
小説 6,988 位 / 85,178件 大衆娯楽 83 位 / 2,647件
文字数 86,392 最終更新日 2019.12.15 登録日 2019.06.02
何だか知らないけれども目が覚めたら、これまでと違う世界にいました。現地の方達に尋ねると、自分みたいな人は多くはないが珍しくもないそうで、元の世界に帰る方法はちゃんと分かっていると言います。ああ、よかったと安心したのはいいのですが、話によると、帰れる方法を知っているのは王様とその一族だけとかで、しかもその王様は大のギャンブル好き。帰る方法を教えてもらうには、王様にギャンブルで勝たなければならないみたいです。どうしよう。
24hポイント 21pt
小説 13,688 位 / 85,178件 ファンタジー 3,029 位 / 24,623件
文字数 46,898 最終更新日 2020.03.05 登録日 2019.08.31
3
BL 完結 長編 R15
牧野柊一、十五歳。 母親の借金の担保として預けられた先で運命の人と出会う。
24hポイント 0pt
小説 85,178 位 / 85,178件 BL 8,097 位 / 8,097件
文字数 38,651 最終更新日 2020.05.21 登録日 2020.05.17
定職に就かずフリーター生活の 青年・大森は牛丼屋でのバイトが終わり、いつも通り夜道を徒歩で帰宅していた。 ところが、なぜか尾行されていた大森は数名の黒服に突如襲われボックスカーに引きずりこまれる。 車内で手首を拘束され、抗うことができない。 あまりの突然の出来事に呆然とする大森。 車に乗せられ30分ほど 林の中の古い倉庫の前に停車した。 大森は、手首を拘束されたままその倉庫の中に入る。 倉庫の中には、中央に円卓があり、 大森と同様に手首が拘束されている男が7人座っていた。 大森も1席だけ空いていた円卓の椅子に座らせられた。 間もなくして、不敵な笑みを浮かべた老人が倉庫内に入ってきた。 老人は円卓の8人に白紙の小切手を配った。 これから何が行われるというのか。
24hポイント 0pt
小説 85,178 位 / 85,178件 ミステリー 2,047 位 / 2,047件
文字数 2,873 最終更新日 2020.05.15 登録日 2020.05.14
4