走り屋小説一覧

タグ 走り屋×
4
若者の自動車離れが叫ばれてもう何年経つだろう。 自動車人気を取り戻したい自動車業界は『女子大生』による競技会開催という奇策に打って出る。 当初は奇異の目で見られるも業界のバックアップによりアイドル的な人気も博し年々熱気は増していく。 しかしその人気の根底を支えるのは『速く走りたい』と真摯に車と向き合う女子大生たちの姿であった。 これはそんな彼女たちの成長を描く自動車活劇である。
24hポイント 28pt
小説 14,579 位 / 96,164件 ライト文芸 203 位 / 3,931件
文字数 41,056 最終更新日 2019.03.31 登録日 2019.02.24
 俺の名は「楠木圭介」 二次元と痛車を愛する十九歳のナイス・ガイだ。  ある夜、地元の峠を攻めていた俺は一台のクルマにバトルを挑まれ完敗する。  その対戦相手は、プレイメイト並みのダイナマイトバディを持つお姉さま系知的美女「大橋薫子」だった。  リベンジを望む俺に彼女は告げる。 「あたし、弱い者イジメは趣味じゃないのよね。どうしてもあたしと再戦したいのなら、今年のG6ジムカーナで表彰台に登ってみなさいな。もしそれが叶ったなら、バトルするだけじゃなく、あたし、君と寝てあげてもいいわよ」  な、なんだってぇ~!!!  かくして、俺の童貞卒業……ではなく、俺の意地とプライドとを賭けたモータースポーツ挑戦が始まった。
24hポイント 21pt
小説 16,726 位 / 96,164件 キャラ文芸 292 位 / 2,704件
文字数 382,417 最終更新日 2021.01.20 登録日 2020.12.08
 走り屋の聖地「八神街道」から、「狼たち」の足跡が失われて十数年。  走り屋予備軍の女子高生「猿渡眞琴」は、隣家に住む冴えない地方公務員「壬生翔一郎」の世話を焼きつつ、青春を謳歌していた。  眞琴にとって、子供の頃からずっとそばにいた、ほっておけない駄目兄貴な翔一郎。  誰から見ても、ぱっとしない三十路オトコに過ぎない翔一郎。  しかし、ひょんなことから眞琴は、そんな彼がかつて「八神の魔術師」と渾名された伝説的な走り屋であったことを知る──…
24hポイント 0pt
小説 96,164 位 / 96,164件 ライト文芸 3,931 位 / 3,931件
文字数 289,225 最終更新日 2020.08.22 登録日 2020.07.10
レース中に友達を事故を起し 死んでしまった青年 辰起紫苑(タツキ=シオン) しかし目を覚ますと目の前にいた神様に友達を助けた功績を買われ異世界転生することに 乗り気でなかった辰起だったが 神様から一言 【これから行って貰う世界は独自のモータースポーツ文化が進み 大人は皆走り屋と言っても過言ではない】 との言葉に動かされ 更に愛車と共にはもちろんの事 整備に必要な大金を貰い 揚々と車バカ達の集う異世界へ!!
24hポイント 0pt
小説 96,164 位 / 96,164件 ファンタジー 26,104 位 / 26,104件
文字数 53,721 最終更新日 2020.11.02 登録日 2018.04.26
4