防空戦小説一覧

タグ 防空戦×
1
ブラーバ河に架けられた三本の橋のうち、中流域にある”栄光の十一月七日橋”は、労農党の結党記念日を冠していることもあり、絶対に損傷してはならない橋とされていた。 敵の爆撃によって橋が破損したり、崩落したりすることを恐れた労農党の指導部は、防空軍や陸軍の防空部隊を動員するよりも先に、労農党員の志願者によって編成された義勇部隊で防空部隊を組織し、橋の防備を固めることにした。 そんな大役を担う部隊である第四三七独立防空中隊は、隊員のすべてが女性によって編成されていた。 男性と同等か、それ以上に戦う女性たちと、その指揮官として放り込まれたある男性士官の戦いを描いた、転生も魔法もチートもない、泥臭い架空戦記です。
24hポイント 0pt
小説 87,166 位 / 87,166件 ファンタジー 24,901 位 / 24,901件
文字数 62,649 最終更新日 2017.07.02 登録日 2017.02.12
1