最弱素質小説(外部サイト)一覧

タグ 最弱素質×
1
地球にダンジョンが登場してから200年余り。 地表はダンジョンからあふれた魔物の世界となり、人類はダンジョンの中に都市を築き生活をするようになっていた。 ダンジョンシーカー。 それは都市の外、そしてダンジョンの外を移動して各地のダンジョンを探索する者。 その中でも特に国家認定された者達。 ダンジョンシーカーの国家ライセンスを取得するということは、人々の一つの憧れだった。 並野勇気は小学生の頃まではダンジョンシーカーを目指していた。 しかし体格に恵まれず、素質判定の結果は、物理攻撃力極小、魔法攻撃力極小、魔法回復力極小、総合判定:戦闘力皆無であった。 素質とは魔物を倒し続けた時に上昇する身体強化の基本。 つまり魔物を倒した時にどれ位強くなっていくかということだ。 この判定の結果、ダンジョンシーカーへの道となるエリート中学校への入学は叶わなかった。 それから約2年、中学3年生となったユウキはアレンジスキルとして非戦闘系のスキル<収納>を手に入れた。偶然起こしたそのアレンジ内容により、ユウキは再びダンジョンシーカーを目指す道へと戻っていくのだった。
24hポイント 5,776pt
小説 13 位 / 19,168件 ファンタジー 11 位 / 7,369件
1