カルチャーショック小説一覧

タグ カルチャーショック×
2
遠くに海が見える坂の街。坂の中ほどの古いカフェには本が溢れている。そこで雇われ住み込み店長をしている栞里は、ある日大きな獣を拾わされた。 坂を登る途中、休憩に立ち寄る客が面白半分に置かれた本に書かれた「召喚」をしてみたらしいが。その時は何も起こっていないようだったのに、裏庭に出たらそこには見たことのない姿の見たことの、ハロフィンの仮装のような姿をした獣耳とふさふさ尻尾の、物語にしか出てこないような青年が倒れていて。 とりあえず、ヴィルと名乗ったその青年を、拾うことにした。 好奇心で試した召喚で現代日本に招かれてしまった獣人のヴィルは、召喚される前、刺客に狙われ致命傷を負ったはずだった。召喚のおかげか、傷ひとつない姿に驚きながら、自分を拾った栞里に心を許し、生活をしながら帰る方法を探し始める。できることなら、行き来できる方法を、と。
24hポイント 21pt
小説 16,626 位 / 99,626件 ファンタジー 3,210 位 / 26,808件
文字数 250,040 最終更新日 2020.12.15 登録日 2020.06.20
2
SF 連載中 長編
2010年。 ごく普通の大学生である高丘和木は、姉の菫とともに西新宿の自宅で二人暮らしをしていた。 夏のある夜、和木が家に帰ると仏間に昔の侍姿の男が座っていた。 なんと男は、江戸時代の内藤新宿で、仇討ちの途中でこの地へと飛ばされた侍・寺田友五郎行現だった!  友五郎は本懐を遂げることができるのか? 和木の運命は?
24hポイント 0pt
小説 99,626 位 / 99,626件 SF 2,958 位 / 2,958件
文字数 24,236 最終更新日 2020.11.01 登録日 2020.10.27
2