恩人小説一覧

タグ 恩人×
2
(あらすじ) 社会に出るまで不遇の境遇だった私ですが、全くの他人から良くして頂き今の自分や妻そして家族が曲がりなりにも暮らせているのは、書かせて頂きました恩人のお陰と言っても過言ではありません。 そんな恩人(仮名)から多大な愛情とご教示を頂いた事に感謝の意を込めて書かせて頂きました。 数えきれないほどの、他人の方々から良くして頂いた私たち家族です。 追々になると思いますが、その方々に感謝の意を込めて思い出を書いていけたらとも思っています。 この小説に登場する人物名、団体名、地名、画像等は実際とは異なります。 閲覧は自己責任でお願い致します。
24hポイント 142pt
小説 6,525 位 / 106,031件 エッセイ・ノンフィクション 93 位 / 3,505件
文字数 5,289 最終更新日 2021.06.19 登録日 2021.06.19
2
恋愛 完結 短編 R15
名前のない王女、それが私の呼称。名無し様、とか、名無し姫、とか呼ばれている。現在16歳。そろそろ婚約とか、世の中の令嬢は考える歳、だそう。 一人だけ離宮に住んでいて、趣味は流浪の民だった母の形見の札で行う札占い。 気紛れに手を出された母は私を産んで亡くなった。王は私に関心など無く、母も居ないので、名前は与えられなかった。 食事と衣服は与えられたが、教育も教養も私には無い。離宮の中で王家の責任も何も無く苦労もせず世俗から隠されて暮らす。 ある日、隣国の大使が来ると侍女たちが噂をしていた。 他の国にも私みたいなのはいるのかしら、という興味から、有り余った体力と躾のなさで鍛えた木登りをしていたら、大使と目があってしまう。 「君は?」 「……名無し」 「名無し……、そう、そうなったのか……」 意味深な言葉を呟いた若い大使は、私を売ってくれと国王に掛け合い、見事二束三文で売られた先の隣国で、私は本物のお姫様のように扱われて……?! 占い札に導かれた、シンデレラストーリー開幕! ※感想の取り扱いは近況ボードを参照してください。 ※小説家になろう様でも別名義で掲載しています。
24hポイント 113pt
小説 7,362 位 / 106,031件 恋愛 3,470 位 / 30,039件
文字数 32,299 最終更新日 2021.02.01 登録日 2021.01.25
2