館小説一覧

タグ ×
3
ある館に集められた二十四人の男女。その館で、オオカミ使いと名乗る男から突然命を懸けたゲームに参加するように命じられる。生き残れば最低でも十億円という大金が得られるゲーム。一見して生き残ることは容易に思えたゲームだったが、徐々に仲間はオオカミ使いの魔の手にかけられていく…。最後は絶対ハッピーエンドで締めくくりたい作者が贈るサバイバルミステリー。
24hポイント 42pt
小説 8,212 位 / 63,718件 ミステリー 93 位 / 1,587件
文字数 209,877 最終更新日 2019.05.03 登録日 2019.05.02
暗闇から感じる沢山の人の気配を感じつつ、目を開ければ洋風の綺麗なお城の会場の様な場所に沢山の人が居た。 首には番号と、左手首に皆同じ灰色の機械みたいな腕輪がくっついていた。 いつの間にドレスアップしたのか、私の服装はいつもの着古したジャージではなく、綺麗な青のドレスで裾の方などに2列のフリルが着いていて、左の胸にはスペードが着いていた。 当たりを見渡せば、皆同じようにカードのマークが胸に着いていたり模様になっている様だった。 私はまだこれが、私達の運命を左右する物だと知らなかった 大きなモニターと、少し小さめなモニターが至る所にあり、激しい音と共に画面が明るくなった。 ──────そう、こんな大勢が拉致(らち)されてドレスアップまでされてるなんて、そんなのゲームの世界だと高を括っていた私を地獄に落とす100秒前だった。 モニターには4人の手があり、恐らく机の真上を映している映像だった。何をしていたかと言うと、トランプだった。 悪魔付きゲーム、ジジ抜きと同じだ。だが、1番違う事は揃ったカードと同じマーク、同じ数字の者は揃った者同士で殺し合い、同時撃ちでも勝っても死ぬという事だ。 気づかなかったが、皆顔にマークが着いていた。そして、文字を消そうとしても何をしても消えなかった。 これは、52人が必ず死ぬという事だ。戦う場所は決まっているという事。1組1組でちゃんと部屋があり、そこで殺し合いそこが死に場所となる。 ───今思う事は、まだこれは余興に過ぎなかったんだと思う。 誰かの断末魔を聞くのも心地よくなるほどだから。
24hポイント 21pt
小説 11,637 位 / 63,718件 キャラ文芸 344 位 / 1,895件
文字数 26,495 最終更新日 2020.01.17 登録日 2019.09.13
僕らの住む村には、角島にあるかの有名な館を模倣して建てられた『八角館』なる建物が存在する―― とある小さな村において、一人の女子生徒――芳川千世――が夜、学校の屋上から転落して事故死するという事件が起きる。女生徒の幼馴染である一之瀬司は、そのことを不可解に感じ思い悩むも、何もできずに鬱々とした日々を送っていた。そんなある日。一之瀬を含めた六人の学生が黒い覆面をかぶった何者かに襲われ、八角館と呼ばれる奇怪な館に拉致されてしまう。そこにはゴーストを名乗る誘拐犯から一通の脅迫状が置かれており……。 壁を通り抜け殺しに現れる殺人者の手から、学生たちは無事に逃れることができるのか。緊迫の本格風ミステリー。
24hポイント 0pt
小説 63,718 位 / 63,718件 ミステリー 1,587 位 / 1,587件
文字数 73,933 最終更新日 2019.05.02 登録日 2019.05.02
3