無自覚無双小説一覧

タグ 無自覚無双×
5
1
ファンタジー 連載中 長編 R15
【完結目前】高校二年生の横伏藤太はある日突然、あまり接点のないクラスメイトと一緒に元いた世界からファンタジーな世界へ召喚された。初めのうちは同じ災難にあった者同士仲良くしていたが、横伏だけが強くならない。召喚した連中から「勇者の再来」と言われている不東に「目つきが怖い上に弱すぎる」という理由で、森で魔物にやられた後、そのまま捨てられた。……こんなところで死んでたまるか! 奮起と同時に意味不明理解不能だったスキル[魔眼]が覚醒し無双モードへ突入。その後は別の国で召喚されていた同じ学校の女の子たちに囲まれて一緒に暮らすことに。一方、捨てた連中はなんだか勝手に酷い目に遭っているようです。※全四章予定 ※不定期19時更新 ※小説家になろう、カクヨム、ノベルアップ+にも同じものを掲載しています。
24hポイント 2,521pt
小説 772 位 / 125,444件 ファンタジー 196 位 / 32,294件
文字数 396,988 最終更新日 2021.12.01 登録日 2021.08.03
【レベル0】――これはソル・ユグドラシルが15歳の時に得たスキルである。  このスキルがあるおかげでソルのレベルは最低基準のレベル0から一切の上昇をしなかったのである。ソルは生まれつき強くなる事ができない運命にあった。対して義理の弟は驚異的な速度で剣技が向上する当たりスキル【久遠の剣聖】を得る事となる。    その結果、ソルは役立たずの無能として実家を追放されてしまう。なんとソルは表向きは存在していない危険なダンジョン——裏ダンジョンに捨てられてしまうのであった。絶体絶命の状況下でありながら、そこでソルは気づいてしまったのだ。このレベル0という外れスキルを利用した裏技に。  その裏技とはレベルアップ時のスキルポイントを利用したものであった。経験値は取得できないがスキルポイントだけは取得できる。 レベルが上がらない事により高効率でスキルポイントを稼ぎ、スキルポイントをステータスに変換する『ステータス変換』というスキルを取得し、ステータスを高効率で上げていく。  レベルが上昇しない事を逆手に取った成長方法でソルは加速度的に強くなり、裏ダンジョンを攻略してしまう。  しかしソルは攻略した裏ダンジョンが生還不可能な極悪難易度なものだと知らず、自身が世界最強になっている事にすら気づいていなかった。    これは追放されたレベル0の無能剣士が無自覚に無双する英雄譚である。 ※他サイトでも公開中
24hポイント 269pt
小説 4,373 位 / 125,444件 ファンタジー 893 位 / 32,294件
文字数 174,982 最終更新日 2021.07.28 登録日 2021.05.19
北野悠人は世界に突如現れたスキルガチャを引いたが、外れスキルしか手に入らなかった……と思っていた。 が、実は彼が引いていたのは世界最強のスキルばかりだった。 災厄級魔物の討伐、その素材を用いてチートアイテムを作る錬金術、アイテムを更に規格外なものに昇華させる付与術。 何でも全て自分でできてしまう彼は、自分でも気づかないうちに圧倒的存在に成り上がってしまう。 ※小説家になろうでも連載してます(最高ジャンル別1位)
24hポイント 49pt
小説 12,193 位 / 125,444件 ファンタジー 2,316 位 / 32,294件
文字数 63,734 最終更新日 2020.09.23 登録日 2020.02.23
神の都合によって半ば強引に死んでしまった少年は、異世界で帝国の第三皇子として生まれ変わる。 両親から与えられた“ルーク”という名で今度こそ生涯を全うすべく、自衛も兼ねて日々剣術と魔法の修練を行っていたルークは、何の不幸か、その後の将来を決めるとまで言われる神からのスキル付与式で、手のひらサイズの鉱物を生むだけという外れスキルを与えられてしまう。 本来は実力主義の国を治める皇族として、相応のスキルでなければならならないルークが外れスキルを得たことで、元々魔力と神力も平均的だったことも相まってか周囲から一気に非難され始めてしまい、国での立場が危うくなってしまう。 そんな危機的な状況であるにも関わらずルークは、相変わらずのマイペースさと夢中になると見えなくなるその性格で、今日も鉱物スキルを極めていくのだった。
24hポイント 7pt
小説 26,668 位 / 125,444件 ファンタジー 5,102 位 / 32,294件
文字数 4,316 最終更新日 2021.08.15 登録日 2021.08.11
ダンジョンの修理などをする『ダンジョン整備士』のアルフは、研究者気質でコミュ障なのが災いしたのか、ある日無実の罪を着せられ、40年近く働いたギルドを追放されてしまう。 せめて最後に自分が整備した痕跡だけ見ようとダンジョンを回っていると、信頼していた友人に巨大な穴へと落とされてしまった。穴はダンジョンの最下層まで続いていて、しかも馬鹿強いモンスターがうじゃうじゃ。 絶対絶命のピンチに、アルフはたまたま倒したモンスターのドロップアイテムを食べ、若返る。 若返り体力も戻ったアルフは、長年培った整備士の知識を駆使し、無自覚無双しながら生き延びていく。 一方ギルドでは、ベテラン整備士を失ったガタがきていて──?
24hポイント 0pt
小説 125,444 位 / 125,444件 ファンタジー 32,294 位 / 32,294件
文字数 13,186 最終更新日 2021.09.06 登録日 2021.09.02
5