ふんわり小説一覧

タグ ふんわり×
4
四軒の長屋がポツンとある。そこには大家さんと、一人暮らしの娘っ子がいて、二つの空いた部屋を貸し出すが、なかなか居付かない。なぜだろうと思いつつのんびり過ごしている人情もの
24hポイント 0pt
小説 80,250 位 / 80,250件 歴史・時代 1,094 位 / 1,094件
文字数 11,547 最終更新日 2020.06.27 登録日 2020.05.20
バイトを探していた紗菜はある喫茶店を見つけた。その喫茶店に惹き付けられるように店のドアを開けた。そこにはコーヒーの匂いが立ち込めている。コーヒーの甘い匂い、それから、ふんわりとした顔の店員。 「いらっしゃいませ」 その透き通る声で自然と足が動いた 紗菜はバイトをしながら小説家を目指す女の子。 ふんわりとした雰囲気を味わってください。
24hポイント 0pt
小説 80,250 位 / 80,250件 ライト文芸 3,663 位 / 3,663件
文字数 7,483 最終更新日 2020.04.19 登録日 2020.04.14
なんか、猫を育てる事になったんだけど、猫って毛が生え変わる度に柄が変わったり大きさが変わる生物だっけ?
24hポイント 0pt
小説 80,250 位 / 80,250件 キャラ文芸 1,899 位 / 1,899件
文字数 9,449 最終更新日 2020.01.11 登録日 2019.12.22
4
大衆娯楽 完結 ショートショート
先生と僕の物語 カクヨムにて類似作品執筆 以下、ちらみせ ーー 「すごい、先生はなんでもできるんですね」 「いや、僕はできることしかできないよ」  そう言って、先生は手近な岩を、パンに変える。  元々、岩だったそれは、まるで焼きたてかの如く、香ばしい匂いを放つ。  先生は、嘆息交じりパンをかじる。  僕の先生(――正確には家庭教師なのだが)は魔法使いである。今みたいに、岩をパンに変えることはもちろん、水をワインに変えたり、空を飛んだりすることもできる。本気になれば、目から光線を放つこともできるそうだ。  けれど、先生はそのことを誇らない。つまらない特技だと溜め息交じりに呟く。 「こんなことができて何になる? 何も役には立たないよ。ただの宴会芸に過ぎない」 「けれど先生、普通の人はそんな『奇跡』みたいなことできませんよ」
24hポイント 0pt
小説 80,250 位 / 80,250件 大衆娯楽 2,488 位 / 2,488件
文字数 1,860 最終更新日 2019.06.30 登録日 2019.06.30
4