密室小説一覧

タグ 密室×
8
その少年は謎を解かない。 真実になんか、興味がないから。 古い洋館に従姉と住む、翡翠の目をした少年。学校にも通わず、洋館で絵を描き続ける彼は、従姉の世界を守るために嘘をつく。 夏のある日、従姉と訪れたとある島、そこにある浮世絵コレクターの屋敷で死体が発見される。 "真実"に気づいた少年は、従姉を守るために嘘をつくことを決めた。
24hポイント 468pt
小説 1,883 位 / 51,065件 ミステリー 27 位 / 1,385件
文字数 85,101 最終更新日 2019.06.30 登録日 2019.05.26
【第9回ミステリー大賞への投票、ありがとうございました。このお礼は作品で返していけたらと思っております】  安楽椅子探偵寄りのミステリーの短編集になります。 【第一奇譚】 《二者択一の殺人》【解決】  あるマンションで高校教師が殺害された。捜査線上に浮かび上がったのは二人の容疑者。どちらも容疑を否認しているが、事件当日にマンションの部屋を訪れたのは、この二人しかいない。  色々な意味で常連の刑事が持ち込んだ事件を、場末のスナックのママが推理する。 【第二奇譚】 《死者が鳴らしたナースコール》【解決】  あの病室には、重い病で亡くなった患者の霊が、今でも成仏できずに彷徨っている――。そんな噂が囁かれる小さな病院の、正に噂の部屋で、宿直勤務中の医師が殺害される。  ナースコールを握ったまま事切れていた被害者と、病院にありがちな怪談話。  その病院に、たまたま急性盲腸炎で入院していたママが、今度はベッドの上で推理する――。 【第三奇譚】 《カヨちゃんの恋》【解決】  ある夜、店にくたびれた大学生が来店する。  その落ち込みように声をかけたママは、彼の高校時代に起きたという事件の話を聞かされ、カヨちゃんという生徒の死を、彼が未だに引きずっていることを知る。  果たしてカヨちゃんは事故で死んだのか。それとも自殺だったのか。はたまた殺されたのか。悲壮なる過去に、ママはカウンター越しに推理を始める。 【第四奇譚】 《記号だらけの殺意》【解決】  この結末を教えて下さい――。そう言いながら店に押しかけてきた数名の男女。差し出されたのは、随分と色あせた原稿用紙だった。  彼らは近所の大学のミステリ研究会の部員らしく、その原稿は部に代々受け継がれてきた未完の推理小説。  結末を知ると死んでしまうと噂される呪いの原稿に、あまり乗り気ではないままに向かったママであったが、そこには登場人物の名前が全て記号の、奇怪な物語が広がっていた。  果たして誰がEを殺したのか――。 【第五奇譚】 《冷笑の証明》  未だに雪の残る山中にて女性の遺体が見つかった。警察の調べにより、その遺体が雪崩に巻き込まれて行方不明だった女子大生であることが判明する。しかし、遺体の後頭部には打撲痕が残されており、かたわらにはコンクリートブロックと【冷笑の罰】と焼印が施されたスコップが残されていた。  警察は殺人事件として当時被害者と登山をしていたサークルメンバーへの聞き込みを開始する。  そして、奇妙な因果に誘われて、ママもまたカウンター越しに推理することになる――。 ※毎日0時更新
24hポイント 42pt
小説 8,348 位 / 51,065件 ミステリー 122 位 / 1,385件
文字数 685,299 最終更新日 2017.05.05 登録日 2015.07.13
3
現代文学 完結 ショートショート
今日も、たまらないんだ。
24hポイント 0pt
小説 51,065 位 / 51,065件 現代文学 2,065 位 / 2,065件
文字数 2,004 最終更新日 2018.07.29 登録日 2018.07.29
俺達は今、ベルトコンベアの上に、いる。 世の中には「ニート」と呼ばれるものが溢れている。国にも親にも尽くさずただ呆然と生きている人々のことである。近年税収が右肩下がりの中、政府が苦肉の末に出した結論が「ニートを物理的に処理する」法案だった... このニュースを聞いた最上龍は自分の身を守るために国から逃げようとするも捕まってしまう。 目が覚めると見知らぬ場所に立たされていた。十数人の男女が同じように立っているのだが、突然床が動き出して...!
24hポイント 0pt
小説 51,065 位 / 51,065件 ミステリー 1,385 位 / 1,385件
文字数 6,533 最終更新日 2018.09.07 登録日 2018.09.06
過疎化が進むT県太郎丸村。 そこに、とある目的のため一人の少年が訪れた。 少年の名は要 依(かなめ よる)。 つまらない人間を自称する彼の前に、不思議な雰囲気を纏う少女が現れ―― 密室と首無し死体の謎を前に、依の目的は果たされるのか?
24hポイント 0pt
小説 51,065 位 / 51,065件 ミステリー 1,385 位 / 1,385件
文字数 14,017 最終更新日 2019.01.20 登録日 2018.10.14
 時は1990年代。大学で教鞭を執る「私」が出会う数々の凄惨な犯罪。時に教え子と共に推理を重ね、時に警察の力を借り、そして時には服役中の殺人犯の助言を得ながら犯人を追い詰めていく中で、「私」もまた否応なく闇の深淵を覗き込むことになる。切り裂き魔、強姦殺人鬼、大量殺人の予告者――。彼らとの戦いを経て辿り着くその場所とは。「私」は闇から逃れられるのか。
24hポイント 0pt
小説 51,065 位 / 51,065件 ミステリー 1,385 位 / 1,385件
文字数 40,646 最終更新日 2019.01.13 登録日 2019.01.13
密室に閉じ込められた6人の男女。 手足は枷で繋がれ身動きが取れない。 助かる術は犯人を当てること。 次々と明らかになる秘密。 そして、過去の罪。 果たして彼らは生きて帰れるのだろうか。
24hポイント 0pt
小説 51,065 位 / 51,065件 ミステリー 1,385 位 / 1,385件
文字数 22,623 最終更新日 2019.05.31 登録日 2019.05.31
森山探偵事務所の助手兼メイドの雨宮藍。 彼女には瞬間記憶能力といった特殊能力があった。生まれてから死ぬまで、見聞きした全ての事を覚えている能力だ。その能力により、雨宮は森山探偵の幻影を見る事が出来た。雨宮はその能力を存分に発揮して、今は亡き森山緋色の名を世界に轟かせるため奮闘する。 コミカルだけどちょっぴり切ない、サクサク読めるキャラクターミステリー。でも内容はライトじゃない! 短編中編の連作ミステリー。密室もあるよ♪ act.1「消せない記憶」(短編)2019.05.04 完。 ☆探偵事務所に慌てて入ってきた依頼者。彼の話では部屋の中で知らない女が死んでいるという。しかも部屋は密室であった。どうやって女は部屋に入ることができたのか……? 雨宮の記憶が事件の鍵を握る。 act.2「さよなら、私の愛したひと」(短編)2019.05.28完。 ☆夫の浮気現場を突き止めた妻が、夫を殺しにかかった。しかし形勢は逆転し妻が夫に詰め寄られるはめに。死を覚悟したその時、夫から殺人ゲームを提案される。殺人ゲームとは、互いに自筆の遺書を書いて殺しあうこと。果たして妻はやり直すことができるのか。異常な死体を前に、雨宮はどう立ち向かうのか? act.3「そしてすべてが一つになる」(中編)2019.06.02完。 ☆遠距離恋愛中の彼女が、彼に内緒で会いにやってきた。部屋に入りそこで見たのは、無残な彼の死体だった。さらに部屋の中から鍵が見つかって……。前代未聞の密室に雨宮が挑む。
24hポイント 0pt
小説 51,065 位 / 51,065件 ミステリー 1,385 位 / 1,385件
文字数 120,452 最終更新日 2019.06.03 登録日 2019.05.01
8