生贄小説一覧

タグ 生贄×
39
1
恋愛 連載中 短編
叔父一家に虐げられていた少女リアはついに竜王陛下への生贄として差し出されてしまう。どんな酷い扱いをされるかと思えば、体が小さかったことが幸いして竜王陛下からは小動物のように溺愛される。そして生贄として差し出されたはずが、リアにとっては怠惰で幸福な日々が始まった―――。
24hポイント 49,474pt
小説 60 位 / 99,543件 恋愛 53 位 / 27,696件
文字数 62,922 最終更新日 2021.04.14 登録日 2021.04.02
2
恋愛 連載中 長編
義母と義姉に虐げられ、使用人以下の扱いを受けてきたセシルは、悪魔公爵と呼ばれるルモニエ公爵に嫁がされることになった。 悪魔の呪いによってカラスに姿を変えられたルモニエ公爵は、とても醜く残忍だと言われている。神託によって彼の花嫁が必要となったため、セシルは生贄にされたのだった。 しかし、嫁いでみると残忍なはずの公爵はとても優しかった(と言うか、よわよわだった)。その上、呪いが解けている時はとんでもない美形。 セシルは大切にされ、思いのほか幸せな日々を送る……。 完全に呪いを解くには悪魔を見つけ出して戦う必要があるのだが……。 一方、セシルを虐めまくっていた義母一家には報復とも思える災いが次々襲いかかる。
24hポイント 23,736pt
小説 115 位 / 99,543件 恋愛 91 位 / 27,696件
文字数 11,720 最終更新日 2021.04.15 登録日 2021.04.06
アリア様は私に騙されて、生贄にさせられたと言います。 何を言っているのでしょうか。生贄になるとご自分で名乗りをあげ、生き神がごとく扱われてきたというのに……。
24hポイント 575pt
小説 2,165 位 / 99,543件 ファンタジー 482 位 / 26,782件
文字数 7,001 最終更新日 2021.03.21 登録日 2021.03.19
4
恋愛 完結 短編
五歳のときから塔へ幽閉されて、悪魔の生贄にされることが決まっているわたしシェイラ・エスリール。生贄の儀式の日、兵士たちに泉に沈められそうになっていたわたしを助けたのは、魔王と名乗るとてもきれいな男の人だった。魔王様はわたしを抱き上げて笑い「まさか聖女を拘束して魔王の生贄にささげるなんてな」って言って……ん? 聖女? お父様は真っ青になって腰を抜かしちゃうし、聖女の守りがなくなったから国は悪魔に侵略されるって――、しかもわたしは生贄ではなくて花嫁らしいし、もうわけわかんない! まあともかく、さようなら皆さま! わたし、聖女らしいけど悪魔の花嫁だそうです!
24hポイント 85pt
小説 8,101 位 / 99,543件 恋愛 3,740 位 / 27,696件
文字数 10,122 最終更新日 2020.06.06 登録日 2020.06.03
5
ファンタジー 完結 ショートショート
長い雨がやむことを願って、少女が水竜に捧げられた。 生贄になるために育てられた彼女は、親に子供として扱われず、穀潰しとして蹴られ、殴られて育った。 恩返しをしろと言われたので、恩返しをします。
24hポイント 71pt
小説 9,047 位 / 99,543件 ファンタジー 1,907 位 / 26,782件
文字数 5,636 最終更新日 2020.05.02 登録日 2020.05.02
第6回カクヨムWeb小説コンテスト中間選考通過作 「カクヨム」と「小説家になろう」にも投稿しています。 2020年11月4日「カクヨム」異世界ファンタジー部門日間ランキング51位 2020年11月4日「カクヨム」異世界ファンタジー部門週間ランキング52位
24hポイント 63pt
小説 9,525 位 / 99,543件 ファンタジー 2,002 位 / 26,782件
文字数 101,943 最終更新日 2021.01.25 登録日 2020.10.27
7
恋愛 完結 短編 R18
 この地には古くから続く忌まわしい伝統がある。――――それが『ドラゴンの花嫁』だ。若い娘をドラゴンの花嫁として贄に送り出すのだ。女であれば誰でもいい。さもなければドラゴンは、大雨を降らし、雷を落とし、さらには村どころか国ごと焼き払ってしまうという。そう、ドラゴンとは恐ろしい空の神なのである。  そして、凶作に見舞われたある年、貧しい農民の村娘オリヴィアが名誉ある役に抜擢された。家族や村はおろか国中の人々が歓喜し、お祭り騒ぎだ。なんとオリヴィアは、ドラゴンの花嫁に選ばれてしまったのだ。 <注意事項> *竜でも龍でもなく、ドラゴンです *よくある番ものですが、獣姦的描写はありません (R18描写には、サブタイトル横に✩を付けます) *ざまぁ展開はありません。主人公の幸せが、ちょっとしたざまぁです *ムーンライトノベルズ様でも掲載中です © 2019 Chihiro Fukaishi
24hポイント 28pt
小説 14,721 位 / 99,543件 恋愛 6,291 位 / 27,696件
文字数 27,555 最終更新日 2019.03.15 登録日 2019.03.10
8
恋愛 完結 長編 R18
ジェイルは竜の王だった。 毎日、退屈な日々を送っていた。 そこへ花嫁姿の少女が現れ言った。 「私を娶ってください」 話を聞くと少女は大国の巫女で星を読み、自分が生贄にされることを知ったという。 逃げ場所を探し星を読むと竜の王へ嫁げば助かると読みとれたという。 少女の名はナユタ。 ナユタは無邪気な普通の少女に見えたが夜星を読む時だけ別人になった。 そのギャップに惹かれ、竜の王は徐々にナユタに恋心を抱いていく。 しかし、大国の軍が攻めてきてナユタを連れ帰ろうとする。 そんなことはさせられないとして竜の王は戦う事を決意する。
24hポイント 21pt
小説 16,904 位 / 99,543件 恋愛 7,037 位 / 27,696件
文字数 29,272 最終更新日 2020.10.18 登録日 2020.10.05
9
恋愛 完結 短編
「よくここまで逃げ延びたな、聖女エルシィ」 「私を殺しても何も変わらないわ!」 「殺す? 違う、生贄に捧げるんだ」 国王が病に臥せってから7年、11人の聖女が生贄に捧げられた。この国の神話に、聖なる乙女を神に捧げ不老不死を手に入れた古代王の伝説があるせいだ。 「どうしても嫌か」 私を追い詰め、彼は言った。 「だったら俺の女になれ」 「え?」 「生娘しか生贄にはなれない。俺に抱かれて生き延びるか、純潔を守って俺に連行されるか。自分で選べ」 こうして私は将軍ノア・ラングフォードの床に入った……ひとりで。 実はノアもこの悪習を正そうと目論んでいたのだ。 行動を共にするうち、私はノアに惹かれていった。 でも彼が愛しているのは、生贄にされた5人目の聖女オーレリア。 守ってくれるのは、私を愛してるからじゃない。 ========================== (完結済)
24hポイント 21pt
小説 16,904 位 / 99,543件 恋愛 7,037 位 / 27,696件
文字数 19,546 最終更新日 2020.08.26 登録日 2020.08.22
10
恋愛 完結 短編 R18
R18表現あり、エロコメディ。とあるファンタジーな世界の神話っぽい話。途中で『中略』もありますが、そこはご想像にお任せです。私の書く小説はこんなテイストですよとご挨拶小説です。
24hポイント 21pt
小説 16,904 位 / 99,543件 恋愛 7,037 位 / 27,696件
文字数 3,000 最終更新日 2020.01.14 登録日 2020.01.14
11
恋愛 連載中 長編
異世界の村。 そこは、ドラゴンに生贄をささげ村の願いを叶えてもらっていた。 身寄りの無い少女は生贄に選ばれ、ドラゴンに捧げられたのだった。 しかし―― 彼女を見たドラゴンの王太子は一目ぼれ。 人の姿となり、彼女を溺愛するのだった。
24hポイント 21pt
小説 16,904 位 / 99,543件 恋愛 7,037 位 / 27,696件
文字数 12,961 最終更新日 2021.03.29 登録日 2019.11.18
‥‥‥彼は、生贄だった。 その理由は、家の利益のため。 そして竜は、彼を見て‥‥‥ ――――― ‥‥‥よくあるざまぁもの。ただし、悪役令嬢とか婚約破棄ではないので注意。 短い短編ですが、興味があればぜひどうぞ。
24hポイント 21pt
小説 16,904 位 / 99,543件 ファンタジー 3,276 位 / 26,782件
文字数 4,774 最終更新日 2019.10.28 登録日 2019.10.28
13
恋愛 完結 短編 R15
前世やりこんだ乙女ゲーム『砂漠の精霊は華を愛でる』に出てくる皇弟─サリフとして、生まれたことに気づいた俺だが、思い出したのがあまりにも遅すぎた。 引き取らされた娘たちの内、姉である─アミーラは、既に精霊の花嫁になることを皇帝から命じられていた。花嫁とは形ばかりの生贄に。 だが、お前たちは知らない。 追い詰められているのが、自分たちであるなど…。 ここから去る前にちょっとした置き土産を。
24hポイント 14pt
小説 19,737 位 / 99,543件 恋愛 8,114 位 / 27,696件
文字数 14,319 最終更新日 2020.12.31 登録日 2020.12.26
14
恋愛 完結 短編 R15
三年前の飢饉のとき、妻を理不尽に殺され理性を手放し暴れ回る父を止めようとした鬼のユウゴは、死闘の末に勝利を収めることができたが、二本の角を折られてしまった。 父親を殺した記憶はユウゴの心を苛み、積極的に生きる気力を失わせていた。 惰性で生きて放浪しているユウゴは、腹を空かせて倒れてしまう。このまま餓死してもいいかと思っていたユウゴを一人の女が助けた。 江戸時代風を舞台にした和風ハードボイルドファンタジー。 「最強の鬼と不幸で平凡な娘」の凄腕医師ショウタ先生の先祖の話ですが、これ単体で楽しんでいただけると思います。 小説家になろうさんにも投稿しております。
24hポイント 14pt
小説 19,737 位 / 99,543件 恋愛 8,114 位 / 27,696件
文字数 15,804 最終更新日 2020.12.13 登録日 2020.12.13
棺の中には生贄の花嫁! 極悪魔王スタッズの花嫁として、魔王城へと送り込まれた村娘マデリーン。 異世界転生者である彼女は、すぐ新しい世界に順応し、魔王の花嫁になるべく決意を固めていた。 しかし魔王は腹心の者以外との交流を求めず、マデリーンを拒絶する。 それならそれで、マイペースに生きてやるんだから。 ネガティブな極悪魔王とポジティブな村娘とのラブストーリー。
24hポイント 14pt
小説 19,737 位 / 99,543件 ファンタジー 3,846 位 / 26,782件
文字数 17,691 最終更新日 2019.10.08 登録日 2019.08.27
16
BL 連載中 短編 R18
「俺が生贄になるっておかしいだろ!!」 容姿端麗であり村1番の美形であった主人公のネヴィルは、容姿が良いからという理由で村を脅かす魔物の生贄に選出された。 縛られて身の自由を奪われ生贄として乱雑に捧げられると、その魔物とやらに身体を弄ばれる事に。 ただ単に身体を弄ばられるという訳ではなく、切り裂かれた皮膚と臓腑や血と痛みが伴った拷問に近いものであったが徐々に快楽に目覚めていき・・・ 手に負えない魔物×生贄にされた気が強い美形 と少し騎士。 かなりリョナやグロテスクな表現が多め。オチは快楽堕ちです。 のんびり更新。
24hポイント 7pt
小説 23,584 位 / 99,543件 BL 4,406 位 / 9,878件
文字数 22,093 最終更新日 2021.02.26 登録日 2020.12.21
17
恋愛 完結 長編 R15
少女に手を差し伸べたのは、王子でも勇者でも天使でもなく。 一人の悪魔だった…………。
24hポイント 7pt
小説 23,584 位 / 99,543件 恋愛 9,895 位 / 27,696件
文字数 14,998 最終更新日 2020.05.14 登録日 2020.05.12
18
恋愛 完結 短編
 守り神の花嫁として、私は育てられた。  それがどういう事なのか、知っている。ようは生贄だ。  だけど逃げるつもりはない。
24hポイント 7pt
小説 23,584 位 / 99,543件 恋愛 9,895 位 / 27,696件
文字数 12,947 最終更新日 2020.03.15 登録日 2020.03.10
よくある生贄とドラゴンの話。 「餌はまだか」と暴れる龍の元へ、逃げて落ちてきた生贄。 焼け死んだ贄しか見たことが無い龍は、その人間が餌に選ばれた生贄だとは知らなかった。 ※エブリスタ、小説家になろうにて投稿
24hポイント 7pt
小説 23,584 位 / 99,543件 ファンタジー 4,945 位 / 26,782件
文字数 5,426 最終更新日 2019.08.13 登録日 2019.08.13
20
BL 連載中 長編 R15
本作は、とある理由により、男であることを隠さないといけない国に住んでいる16歳の青年と、隣町の若き王子20歳のなんとも変わったラブストーリーである。 国王と青年が出会ったのは、国王の住む国で行われる舞踏会での事だった。青年は、隣町で行われる舞踏会の招待状が自身の家に送られてきた事から、病気ですっかり弱ってしまった母親に、贅沢なものを食べさせたいと考え...乗り気ではないが、舞踏会に行くことに...。 青年は、舞踏会に忍び込むと、関係者以外立入禁止である城内へと足を進め、金品などを物色し、盗みを働こうとした。だが、運悪く後をつけてきていた王子にその光景を目撃され、見つかってしまう...。王子は、青年(女装してドレス着ているから美少女)に、どういう訳か求婚を頼み込んできたが…当然青年は、顔を真っ青にして断った…。すると、途端に王子の性格が豹変して...「この条件を飲まなければ、お前が城内の物を物色していたことを口外する。」と青年を脅し...青年は、仕方なく婚約という条件を受け入れることに...。 この物語は、そんな僕と隣国王子との禁断の恋物語である。
24hポイント 7pt
小説 23,584 位 / 99,543件 BL 4,406 位 / 9,878件
文字数 116,473 最終更新日 2021.02.25 登録日 2020.12.13
主人公含む計38人が学校の七不思議を試す。そして、突然異世界へと飛ばされ生贄として殺されそうになる。それをなんとか止めようと必死にもがく物語。
24hポイント 0pt
小説 99,543 位 / 99,543件 ファンタジー 26,782 位 / 26,782件
文字数 830 最終更新日 2021.03.29 登録日 2021.03.26
22
ファンタジー 完結 ショートショート
一族の血を途絶えさせたくない貴族の娘は魔女に懇願した。 すると、子供を差し出せと言う。 恐ろしい注文に、一度は逃げようと思ったが、やらねばならない。 娘は誰を差し出したのか。 そして、魔女と子供の行方やいかに。
24hポイント 0pt
小説 99,543 位 / 99,543件 ファンタジー 26,782 位 / 26,782件
文字数 678 最終更新日 2021.02.24 登録日 2021.02.24
23
BL 完結 短編 R15
好きな人がいる。だけど、俺はもうすぐ生贄としてお社様のところへ行くのだ。 サイト用に数年前書いた現代ファンタジーBLです。 生贄お嫁入り設定。(人外×人間) 蛙です。地雷持ちの方はご無理の無いようにお願いします。 男が妊娠できる世界設定ではありますが、主人公は妊娠しません。 番外編に性行為を匂わせるシーンがあります。 ※ファンタジー/人外/蛙/現代設定
24hポイント 0pt
小説 99,543 位 / 99,543件 BL 9,878 位 / 9,878件
文字数 14,628 最終更新日 2021.01.17 登録日 2021.01.11
24
ホラー 完結 短編 R15
自然に囲まれ、都市から隔絶された村。そこは昔森の神に生贄を捧げていたらしい。 そんな森で、少女は一人の青年と出会う。 「あなたが、昔いけにえにされた、可哀そうな人?」 誰からも愛された青年が、いけにえにされた理由とは? 小説家になろうにも投稿しています。
24hポイント 0pt
小説 99,543 位 / 99,543件 ホラー 3,609 位 / 3,609件
文字数 7,780 最終更新日 2021.01.10 登録日 2021.01.10
「こんな閉鎖的で狂った場所から逃げるんだ!」  主人公のアダムはカルト教団の聖堂にて祈りを捧げている所、窓から日が差すのと同時に前世の記憶を朧げながら思い出した。名前とぼんやりとした記憶や培った物は思い出せたものの、前世の死因にまつわる記憶が一切無いことに気付く。そうこうしていると教徒たちに今から10年に一度の儀式を行う為に地下へ行くと、一人の美少女イザベルが裸で金の台座の上に寝かされ、教祖からナイフで胸を切られそうになっていた・・・
24hポイント 0pt
小説 99,543 位 / 99,543件 ファンタジー 26,782 位 / 26,782件
文字数 8,855 最終更新日 2021.01.15 登録日 2021.01.12
僕は、<神>だ。 人間達は僕を<神>と呼ぶ。 だけど僕は、自分が何なのか知らない。確かに僕が思うだけで空は荒れ狂い地面は激しく揺れ、海が二つに割れることもある。 でも僕は、自分にどうしてそんなことができるのか、その理由を知らない。 僕は死なず、老いず、傷付かず、朽ちることがない。そうやって数万回、季節が巡るのを見守ってきた。 そんな僕を人間達は<神>と呼ぶ。 そう呼ばれることを僕は望んでもないのに、勝手にそう呼ぶんだ。 だから普段は、人間達の前には姿を現さないようにしていた。僕の気配を感じると人間達は勝手に、畏れ、崇め、敬うから。 やめろ…やめてくれ…… お前達がそんなことをするから僕はここから動けないんだ。人間達の<想い>が、僕をここに縛り付ける。 それを引きちぎって行くこともできなくはない。だけど僕はそれを選択できない。何故かって? 彼らが僕に<想い>を寄せることで、彼らは僕の<眷属>となり、彼らの<命>の一部を僕に預ける形になっているからだ。僕が彼らを見捨てていけば、彼らはその命を全うできずに死ぬ。 僕は滅ぶことのない存在だけど、だからこそ死ぬことができる彼らが羨ましい。 彼らが<死>を享受できることが妬ましいんだ。だからこそ僕は彼らに安易な死を与えたくない。不愉快だから。死ねない僕の前で死の安らぎを享受する彼らが許せないから。 生きろ。 人間達よ、生きろ。 生きることこそが、僕がお前達に与える<呪い>だ。 痛み、苦しみ、渇き、妬み、嫉み、悲しみ、憎しみを抱えて生きていけ。どうせお前達は、死ぬことでそれから逃れられるのだから。 けれど、最近、人間達は徐々に僕のことを崇めなくなっていった。僕を崇めなくても、何やら作物を上手く実らせる方法を見付けたらしい。 何かと言えば人間達が用意していた<生贄>もぱったり来なくなった。 おかげで僕は安穏とした時を過ごせていた。人間達に煩わされることなく。 なのにある時、大変な干ばつがあった。雨がまったく降らず作物は育たず、それは、大飢饉をもたらした。 僕は何もしてない。いや、もしかしたら何もしなかったから……かな? すると人間達はまた、僕の前に一人の女の子を寄越した。生贄だ。 ああ、もう、どうしてこうなるんだ…… こうして、僕と、生贄の少女<ヒャク>との日々が始まったのだった。
24hポイント 0pt
小説 99,543 位 / 99,543件 ファンタジー 26,782 位 / 26,782件
文字数 110,165 最終更新日 2020.12.25 登録日 2020.09.17
100年に1度ある祭りが催される。 古い風習が残るその村では祭りの最後に神に生贄を捧げるそうな。 生贄を捧げられたが食うわけにもいかず幼子を育てることになった神様の話。とかいつつ、お世話されるお話。
24hポイント 0pt
小説 99,543 位 / 99,543件 ファンタジー 26,782 位 / 26,782件
文字数 2,550 最終更新日 2020.04.30 登録日 2020.04.30
28
恋愛 完結 長編
生贄になることになった。けれど、彼は逃げようと言う。(※重複投稿作品)
24hポイント 0pt
小説 99,543 位 / 99,543件 恋愛 27,696 位 / 27,696件
文字数 1,354 最終更新日 2020.02.27 登録日 2020.02.26
   無様であろうと出来る全てはやったと満足を抱き、王女様は美しくわらいました。  それはそれは美しい笑みでした。  「お前程の悪女はおるまいよ」  王子様は最後まで嘲笑う悪女を一刀で断罪しました。  きたいの悪女は処刑されました 解説版
24hポイント 0pt
小説 99,543 位 / 99,543件 児童書・童話 1,897 位 / 1,897件
文字数 5,843 最終更新日 2019.12.01 登録日 2019.12.01
タイトルがネタバレしてるような話。 (※重複投稿)
24hポイント 0pt
小説 99,543 位 / 99,543件 ホラー 3,609 位 / 3,609件
文字数 636 最終更新日 2019.02.20 登録日 2019.02.20
「童話」に掲載する予定だったのですが、書いているうちにこれは違うな?と思いました。朝の9時に書き始め、現在19時。グラフィックス込みでFacebookの付き合いに答えつつ、イワシの丸干しその他を買いつつ。はあ、人生はくだらない。
24hポイント 0pt
小説 99,543 位 / 99,543件 ファンタジー 26,782 位 / 26,782件
文字数 3,518 最終更新日 2019.02.17 登録日 2019.02.17
32
ホラー 連載中 短編
陰湿な村に龍神様はいた。
24hポイント 0pt
小説 99,543 位 / 99,543件 ホラー 3,609 位 / 3,609件
文字数 5,416 最終更新日 2019.01.29 登録日 2019.01.19
黒見山に住む片見家の「魔女」に関する伝承。 6年前、当代の魔女だとされていた片見梓が死に、多くは謎のまま忘れ去られていくはずだった。 そんな中、片見梓の7回忌にあわせ黒見山の屋敷へ家主たちは招いた覚えのない客が次々と訪れる。 「魔女」と呼ばれた女の死の真相は? ※戯曲用に作成した作品をリライトしています。
24hポイント 0pt
小説 99,543 位 / 99,543件 キャラ文芸 2,636 位 / 2,636件
文字数 24,987 最終更新日 2019.01.24 登録日 2018.11.21
舞台は富豪と貧民の差が激しい国。 そこには200年に一度、贄を捧げなんとか国を保つ儀式がある。 その儀式に必要な贄は『眼球』だ。 しかし普通の眼球ではない。 贄のためだけに生まれる少女たちの『宝石の目』なのだ。
24hポイント 0pt
小説 99,543 位 / 99,543件 ファンタジー 26,782 位 / 26,782件
文字数 3,418 最終更新日 2018.11.16 登録日 2018.11.16
35
恋愛 連載中 長編 R15
辺境の閉鎖された村では伝統を大切にしていた。今までのしきたりなどを破るものは排除の対象。 ある女が小さな女の子を拾った。それまでは、村の人々と良い関係を築けていたのだろう。しかし、村の人々は子どもを拾った女を虐げた。 村の人々は女に言う。 「お前は、水神の供物だ。村の恵みのために、生贄になるのだ」 ある女はその言葉に蕩けるような笑みを浮かべた。 (※不定期更新。修正のため非公開としていた話を更新しました。修正済みです。次回29話からとなります。後ほど、このお知らせを消させていただきます。2021.4.2)
24hポイント 0pt
小説 99,543 位 / 99,543件 恋愛 27,696 位 / 27,696件
文字数 38,931 最終更新日 2021.04.02 登録日 2018.10.20
36
ファンタジー 連載中 長編 R15
 目が覚めると主人公――カズナリは記憶を失っていた。そんなとき、生贄として祀られる運命だった獣人奴隷少女のアオイに出会う。だが、アオイの前に天使が舞い降りる。天使からアオイを救うべくその場にあった大鎌を手にし、人では殺すことのできないはずの天使を殺すことに成功する。  そして、神を殺す手助けをしてほしいというアオイの頼みを聞き入れ旅をすることになるのだった。カズナリは身も心も主人公一筋になってしまったアオイとイチャイチャしながらも神を殺すための旅に出るのだった。 ※00:00時更新予定 ※一章の幕間からイチャイチャし始めるので気になる方はそちらをご覧ください。
24hポイント 0pt
小説 99,543 位 / 99,543件 ファンタジー 26,782 位 / 26,782件
文字数 132,584 最終更新日 2018.10.08 登録日 2018.09.01
――この祭りは、全員死ぬまで終われない。 神託を受けた”狩り手”が一日毎に一人の生贄を神に捧げる奇祭『神暴き』。そんな狂気の祭りへと招かれた弐沙(つぐさ)と怜。閉じ込められた廃村の中で、彼らはこの奇祭の真の姿を目撃することとなる……。
24hポイント 0pt
小説 99,543 位 / 99,543件 ミステリー 2,413 位 / 2,413件
文字数 99,607 最終更新日 2018.06.28 登録日 2018.05.28
影の宮が打倒されて日の宮の支配する地となった中の国は、解き放たれた妖による禍に悩まされていた。日の宮の力は守りにある。妖の本質を見抜き、それを封じる力だ。しかし、それをしても妖を本当の意味で滅することはできないでいた。封じから逃れ逃げた妖と繰り返す封印、それは次第に人々に不安を呼びそれが妖の力を増大させるという悪循環に陥っていた。 ※小説家になろうにも投稿しています
24hポイント 0pt
小説 99,543 位 / 99,543件 ファンタジー 26,782 位 / 26,782件
文字数 6,097 最終更新日 2018.05.20 登録日 2018.05.20
39
ホラー 完結 ショートショート R18
 のぞき見をした者の報い、それは仲間になる事!  好奇心で魔の儀式を見てしまった少女トメは白蛇とその仲間の妖たちによって異形の姿にかえられるしかない!  これは白蛇の呪いであった! トメは消えてしまう! そして・・・
24hポイント 0pt
小説 99,543 位 / 99,543件 ホラー 3,609 位 / 3,609件
文字数 6,752 最終更新日 2017.11.12 登録日 2017.10.17
39