予言小説一覧

タグ 予言×
8
 愛する夫との間に子供が出来た! そんな幸せの絶頂期に私は死んだ。あっけなく。 その私を哀れんで……いや、違う、よくも一人勝手に死にやがったなと、恨み骨髄の戦女神様の助けを借り、死ぬ思いで(死んでたけど)生まれ変わったのに、最愛の夫から、もう愛してないって言われてしまった。  必死こいて生まれ変わった私、馬鹿?  聖女候補なんかに選ばれて、いそいそと元夫がいる場所まで来たけれど、もういいや……。そう思ったけど、ここにいると、お腹いっぱいご飯が食べられるから、できるだけ長居しよう。そう思って居座っていたら、今度は救世主様に祭り上げられました。知らないよ、もう。
24hポイント 1,263pt
小説 1,067 位 / 87,038件 ファンタジー 302 位 / 24,881件
文字数 105,989 最終更新日 2020.11.07 登録日 2020.10.16
2
恋愛 連載中 長編 R15
皇国の姫ティア・ゼルネリア十七歳。 彼女に予言が下される。結婚した翌年の十八歳で呪殺されるだろうと。 「是非、是非ともお願いします!」 ティアには悪癖があった。 それは己の不幸に、どうしようもなくときめいてしまうというものだ。 暗殺者の訳あり魔導師と変わり者のお姫様の話です。
24hポイント 92pt
小説 7,050 位 / 87,038件 恋愛 3,024 位 / 22,957件
文字数 31,447 最終更新日 2020.07.16 登録日 2020.07.16
東雲理音は天文部の活動で、とある山奥へと旅行に行った。 見たことのない星空の中、予定のない流星を目にしていると、理音はめまいに倒れてしまう。 気付いた時、目の前にいたのは、織姫と彦星のようなコスプレをした男女二人。 おかしいと思いつつも外に出た理音が見たのは、空に浮かぶ二つの月だった。 言葉の通じない人々や、美麗な男フォーエンを前にして、理音はそこが別の世界だと気付く。 帰り道もわからないまま、広々とした庭が面した建物に閉じ込められながらも、悪くもない待遇に理音は安心するが、それが何のために行われているのかわからなかった。 言葉は理解できないけれど、意思の疎通を図れるフォーエンに教えられながらも、理音は少しずつ自分の状況を受け入れていく。 皇帝であるフォーエンの隣に座して、理音はいつしかフォーエンの役に立てればと思い始めていた。 どこにいても、フォーエンのために何をすべきか考えながら、理音は動き出す。
24hポイント 49pt
小説 9,629 位 / 87,038件 ファンタジー 2,172 位 / 24,881件
文字数 450,011 最終更新日 2020.11.27 登録日 2020.01.26
4
恋愛 完結 ショートショート
 社会科見学で訪れた遺跡であたしは唐突にかつてそこにいたという前世を思い出した。  それは幸せになってほしかった人がどうなったのか知ってしまったということで――。  マジでそれだけの話。いやほら関連がある何十年か後が舞台の作品でハッピーエンドになったキャラがその後不幸な目に遭ったことを知って微妙な気持ちになったりすることあるやん。モチーフあれ。  うーん、カテゴリが違う気も。それはそれとして、よくある設定だけど使い回しても面白いかもしれない。  ただいま諸事情で出すべきか否か微妙なので棚上げしてたのとか自サイトの方に上げるべきかどうか悩んでたのとか大昔のとかを放出中です。見直しもあまり出来ないのでいつも以上に誤字脱字等も多いです。ご了承下さい。  後で消す私信。ただいまWindows10に環境移行中です。よっていろいろ滞ってます。OSが対応になったので一太郎最新版にしました。文字ちょっと打ってみただけとはいえこの重い環境で動いたことにびっくりした。。。
24hポイント 21pt
小説 14,405 位 / 87,038件 恋愛 5,885 位 / 22,957件
文字数 1,309 最終更新日 2018.09.15 登録日 2018.09.15
5
恋愛 完結 ショートショート
 昔、殿下との婚約は破棄されると精霊に予言されたことがある。  当時は反論していたけれど、今はもう出来ない。  たぶん一番不幸なのは殿下(おい)。  ただいま諸事情で出すべきか否か微妙なので棚上げしてたのとか自サイトの方に上げるべきかどうか悩んでたのとか大昔のとかを放出中です。見直しもあまり出来ないのでいつも以上に誤字脱字等も多いです。ご了承下さい。  後で消す私信。ただいまWindows10に環境移行中です。よっていろいろ滞ってます。とりあえず強制終了以外で再起動ができるようになりたい。。。
24hポイント 21pt
小説 14,405 位 / 87,038件 恋愛 5,885 位 / 22,957件
文字数 1,442 最終更新日 2018.09.08 登録日 2018.09.08
6
ファンタジー 連載中 長編 R15
大神殿に所属する聖女アリーチェは、自身の持つスキル「蘇生」のせいで魔女と呼ばれ、処刑されそうになってしまう。 逃げ出した彼女は、毒に侵され、死にかけた王太子に取引を持ち掛ける。 「必ずあなたを治します。だからわたしを、保護してもらえませんか?」 王太子はそれを承諾し、アリーチェを保護すると約束してくれた。 そして彼女は言った。 「あの、一度死んでもらえませんか? その方が早いので」 死んでから復活すれば、身体は状態に戻る。そうして彼は、アリーチェの忠実な騎士となった。 だが、実は転生者だったアリーチェは、前世の自分が残した予言のせいで、処刑されそうになっていたことを知る。 大神殿と王国を敵に回し、それでも処刑エンドだけは避けなければと、アリーチェは彼女の騎士となった王太子ウォルトとともに戦う決意をした。
24hポイント 14pt
小説 16,823 位 / 87,038件 ファンタジー 3,570 位 / 24,881件
文字数 11,787 最終更新日 2020.06.28 登録日 2020.06.22
私にはその愛情、無理。忌み子が不幸をもたらす。そんな予言を信じた世界の話。
24hポイント 7pt
小説 19,862 位 / 87,038件 ファンタジー 4,464 位 / 24,881件
文字数 1,446 最終更新日 2020.03.14 登録日 2020.03.13
8
ライト文芸 完結 ショートショート
猿にもわかる占いの作り方。  これで君も明日から占い師だ。  魔法使いは現実にはいないけど、占い師なら現実にいるぞ!現実の君には大魔法使いになれる血統も神様からの贈り物もないけれど、オリジナルの占いならだれにでも作れるぞ!ただし、君がカリスマ占い師になれるかどうかは君自身の問題だ。 「小説家になろう」にも掲載中
24hポイント 0pt
小説 87,038 位 / 87,038件 ライト文芸 3,765 位 / 3,765件
文字数 1,951 最終更新日 2017.11.09 登録日 2017.11.09
8