仮想戦記小説一覧

タグ 仮想戦記×
10
1
歴史・時代 連載中 長編 R15
浅深度魚雷を運搬中の空母「加賀」が単冠湾を前にして謎の爆発を起こし沈没。 最大の空母と決戦兵器を失った第一航空艦隊は真珠湾奇襲作戦を中止。 帝国海軍を震撼させた「加賀」爆沈事件によって連合艦隊は戦略の転換を余儀なくされる。
24hポイント 4,907pt
小説 287 位 / 49,158件 歴史・時代 2 位 / 742件
文字数 74,479 最終更新日 2019.06.25 登録日 2019.04.30
アルファポリス第5回歴史時代小説大賞参加作です。 読者賞を狙っていますので、アルファポリスで投票とお気に入り登録してくださると助かります。 史実で三木城合戦前後で夭折した木下与一郎が生き延びた。 秀吉の最年長の甥であり、秀長の嫡男・与一郎が生き延びた豊臣家が辿る歴史はどう言うモノになるのか。 小牧長久手で秀吉は勝てるのか? 朝日姫は徳川家康の嫁ぐのか? 朝鮮征伐は行われるのか? 秀頼は生まれるのか。 秀次が後継者に指名され切腹させられるのか?
24hポイント 958pt
小説 986 位 / 49,158件 歴史・時代 10 位 / 742件
文字数 120,671 最終更新日 2019.05.31 登録日 2019.04.28
貧乏で空母や戦艦などの正面装備偏重にならざるを得なかった帝国海軍。 電探、防弾、etc・・・・・・軽視してはいけない装備をとある提督が「お金」の力で親切サポート。 電探装備の空母、防弾完備の零戦。 暗雲迫る太平洋にひとり立ち向かった少し変わった提督の物語です。
24hポイント 830pt
小説 1,092 位 / 49,158件 歴史・時代 11 位 / 742件
文字数 118,731 最終更新日 2019.03.03 登録日 2019.01.11
 戦闘機の高速化競争に遅れをとった帝国海軍はその差を一気に埋めるべくこれまでの格闘性能重視の軽戦思想から重戦思想へと舵を切る。  その結果生まれたのが「一二試艦戦」として開発された「烈風」だった。  それは前方視界と翼面荷重をガン無視した、極端から極端に走る日本民族が持つ、格好いいかどうかは別としてひとつの生き様の写し鏡でもあった。  やがて開戦。  日本の運命を背負い「烈風」や「強風」といった「風」の名を持つ護国の翼が連合国の戦闘機群を、そして太平洋艦隊を迎え撃つ。
24hポイント 639pt
小説 1,328 位 / 49,158件 歴史・時代 13 位 / 742件
文字数 135,781 最終更新日 2019.05.25 登録日 2019.04.05
昭和一六年、ハル・ノートをはじめとした米国の挑発に対し隠忍自重を重ねる大日本帝国は和平へ向けて粘り強く外交交渉を重ねていた。 しかし、その一縷の望みを託した交渉は決裂。 そして、昭和一七年三月八日、日本は米国に対し宣戦布告。 連合艦隊は圧倒的戦力を誇る連合国艦隊に挑む。
24hポイント 447pt
小説 1,749 位 / 49,158件 歴史・時代 17 位 / 742件
文字数 142,581 最終更新日 2019.04.17 登録日 2019.03.03
とある理由で女性搭乗員のみによって設立された「大和撫子戦技研究班」こと帝国海軍少女戦闘機隊。 もう少女って齢でもねえだろうという周りの声を一連射。 一癖も二癖もある乙女たちが駆る零戦、紫電改がミッドウェーで、ソロモンの蒼空で敵を撃つ。
24hポイント 234pt
小説 2,940 位 / 49,158件 歴史・時代 35 位 / 742件
文字数 107,232 最終更新日 2019.05.06 登録日 2019.04.23
7
SF 連載中 長編
タイムマシンによる時間航行が実現した近未来、大国の首脳陣は自国に都合の良い歴史を作り出すことに熱中し始めた。歴史学者である私の書いた論文は韓国や中国で叩かれ、反日デモが起る。豊臣秀吉が大陸に侵攻し中華帝国を制圧するという内容だ。学会を追われた私に中国の女性エージェントが接触し、中国政府が私の論文を題材として歴史介入を行うことを告げた。中国共産党は織田信長に中国の侵略を命じた。信長は朝鮮半島を蹂躙し中国本土に攻め入る。それは中華文明を西洋文明に対抗させるための戦略であった。  もうひとつの歴史を作り出すという思考実験を通じて、日本とは、中国とは、アジアとは何かを考えるポリティカルSF歴史コメディー。
24hポイント 127pt
小説 4,005 位 / 49,158件 SF 90 位 / 1,681件
文字数 266,105 最終更新日 2019.06.23 登録日 2017.06.04
8
SF 連載中 長編
【大日本帝国VS異世界】我、真珠湾にて異世界軍と戦闘状態に入れり ―喪われた戦争― 1941年、大日本帝国とアメリカ合衆国は太平洋の覇権をかけて一触即発の状況にあった。 合衆国主導の石油制裁により、窮地に陥った日本はついに状況を打破するため対米開戦を決断する。 太平洋の波濤を越えて、日本海軍はハワイ沖に空母機動部隊を送り込んだ。 現地時間12月7日、真珠湾に駐留する合衆国艦隊を奇襲するため、183機の攻撃隊が飛び立って征く。 しかし彼等の奇襲は未遂に終わった。 そこで彼等が目にしたのは、異形の怪物に蹂躙される合衆国艦隊の惨状だった。 その日を境に世界は回転した。 ドラゴンに、クラァケン、ヒュドラ……空想上の化け物が次々と出現し、人類は試練の時代を迎える。 ※楽しんでいただけましたら、  感想等をいただけますと、幸いです。  よろしくお願いします!
24hポイント 127pt
小説 4,005 位 / 49,158件 SF 90 位 / 1,681件
文字数 296,920 最終更新日 2019.03.31 登録日 2018.11.12
9
SF 連載中 長編
この手の作品はありそうでないから自分が読みたかった。それで書きました。 戦車と人型兵器との戦闘および地上戦。鉄と火薬と燃料の匂いばかりする作品です。       昭和25年、日本陸軍は装甲された歩行機械、通称『歩機』の開発を行っていた。 歩行機械は世界的に開発競争が激化し、陸軍としても将来の主幹兵器とするべく開発に傾注することが決定している。筈だった。  だが実態は、各兵科の思惑、派閥間の駆け引きのために、軍一丸とはいえない状態に陥っている。 第一〇三独立実験評価中隊の梶山少尉は、その政治的な駆け引きに翻弄されながらも開発に尽力する一人だった。    その当時の日本は欧米列強との直接対決を奇跡的に回避し、未曾有の繁栄を手に入れていた。その反面、軍閥が国軍とは別に私設部隊を保有する暗部もあわせ持っている。 軍閥私設部隊は歩機や戦車を有する強力な集団であり、武装強盗や内紛を多発させる内患として無視できない事態になっていた。 看過できなくなった軍は、その対抗にまだ試作段階の歩機、そして第一〇三独立実験評価中隊を参加させることにしたのだった。  
24hポイント 85pt
小説 4,963 位 / 49,158件 SF 101 位 / 1,681件
文字数 203,197 最終更新日 2019.06.11 登録日 2019.04.26
ひょんなことから太平洋戦争の渦中に放り込まれてしまった「巫女」コスの女子大生たち。 後知恵上等、連合国に打ち勝つためにあの手この手で敵も味方も翻弄。 歴史の知識に女の武器、なんでも使って戦争の早期終結を図る三人娘の物語。
24hポイント 71pt
小説 5,480 位 / 49,158件 ファンタジー 1,549 位 / 16,280件
文字数 195,075 最終更新日 2019.04.03 登録日 2019.01.13
10