投稿小説一覧

タグ 土方歳三×
10
1
歴史・時代 連載中 長編 R15
Web小説で本格時代小説を……。 新選組が結成されるはるか前、永倉、土方、斎藤は、すでに出会っていた。幕末を駆け抜けた男たちの青春が交差する。 永倉新八の前半生の詳細は、ほとんどわかっていない。自身による短い記述のほかは、なにひとつソースが存在しないからだ。その空白部分を、史実をちりばめながら、嘘八百のエンターテイメントで再構成するのがこの物語のテーマである。 歴史の空白部分に、架空の事件を織り交ぜつつ、要所は史実で固めた新しいタイプの時代小説。目指すは『鬼平犯科帳』のような、直球ど真ん中のエンターテイメント時代小説だ。 登場人物、時代背景、事件は、なるべく史実に則して、その他大勢の登場人物にも、なるべく実在の人物を配している。架空の人物についても、時代背景から逸脱しないよう心がけた……つもりだ。 また、一般的には、ないがしろにされ、あまつさえ侮蔑の対象とされている清河八郎、根岸友山といった人物を、きちんと描いてゆけたら。と、考えている。 時代考証、武術考証、地誌については、とくに注意をはらい、府中、立川、日野、八王子、五日市などの郷土資料館、図書館に通いつめ学芸員さんや司書さんには、大変お世話になった。村絵図など、貴重な史料を見せていただいたことに感謝する。八王子の郷土資料館で写させていただいた当時の絵図は、舞台設定の基本資料として、活用させていただいている。 また、なるべく実際に現地に足を運び、登場人物と同じ道を歩いてみた。日野や甲州道中などは数十回通っているが、間違っていることもあるかもしれない……。 もちろん、女子高生がタイムスリップしたり、現代剣道のチャンプが幕末の志士より強かったり、気がついたら転生してたりしないし、新選組隊士のなかに女の子が紛れこんでいるのに誰も気がつかない……などという、ファンタスティックな出来事も起こらない(それを否定するわけでは決してない。どんな物語があってもよいのだ)。 この物語に出てくるのは、我々と同じように、悩み苦しみもがき、それでも自分の信じる未来に、真剣に向き合う男たちである。 以前、エブリスタではじめた話だが、8割方書きあげたところで放置しているうちに、パスワードを失念。ログインできなくなり、そのまま放置するのは惜しいので、現在サルベージしながら(酷い文章に辟易しつつ)推敲作業ならびに、大幅な加筆修正ををすすめている。 なお現在カクヨムでも更新中。
24hポイント 349pt
小説 2,100 位 / 41,287件 歴史・時代 10 位 / 412件
文字数 47,355 最終更新日 2019.02.23 登録日 2019.02.22
 少女は市村鉄之助という少年と入れ替わり、土方歳三の小姓として新選組に侵入した。国を離れ兄とも別れ、自分の力だけで疾走したいと望んだから。  次第に少女は副長である土方に惹かれていく。 (私がその背中を守りたい。貴方の唯一になりたい。もしも貴方が死を選ぶなら、私も連れて行ってください……)  京都から箱館までを駆け抜ける時代小説。信じた正義のために人を斬り、誠の旗の下に散華する仲間たち。果たして少女に土方の命は守れるのか。 ※史実に沿いながら物語は進みますが、捏造だらけでございます。 ※小説家になろうにも投稿しております。
24hポイント 213pt
小説 3,074 位 / 41,287件 歴史・時代 20 位 / 412件
文字数 211,214 最終更新日 2018.06.15 登録日 2018.03.31
後に新撰組として勇名を馳せた土方歳三。彼は優れた業物を持っていた。それは、齢十歳の少年だった。自らを妖(ばけもの)と称し、土方を主と慕う少年。その力は強大だった。そして、身の内に大神(狼)を宿し、ときには白き巨獣(狼)に変化して主や新撰組のために暴れた。幕末の動乱の只中にあって、武士に憧れ、誠を貫こうとする土方や近藤。朝廷、幕府、会津、薩摩、長州、といった大きな組織を相手に立ち向かう小さな戦闘集団。武士とは?命とは?絆とは?「壬生の狼」とも呼ばれた狼たちが、幕末を駆け抜ける!
24hポイント 170pt
小説 3,431 位 / 41,287件 歴史・時代 29 位 / 412件
文字数 548,441 最終更新日 2017.07.31 登録日 2017.03.23
4
BL 連載中 長編 R18
    せつなめ三角関係 “ 死がふたりを分かつまで ” 互いを唯一無二に必要とする焔のような愛を垣間みたい方いらっしゃいませ・・・ あわせて歴史創作の長編BLですが 事前知識なしで もちろんだいじょぶです 必要なときはその時々で補足をいれてまいります 同僚 × 同僚 (メインCP) ☆親友未満はじまり  食えない男の代名詞みたいな攻めに、   はじめはひたすら振り回される受け(でも強気・・) &  年下 × 兄貴分/上司 ☆恋仲はじまり   弟分にベタ惚れでちょっとむくわれない健気な受け 戯れてることも多いですが、いちおう、きほん切なめシリアスベースです ※いずれR18展開になるため、はじめから指定してあります    (こちらは、あくまで歴史創作デス。 色々曲解してますのでご注意ください)   ********************** 本小説での紹介事項 新選組・・・江戸時代幕末期の京都で活躍した、幕府側最強の剣客集団。       例外はあるものの、『局を脱するを許さず』が法度。       『士道に背きまじきこと』『違反した者は切腹』が大前提の、鉄の掟をもつ。 沖田総司・・・新選組一番隊組長(23) 当時は火の見櫓状態な五尺九寸(約一七八) 色黒で眼光鋭く肩の張り上がった筋骨型 斎藤一・・・新選組三番隊組長(21) 整って映える長身の五尺七寸(約一七三) やや色白ですらりとした肉体美の涼やかな美丈夫 土方歳三・・・新選組副長(30) 美しく均等のとれた背丈の五尺五寸(約一六七) 色白で役者のように優美な美男子 ※斎藤一に関しては実際には五番隊組長とされますが  ここでは通説となっている西村兼文の始末記に沿っています。 **********************
24hポイント 120pt
小説 4,041 位 / 41,287件 BL 472 位 / 3,263件
文字数 89,092 最終更新日 2019.02.21 登録日 2019.01.10
5
BL 完結 短編 R18
    四十八手全攻略の記録。。 【四十八手をいかに面白おかしく、かつ “艶やか” に描き込めるか、を軸に文芸的表現を図っておりますが、 なにぶん内容が過激なため、完全年齢制限作です。恐縮ですが18歳未満の方は閲覧をご遠慮ください。】 愛ある鬼畜年下攻め × 俺様上司受け 私、もぐり絵師は、 新選組の剣豪、沖田総司から、ある依頼を受ける。 性戯四十八手を納めた、土方歳三の春画本を作りたいと。 当然、沖田ひとりでは成しえないのだから、 土方とのすばらしき共同計画かなと感動して来てみれば、 なんと土方のほうは、全く寝耳に水であった様子。 蔵にこもってまで、溜まっている仕事を片付けようと がんばっている最中の土方を 沖田は、少しは仕事を忘れて気晴らししろと 土方の着物をはぎ取り、棚の上へと押し倒し・・ 現在までの攻略性戯。 寄り添い 立ち花菱  燕返し 理非知らず 椋鳥 雁が首   鶯の谷渡り   絞り芙蓉 抱き地蔵 しがらみ 吊り橋   深山   →これ以降は本家サイトで連載中。こちらでの連載予定はないため完結にして閉じています。(詳細は下方☆印) 達磨返し  浮き橋 撞木ぞり 鳴門 ********************** 新選組が舞台ですが、本作では歴史は一切関係ありません。 というより、歴史の史の字も出てきません(^^; 江戸時代の、(現代ではまだまだ足りない)男色にたいする積極的な価値観、 こと武家社会においては男色こそ自由恋愛の場であったことに触発された、 新選組の土方さんと沖田さんを愛する作者による、偏愛に満ちあふれた恋愛創作ですので、 史実とは一切無関係でございます。その点を何卒ご了承くださいませ。 本小説での補足的紹介 土方歳三・・・新選組副長(29) 美しく均等のとれた背丈の五尺五寸(約一六七)で 色白で役者のように優美な美男子 沖田総司・・・新選組一番隊組長(22) 当時は火の見櫓状態な五尺九寸(約一七八)で 色黒で眼光鋭く肩の張り上がった筋骨型 **********************     ☆おわび。   深山以降は、どうやってもかなり過激になってしまうため こちらでの掲載を控え、本家サイトでのみの連載とすることにしました。 続きを気にしてくださる方は、御足労おかけしてしまいますが、どうぞ本家へお越しくださいませ。 道しるべは、近況ボードをご確認ください。 ちなみに本家サイトのほうでは、いただいた素敵な挿絵つきです・・v  
24hポイント 71pt
小説 5,215 位 / 41,287件 BL 645 位 / 3,263件
文字数 19,848 最終更新日 2019.01.10 登録日 2019.01.10
元新撰組の「鬼の副長」は箱館戦争で戦死していなかった! 土方歳三は自身の親友から神としての生命と力とを受け継いでいる。歴史上、やはり同じように死んだことになっている者、生き残っていることになっている者、これら新撰組の仲間たちとともに日の本を飛び出した。行く先は亜米利加(メリケン)。ひとえにあの戦で自身の為に死んだ近藤と龍というかけがえのない友との約束を、願いを果たす為彼の地で新撰組の仲間たちと大暴れする。  人種差別、生命(いのち)の重み、あらゆる絆に互いを、仲間を信じる心、各々の精神(こころ)のあり方・・・。  土方とその仲間たち、インディアンや騎兵隊といった人間(ひと)が、東方の神々や新世界の精霊が、大いなる大自然や鳥獣が、それぞれの想いを織り成す。  土方とその妻、そして息子、兄神と弟神、家族の絆も紡がれてゆく。  つぎへと繋げる物語(ストーリー)・・・。
24hポイント 63pt
小説 5,453 位 / 41,287件 歴史・時代 50 位 / 412件
文字数 817,971 最終更新日 2019.02.21 登録日 2017.08.01
7
SF 連載中 長編
新選組好きが高じて、マニアを自称する会津出身の高校生「高宮伊織」が、とある事故をきっかけに幕末の京へタイムスリップ。  幕末に生きる人々との出会い、現代では経験し得ない日常を通して戸惑いながらも少しずつ成長していく――。 ※新選組を中心とする他、会津藩や京都見廻組なども交えてストーリーは展開していきます。シリアスとギャグの要素が五分五分な感じで好き勝手書いてます。メイン長編のほか、番外作品も多数掲載していきます。 ※悲恋(?)要素はSideStory1試金石(完結済)でどうぞー。 歴史上の人物・団体がモデルになっていますが、実在の人物・団体とは一切関係ありません。
24hポイント 63pt
小説 5,453 位 / 41,287件 SF 106 位 / 1,438件
文字数 414,207 最終更新日 2018.12.10 登録日 2018.01.09
8
SF 連載中 長編
相馬は京都府警鑑識課の課員。警察犬のハンドラーである。もともとは同捜査課の囮捜査員だった。刑事であり剣士であった亡き父親の影響で同じ道を歩んでいたはずだった。 現在の相棒は警察犬兼定号。兼定は相馬の歴史上尊敬する新撰組の「鬼の副長」土方歳三と同じく沢庵が好きなかわったジャーマン・シェパードだ。名はその愛用の刀の「兼定」より取ったものだ。 ある雨の夜、相馬は相棒とジョギングにでた。そこで極道(やくざ)の襲撃のごとき場面に遭遇する。一人の男が襲われているのを助けようと飛び出す相馬・・・。それがこの不可思議な物語のはじまりであった。 ※表紙は、「loves loved」の作者富井様にご提供頂きました。新撰組をイメージしたイラストです。
24hポイント 42pt
小説 6,505 位 / 41,287件 SF 124 位 / 1,438件
文字数 317,464 最終更新日 2019.02.21 登録日 2018.04.10
箱館戦争を題材にした短編集。内容はそれぞれ独立していますが、関連しています。 新撰組を中心に、イケメン隊長たちを推すべく発奮してみました。 歴史小説は初心者ですが、戊辰戦争150周年に愛を込めて。 *やや残酷な描写があるかもしれません(ごく一部ですが) *一部は昔個人サイトで公開していたもののリライトです。 *歴史上の人物をモデルにしておりますが、時々意図的に時代考証等無視しています。あくまで物語としてお楽しみください。 公開予定の話()内主役 『序章という終章』(幕臣 勝海舟) 『一夜ノ焔』(彰義隊/陸軍隊 春日左衛門) 『青ノ残像』(新撰組 野村利三郎/相馬主計) 『夢ノ岐路』(新撰組 市村鉄之助) 『隻腕ノ友』(遊撃隊 伊庭八郎) 『牡丹ノ子』(新撰組 田村銀之助) 『虚ノ大杯』(額兵隊 星恂太郎) 『暗海ノ夢』(新撰組 相馬主計) 『終章という序章』(長州藩 山田彰義)
24hポイント 21pt
小説 8,827 位 / 41,287件 歴史・時代 86 位 / 412件
文字数 43,465 最終更新日 2018.05.29 登録日 2018.04.27
幕末の動乱の中、知られざるエピソードがあった 語り継がれることのない新選組隊士の話 https://www.alphapolis.co.jp/novel/852376446/419160220 上記の作品を書き上げてから、こちらの作品を進めたいと考えております。 暫しお待ち下さいませ。 なるべく史実に沿って書こうと考えております。 今回、初めて歴史小説を書くので拙い部分が多々あると思いますが、間違いがあった場合は指摘を頂ければと思います。 お楽しみいただけると幸いです。 調べ直したところ、原田左之助さんが近藤さんと知り合ったのは一八六二年の暮れだそうです!本編ではもう出会っております。すみません ※男主人公です
24hポイント 0pt
小説 41,287 位 / 41,287件 歴史・時代 412 位 / 412件
文字数 16,209 最終更新日 2018.02.15 登録日 2018.01.13
10