護衛騎士小説一覧

タグ 護衛騎士×
15
1
恋愛 完結 短編
この国の全ての女性を虜にする程の美貌を備えた『華の騎士』との愛称を持つ、 アイロワニー伯爵令息のラウル様に一目惚れした私の妹ジュリーは両親に頼み込み、ラウル様の婚約者となった。 しかしその後程なくして、何者かに狙われた皇子を護り、ラウル様が大怪我をおってしまった。 一命は取り留めたものの顔に傷を受けてしまい、その上武器に毒を塗っていたのか、顔の半分が変色してしまい、大きな傷跡が残ってしまった。 今まで華の騎士とラウル様を讃えていた女性達も掌を返したようにラウル様を悪く言った。 "醜草の騎士"と…。 その女性の中には、婚約者であるはずの妹も含まれていた…。 そして妹は言うのだった。 「やっぱりあんな醜い恐ろしい奴の元へ嫁ぐのは嫌よ!代わりにお姉様が嫁げば良いわ!!」 ※醜草とは、華との対照に使った言葉であり深い意味はありません。 ※ご都合主義、あるかもしれません。 ※ゆるふわ設定、お許しください。
24hポイント 804pt
小説 1,815 位 / 125,177件 恋愛 824 位 / 35,778件
文字数 51,637 最終更新日 2021.03.18 登録日 2021.02.11
2
恋愛 完結 ショートショート R18
「あの、貴方との婚約を破棄…します」 ガルウィングは婚約者の言葉を聞いて、あっさり頷いた。 ※男性視点
24hポイント 724pt
小説 1,961 位 / 125,177件 恋愛 902 位 / 35,778件
文字数 5,107 最終更新日 2021.11.11 登録日 2021.11.09
3
恋愛 完結 短編 R15
王太子の婚約者である公爵令嬢と通じ、王太子の想い人の純潔を奪った。そんな嫌疑をかけられた挙句、容赦ない拷問を受け利き腕を切り落とされた近衛騎士のイェルド。イェルドを拷問したのは騎士団長の息子だった。 後日、王太子の恋人の虚言だったと判明した。騎士団長は息子に譲るはずだった爵位の一つと娘を詫びとして差し出すことを決めた。 幼少からの婚約者に婚約を破棄されたブリットは、家のためにイェルドと結婚することを了承する。 ブリット兄の物語を連載始めました。 「愚兄の嘆き」 https://www.alphapolis.co.jp/novel/833268363/470378520 小説家になろうさんにも投稿しております。
24hポイント 71pt
小説 9,792 位 / 125,177件 恋愛 4,265 位 / 35,778件
文字数 12,145 最終更新日 2020.05.26 登録日 2020.05.26
4
恋愛 完結 長編 R15
聖女召喚されたけど、コレって誘拐じゃん。会話ができるの虐待するシスターだけなんてつらすぎる。なんとか、あの優しいお兄さんと誰にも邪魔されずおしゃべりしたい。 ※17話くらいまで聖女がひたすら虐げられております。 もともと短編でした。短編は完結したので下に移動。その後や番外編をちょこちょこ更新予定。 37.怒られてばかりの聖女サマ 抜けてたの入れました。あと、番号ずれててごめんなさい!訂正しました
24hポイント 42pt
小説 12,867 位 / 125,177件 恋愛 5,593 位 / 35,778件
文字数 165,182 最終更新日 2021.04.28 登録日 2021.03.01
5
恋愛 連載中 長編
みなさん、はじめまして。 私、リュミエル・フォーレリクスといいます。 この国──パルヴァンにおいて、第二王子殿下の護衛騎士を任されています。女性でも、実力があれば身分に関係なく重用するという完全実力主義なお国柄なためか、気がついたら今の立場です。なんでこうなった。 それはそうと。この世界、とある乙女ゲームの舞台だったんです。 ええ、そうです。“乙女ゲーム”です。『スピリチュアル・シンフォニー~宝珠の神子は真実の愛を知る~』というタイトルでした。  その“ゲーム”も、つい先頃終わり、平穏が戻ってくると思っていたのですが……………どうにも、王候貴族との関わりは避けられそうにないようです。 え?普通は憧れるものじゃないかって? 私は平々凡々な生活をしたいのです。それに結婚願望もありませんので問題ありません。護衛騎士な時点でもう平穏じゃなくなっているのに、これ以上悪目立ちしたくありません。 なのに。それなのに………!何故に私は隣国の王子様に熱烈なアプローチをされているのでしょうか。 この王子殿下、前作のゲームの攻略対象だった方ですよね?そもそもついこの間、とある騒動を解決するにあたって協力しましたもんね! 疑問なのは何故に我が主の兄君──王太子殿下から「お前のことを単なる騎士だと思ったことはない」なんて言われるのでしょうか。 その他あちこちからやたら口説かれていると感じるのは気のせいであって下さい。スカウト的なものだと思いたいです。まあ、それも迷惑なのですが。 みなさん、私は単なるモブ扱いでいいんです。 お願いですから、他のご令嬢とくっついて下さい。そうでなくても周囲の方々からの嫉妬の視線やら嫌がらせやらが鬱陶しいので。 これは前世の経験を活かして、王族専任の護衛をこなす自称モブな少女騎士が、主である王子の兄や、貴族令息たちに構い倒される物語です。 前作『悪役令嬢らしくヒロインに嫌がらせをしているのですが、王太子殿下にリカバリーされている件』のスピンオフです。 一応、種類としては恋愛にしましたが、またファンタジー色が強いかもしれません。 ※今回は流血沙汰な表現とかが入る予定。たぶん、エロは無いです。
24hポイント 28pt
小説 16,107 位 / 125,177件 恋愛 6,833 位 / 35,778件
文字数 91,677 最終更新日 2018.11.04 登録日 2018.08.05
幼なじみのニゲラに紹介された彼女の従兄のディラムに一目惚れした王女のアストラは、幼なじみも彼を好きだとは知らなかった。ニゲラとアストラは、彼に婚約者が出来て全く真逆のことをする。 ニゲラは呪いで同じく婚約者を邪魔と思っている者に彼女をどうにかさせようとした。 アストラは、ディラムのことは好きだが婚約破棄してまで奪いたいとは思ってはおらず、呪いと戦うことになる。 ディラムが、アストラの護衛騎士のはずなのだが、密かにディラムとその婚約者の守護天使のようなことをして守りつつ、初恋の人に幸せになってほしいと頑張る。
24hポイント 21pt
小説 18,539 位 / 125,177件 ファンタジー 3,324 位 / 32,271件
文字数 4,739 最終更新日 2021.10.18 登録日 2021.10.18
7
恋愛 完結 長編
イステア王国の不美人の条件をことごとく満たしているリサは、まったくモテない。結婚は望めないと考え、神殿の奉仕に上がることにした。 ところが、神殿の仕事で新巫女姫選定式のすみっこに居合わせたところ、なんと女神に、国一番の美女のはずの巫女姫として選ばれてしまう。 一方、これまた女神の気まぐれで、彼女を守る護衛騎士に選ばれたのは、ネイド・べステス。どんな女性にもなびかない、『氷の貴公子』とあだ名される、未婚女性の憧れの的の男だった。 彼には彼で、どうしても護衛騎士をしたい理由があり……。 巫女姫をやめたい彼女と、彼女の護衛騎士でいたい彼。 破天荒な女神と、お互いの容姿に振り回される彼らの、おもに胸をめぐる物語。 「小説家になろう」にて行われた、ナツ様の「共通プロローグ企画」に参加して書いたものです。「プロローグ」はお題でナツ様が書かれたものになります。
24hポイント 14pt
小説 21,791 位 / 125,177件 恋愛 8,951 位 / 35,778件
文字数 53,158 最終更新日 2020.03.03 登録日 2020.03.02
 アリスは、代々癒やしの魔法を持つ子爵家の令嬢。しかし、父と兄の不慮の死により、家名や財産を叔父一家に奪われ、平民となる。  それでもアリスは、一族の中で唯一となった高度な魔法の使い手。家名を冠した魔法薬草の販売事業になくなてはならぬ存在であり、叔父一家が実権を握る事業に協力を続けていた。  ある時、叔父が不正をしていることに気づく。「信頼を損ない、家名にも傷がつく」と反発するが、逆に身辺を脅かされてしまう。  そんなアリスに手を貸してくれたのは、訳ありの騎士。アリスの癒やし手としての腕に惚れ込み、隣国までの護衛を申し出てくれた。  行き場のないアリスは、彼の誘いにのって、旅に出ることに。 ※表紙はかんたん表紙メーカーさま・他サイトにも公開あり
24hポイント 7pt
小説 26,277 位 / 125,177件 ファンタジー 5,124 位 / 32,271件
文字数 43,214 最終更新日 2021.09.20 登録日 2021.08.24
9
恋愛 連載中 短編
南の国の王は我が子をとても愛していた。その中でも秘蔵っ子のレティシアは愛されて育ったゆえに悪意(好意にも)に疎かった──────── 「ねぇ、ニコ?これはラブレターかしら」 「いえ、それは果たし状です」 「なら、これは?」 「今すぐ焼却してまいりますのでお渡し下さい。」
24hポイント 0pt
小説 125,177 位 / 125,177件 恋愛 35,778 位 / 35,778件
文字数 7,033 最終更新日 2021.04.19 登録日 2021.04.11
10
恋愛 完結 長編
聖女になるために、親元を離れて一人で施設で暮らすことになったカチュア。けれどその施設は、前世でひどい目にあった場所だった。辛い過去に胸をしめつけられる彼女の元にかけつけれくれたのは、よく遊んでくれた少年だった。--これは、たくさんのものを恵んでくれた彼に報いるまでの物語。(※重複投稿作品)
24hポイント 0pt
小説 125,177 位 / 125,177件 恋愛 35,778 位 / 35,778件
文字数 7,237 最終更新日 2021.01.16 登録日 2020.12.29
攻略対象と恋愛?するわけないでしょ?みたいな話。(※重複投稿作品)
24hポイント 0pt
小説 125,177 位 / 125,177件 ファンタジー 32,271 位 / 32,271件
文字数 3,424 最終更新日 2021.01.06 登録日 2020.12.26
12
BL 完結 ショートショート
王子は何も知らない。私が知っていることすら知らないのですね。 拗らせ騎士とボワボワ王子
24hポイント 0pt
小説 125,177 位 / 125,177件 BL 13,566 位 / 13,566件
文字数 2,420 最終更新日 2020.10.14 登録日 2020.10.14
13
恋愛 完結 短編
アリーシャには愛する男性がいた。それは彼女の護衛であるレイであった。アリーシャは想いを告げ両想いであるということに気づいたのだが、王に結婚を反対される。 「アリーシャ様、2人で逃げませんか?」
24hポイント 0pt
小説 125,177 位 / 125,177件 恋愛 35,778 位 / 35,778件
文字数 5,161 最終更新日 2020.08.21 登録日 2020.08.21
騎士のシャーロック・クロウはある日第三王女(御年6歳)の護衛騎士に任命された。 だがその王女は規格外に強かった。(幼女なのに) ならば護るのではなく自分の鍛錬の為に勝負お願いします!! なんて考えてたら王女はこれまた規格外に行動派だった…! 魔法書探しに魔獣退治その為ならば国の北へ南へ飛び回る幼女を追っかける騎士の物語…
24hポイント 0pt
小説 125,177 位 / 125,177件 ファンタジー 32,271 位 / 32,271件
文字数 37,570 最終更新日 2020.09.17 登録日 2018.09.01
シノリア王国の王子、アランの専属護衛であるベアトリクスの物語。 某冬の日。 王宮に火が放たれ、アランとベアトリクスは命からがら脱出した。 帰る場所を喪ったベアトリクスとアランは、クーデターほとぼりが収まるまで放浪の旅をすることとなる。 火を放ったのは誰か? 何が目的なのか? そして、2人はどうなってしまうのか。 ⚠︎基本的にシリアスです。 恋愛要素もありますが、アランが色々なものに触れて逞しくなる過程を描いている作品なので、ひたすら恋愛が見たい!という方は向いていないかもしれません。 宜しくお願いします
24hポイント 0pt
小説 125,177 位 / 125,177件 ファンタジー 32,271 位 / 32,271件
文字数 6,020 最終更新日 2018.05.20 登録日 2016.07.13
15