無口ヒロイン小説一覧

タグ 無口ヒロイン×
6
1
恋愛 連載中 長編 R15
初めて目が合った。その瞬間に、運命だと悟った。 この人が自分の生涯の伴侶となる守るべき人であること、相手が今考えていること、次に自分が言うべきこと、そのどれもが理解できた。 理由はわからない。でも結論だけはわかる。 僕達に言葉はいらないはず。何も言わなくても全部わかると信じられる。 でも今だけは声に出して伝えたい。 「来世でも、必ず、キミのすべてを、僕のものにしてみせるよ」 「来世でも、必ず、アナタのすべてを、私のものにしてみせるわ」 誓い合うのは「現世」でのことではなく、「来世」に目掛けたこと。 現世は当然、イチャラブできることは互いにわかりきっているから。 幼い2人は周囲の驚きと混乱を置き去りに強く抱きしめ合い、唇を奪い合う。 今の本人たちに自覚はないが、<前世馴染>の2人。 到底9歳の少年少女がするものとは思えない濃厚なキスを見せつけるように絡み合う2人の間は言葉がなくても一切すれ違いのない物語。 来世でも今以上の幸せを送るためのハッピーライフを「繰り返す」! ※小説家になろう様、アルファポリス様、カクヨム様で同時に投稿させていただいております。
24hポイント 21pt
小説 21,111 位 / 127,892件 恋愛 9,283 位 / 37,988件
文字数 65,157 最終更新日 2021.12.04 登録日 2021.09.01
2
恋愛 連載中 短編
 無口なあの子は心も穏やか……いや凄いぞギャップが!?  半径2メートル以内にいる同じ血液型の人の心が読める超能力者の少年(珍しい血液型)と無口無表情の何を考えているか分からない少女(珍しい血液型)のロー&ハイテンションラブコメディー?
24hポイント 0pt
小説 127,892 位 / 127,892件 恋愛 37,988 位 / 37,988件
文字数 11,617 最終更新日 2021.06.08 登録日 2021.06.08
俺は魔王だ。ちょっと転移魔術が使えなかったり、いろいろな弱点があったりするが……最強の魔王なのだ。 これは、歴代最強(自称)の魔王である主人公が、二千年後の世界で手間のかかる眷属を抱えながら最強の魔王として再び君臨し、世界征服をせんとする物語である。 ……いや、(自称)じゃなくて正真正銘の歴代最強の魔王だから! そこんとこよろしく! 私用が忙しくなってしまい三作品を同時に書いていくことが難しくなってしまいました。また、ストックも切れてしまったので、それを貯める意味合いでも一旦休止させていただこうかと思います。再開は……早くて六月初旬、遅くても中旬にはしようと思っていますので、宜しくおねがいします。
24hポイント 0pt
小説 127,892 位 / 127,892件 ファンタジー 32,638 位 / 32,638件
文字数 67,435 最終更新日 2020.05.19 登録日 2020.05.05
4
恋愛 連載中 長編
Ryo
 無口・無表情がデフォルトな青年ブラッド。  魔法学院生ながらプロ顔負けな魔法の腕を持っていた。  漆黒の黒髪に幻想的なアメジストの瞳。頭脳明晰で容姿端麗なブラッドは、女生徒から高い人気がある。  しかし、毎日飽きもせず自分の周囲で騒ぐ女生徒たちに辟易していたブラッドは、静かに昼寝ができる場所を求めていた。  そんなある日、いつも付き纏ってくる女生徒たちを撒き、辿り着いたのは学院の森。  そこでブラッドは、静かに読書にふける女生徒カアムと出逢った。
24hポイント 0pt
小説 127,892 位 / 127,892件 恋愛 37,988 位 / 37,988件
文字数 5,190 最終更新日 2020.02.08 登録日 2020.01.31
突然現れた謎の少女。彼女はずっと一言も喋らない上に、今まで出会った全ての人間を不幸な出来事におとしいれてきた。 大剣使いの旅人カゲルはめんどくさいと思いながらもずっと一人の彼女を可哀想に思い助けようとするが、案の定彼を含め彼の周りの人達にも不幸が襲う。 そんな旅の途中、カゲルはあることをきっかけに、少女に次第に好意を持ってしまう。その結果気づいてしまった驚愕の事実 と時間転移というこの世界の発明が、カゲルと少女が生まれ変わる冒険を生むこととなった。 (小説家になろうとの二重投稿です)
24hポイント 0pt
小説 127,892 位 / 127,892件 ファンタジー 32,638 位 / 32,638件
文字数 7,687 最終更新日 2019.05.18 登録日 2019.05.05
aaa
「『何が何でも、強くなってやる』」 ある日、クラスごと異世界へと召喚された。 クラスメイトは優秀な能力を持ち、一部がチートを手にしている中、主人公は一般人よりも魔力が少なく、適正がないために魔法も全く使えない。 王女からも王宮から出ていくように言われ王国からも見放されてしまう彼。 唯一褒められた、得体の知れない固有能力である『増幅使い』でクラスの無言少女を救うと共に、王宮を抜け出して異世界を歩いていく。 ※プロローグのみ三人称視点ですが、その後は一人称となります
24hポイント 0pt
小説 127,892 位 / 127,892件 ファンタジー 32,638 位 / 32,638件
文字数 169,574 最終更新日 2018.01.31 登録日 2016.12.25
6