パンティ小説一覧

タグ パンティ×
2
かつての新人賞作家、鏑木陽一は久しく小説を書いていなかった。ライターとしてゲームのシナリオを書くなどして生計を立てていたが、何度か仕事の世話をしてくれた坂本から小説を書いてみないかと提案され、5年前に他界した鏑木の師匠である宮田のアドバイスを思い出し、夜の町にでかけることにした。夜まで書店で時間を潰していた鏑木は懐かしい人影を目にする。それはいるはずのない宮田の影を追って町をさまよう鏑木を季節はずれのサンタクロースの格好をした女の子に声をかけられる。言われるがままに店に連れ込まれる鏑木。人違いだと説明する間もなく席に案内されるとそこには、宮田がいたらしい形跡が……。そしてパンツを被った男たちによる摩訶不思議なショーが始まる。
24hポイント 0pt
小説 66,296 位 / 66,296件 現代文学 2,919 位 / 2,919件
文字数 20,592 最終更新日 2019.07.30 登録日 2019.07.29
内容は題名の通りです。
24hポイント 0pt
小説 66,296 位 / 66,296件 現代文学 2,919 位 / 2,919件
文字数 2,741 最終更新日 2019.10.23 登録日 2019.10.23
2