眼鏡をとったら美人なヒロイン小説一覧

タグ 眼鏡をとったら美人なヒロイン×
1
1
恋愛 完結 短編
別の人が失敗したものがなぜか自分の失敗になっていて、憤った霜川 沙雪(しもかわ さゆき)。沙雪自身は未だに派遣として働いていて、相手は社員。 しかも、沙雪自身は契約している部署から出ることはないにも拘わらず、沙雪のせいになっていたのだ。 結局はその人の嘘だとわかり、彼女はクビになった。 その日の帰り道、信号待ちをしていると誰かに押されて車に轢かれそうになってしまい、眼鏡を落とす。その時に助けてくれたのは、オネェ口調の男性だった。 北欧系色素を持ったイケメンの男性は、黛 崇(まゆずみ たかし)。 眼鏡も拾ってくれたのは感謝するが、苦手なイケメンというだけではなくご飯まで一緒に食べることになってしまった沙雪は、自身のお腹が鳴ってしまったことを恨めしく思う。 その口調に驚きつつも、なぜか逆らえない雰囲気を醸し出す男性に気おされ、渋々ついていくと、自宅の最寄り駅までもが一緒で――。 そんな出会い方をした黛と、瓶底眼鏡な平凡女子(眼鏡を外したら美人というお約束★)な彼女の、恋愛事情。 ★不定期更新です。
24hポイント 383pt
小説 1,962 位 / 58,855件 恋愛 832 位 / 14,173件
文字数 57,357 最終更新日 2019.10.14 登録日 2019.08.25
1